レシピ

骨付き鶏もも肉のオーブン焼きの作りかた|フランス男の手抜き料理だから超簡単

フランス男の手料理、骨付きチキンのハーブ焼きの作りかた

今まで手抜き料理(ばかり…)を紹介してきましたが、今回の料理が一番の手抜き料理です。

フランス人の彼が一人暮らしのときに、よく作っていた料理です。これを料理というのもおこがましいくらいに簡単ですが、簡単ですができあがりは豪華ですごくおいしいです。鶏の皮がぱりっと焼けてて、中はとてもジューシー。鶏肉が焼ける香りもとても食欲をそそります。

時間はあるけど、今日は料理したくないわ〜っていう日に作りましょう。

では、作っていきましょう。

材料

2人分です。

鶏もも肉(骨付き)Cuisses de poulet4本
オリーブオイルHuile d'olive大さじ3
にんにくail2かけ
塩・胡椒sel et poivre少々
ハーブ(生・乾燥)Herbe de Provence少々

フランスのスーパーには乾燥ハーブの瓶詰めがたくさん並んでいます。好みのハーブでしたら何でもOKです。herbe de Provence(エルブ・ド・プロヴァンス)と書かれたものだとプロヴァンス風のハーブ類がミックスされているので、常備しておくとなにかと便利です。

じゃがいもやにんじんやトマトなどの野菜があれば、鶏肉と一緒に焼くと副菜が同時にできます。

骨付きチキンのハーブ焼きの作りかた

下準備5分、オーブンに入れたまま放置でできあがります。

準備

  • 鶏肉は料理を始める1時間ほど前に冷蔵庫から出しておく。
  • 15分前にはオーブンを予熱し始める。

作りかた

  1. 鶏肉の表面に塩・胡椒で味付けする。
  2. 鶏肉にオリーブオイルをかけ、手で少しもんでおく。
  3. ハーブを振りかける。
  4. オーブン皿に鶏肉を皮面を上にして並べ、にんにくは皮付きのまま入れ、オリーブオイルを回しかける。
  5. 190度のオーブンに入れ、50分〜60分程度焼く。
  6. 時々、鶏から出てくる油を鶏肉にかけ、裏表をひっくり返します。

皮がぱりっとなり、肉汁が透明になったら完全に焼けています。鶏もも肉程度の大きさだったら、60分程度オーブンで焼けばちゃんと火が通っています。

付け合わせに、じゃがいもやトマトを一緒にオーブン皿の中に入れて焼くと、付け合わせも一緒にできてしまいます。最強な手抜き料理ですね。

フランス男の手料理、骨付きチキンのハーブ焼きの作りかた

鶏もも肉は買っておいて、冷凍庫に保存しておき、料理作りたくないわ〜っていうときに作っています。

でも、すごくおいしいんですよ。手抜き料理したいときに、ぜひお試しください。

トリ3段活用!レシピ

鶏一羽を使って、3品を作りました。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスのビール・モナコ Monaco フランス夏のビール モナコ*Monaco
  2. ステーキが2倍美味しくなる焼きかた ステーキがさらに美味しくなる焼きかた
  3. フランス冬野菜の定番ポワローで作るキッシュのレシピ 生クリーム不使用!牛乳だけどおいしいキッシュの作りかた|冬野菜の…
  4. フランスの料理レシピ検索サイト フランス生活初心者へおすすめ!料理レシピ検索サイト
  5. フランスで寿司を作る フランス人が好む、すし酢の配合と作りかた
  6. フランスでの寿司の作り方|海外で喜ばれる具材ってなに? 海外でも巻き寿司を簡単にできる3つのステップ
  7. フランスの家庭料理の定番!ゆで卵とほうれん草のクリームソースのレシピ ゆで卵とほうれん草のクリームソースのレシピ|フランスの家庭料理の…
  8. アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスで作る夜ごはん アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスの家庭料理

コメント

    • Motoko
    • 2020年 9月 23日

    これは すごく簡単で良い献立ですね。
    パースネプと人参 ペッパーなどでつくってみました。

    • こんにちは。
      オーブンに入れるだけだと簡単だし、待っている間他のことできるしいいですよね。
      ハーネスと人参も合いそうですね。次に合わせてみたいと思います!!
      いつもいいアイデア、ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  2. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  3. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  4. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  5. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  6. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  7. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  8. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  9. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  10. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】

フランス菓子

  1. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  2. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum
  3. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子

作りかた

  1. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou
  2. オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた
  3. パンデピスのレシピ pain d'epice

お菓子の歴史

  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. マドレーヌの名前の由来
ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest
  1. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  2. フランス LU ビスケット
  3. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  4. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  5. リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain des Jacobins
  6. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  7. オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた
  8. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅
  9. 赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus
PAGE TOP