パティスリー

いちばん好きなリヨンの有名お菓子屋さん|デリス・デ・サンス DELICES DES SENS

リヨンにはいくつか美味しいって有名なお菓子屋さんがいくつかあるんですが、その中でも新しいお店であるデリス・デ・サンスを紹介します。ずっと行きたいって思ってたんですが、なかなか行く機会がなかったんですが、ようやくデリス・デ・サンスのお菓子を食べることができました。お菓子の断面も切ってみました。

デリス・デ・サンス Délices des sens とは?

シェフはパティシエ兼ショコラティエのロマリック・ボワレイ氏(Romaric BOILLEY)で、2010年にリヨン6区にオープンしたパティスリーです。店舗はパールデュー駅とテット・ドール公園の中間辺りにある住宅街とビジネス街に3店舗あります。

ちなみにシェフの経歴には、2001年にヨーロッパチャンピオンになって、クープ・デュ・モンドで候補者に選抜され、2004年にはMOFのファイナリストになったそうです。

お菓子の紹介

アマリリス AMARYLIS

このパティスリーのスペシャリテです。ここのシェフはショコラティエでもあるので、チョコレートも美味しいですよ。

下に敷いているサブレ・ブルトンは塩味のサブレなのでしおっぱいんですが、塩が強すぎるような気がします。チョコレートと食べると薄まるんですが、チョコレートはサブレなしのほうが美味しいと思いました。でも、フランボワーズが中に挟んであるのでムースが爽やかになるので好きです。

デリス・デ・サン DELICES DES SENS|リヨンの有名菓子店

AMARYLIS アマリス

  • サブレ・ブルトン(塩味のサブレ)
  • 木苺とフランボワーズの香りのするブラックチョコレートのムース

タルト・タタン TARTE TATIN

タルトタタンもシェフが作るとこうなっちゃいますね。美しい。

ただね、下に敷いているキャラメル・サレの生地がむちゃくちゃしょっぱいです。生地だけで食べるとしょっぱさが強すぎるなぁって思って、上のりんごと食べるとりんごの生地が消えて、全体的に味がぼんやりとするんですよね。しょっぱくないのかな?これが正解?

デリス・デ・サン DELICES DES SENS|リヨンの有名菓子店

TARTE TATIN タルト・タタン

  • りんごのカラメル煮
  • キャラメル・サレの生地
  • 生クリーム

パラディス PARADIS

爽やか系なムースです。キャラメルのムースがおいしいよ。

デリス・デ・サン DELICES DES SENS|リヨンの有名菓子店

PARADIS パラディス

  • パッションフルーツの軽めのムース
  • 中心はキャラメルのムース
  • ビスキュイ生地とココナッツ

シュクセ SUCCÉS

デリス・デ・サン DELICES DES SENS|リヨンの有名菓子店

SUCCÉS シュクセ

  • 苦めのブラックチョコレート・ガナッシュ
  • アーモンドのビスキュイ生地

なんか、しょっぱいしょっぱいって書いてますが、全体的に美味しかったですよ、すごく。このシェフは塩気が好きなのかも…。わたしが好きなのはパラディス、爽やかで軽い系が好きなんです。

価格帯

だいたい1つ4ユーロ前後とわりかし普通な価格。高くないほうです。パン屋さんのタルト類も3ユーロ台くらいしますので、このクオリティで4ユーロ前後であれば安いなぁって感じました。

店舗情報

リヨン市内に3店舗ある店舗のリストです。参考になれば嬉しいです。毎日どの店舗かは開いていますので、いつでも行けますよ。

マセナ店 MASSENA

タブレット、ボンボン・オ・ショコラ、マンディアン、オランジェットなど店内に豊富なラインナップのチョコレートがそろっています。焙煎されたコーヒーもあります。

  • 住所:62, Cours Vitton 69006 Lyon
  • 電話:04 78 24 73 24
  • 営業時間:月〜土 9時30分〜19時30分

ブロトー店 BROTTEAUX

パールデュー駅近くのビジネス街ある店舗。いつ行ってもたくさんのお客さんがいます。朝早くから開いてるし、日曜日開いているのもポイント高い!キャラメル・ブール・サレ(塩バターキャラメル)のマカロンがおすすめです。

  • 住所:12, Bd des Brotteaux 69006 Lyon
  • 電話:04 78 24 48 25
  • 営業時間:火〜金 7時30分〜19時15分、土曜 7時〜19時15分、日曜 7時〜13時

アル・ド・リヨン HALLES de LYON

パールデュー駅とローヌ河の間にあるリヨンでも有名な市場にある店舗。この市場にあるお店の食材はどこのもおいしいというのでも有名です。この市場に店舗がある=美味しい。おすすめはリヨン名物のプラリーヌのタルトなんだそうです。

プラリーヌのタルトってなに?という方は「真っ赤な色したリヨンの伝統菓子プラリーヌ・ルージュ」をご覧ください。

  • 住所:Halles de Lyon Paul Bocuse, 102 Cours Lafayette 69003 Lyon
  • 電話:04 72 60 81 71
  • 営業時間:火〜土 8時〜19時15分、日曜 8時〜13時

リヨンにあるパティスリー、デリス・デ・サンスを紹介しました。参考になれば嬉しいです。

おすすめ関連記事



 

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus 赤いプラリネパンの行列ができるパティスリー|プラリュ Pralu…
  2. ガレットデロワ galette des rois 今年の美味しいガレットデロワ|デリス・デ・サンス
  3. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー わたしが研修したパティスリーSÈVE セーヴ|リヨンにあるルレデ…
  4. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編 パリで有名パティスリーめぐり*サンジェルマンデプレ編
  5. ベルナションのチョコレート工場を見学 ベルナションのチョコレート工場を見学してきた
  6. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子 リヨン郷土菓子ビューニュ有名パティスリーの実力はいかに?|デリス…
  7. フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice des sens フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice de…
  8. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー セバスチャン・ブイエ Sébastien BOUILLET|リヨ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールのプロの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  2. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  3. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|

作りかた

  1. プレゼントに最適!くまの型抜きクッキーの作りかた*Recette de Sablé
  2. クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  3. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou

お菓子の歴史

  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. リヨンの伝統菓子クッション
1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅
  1. トロペジェンヌ
  2. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  3. ミルカ|一番おいしいスーパーで買える濃厚ミルクチョコレート
  4. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子
  5. フランス LU ビスケット
  6. リヨンのチョコレート ベルナション bernachon
  7. フランスのバゲット食べ比べ
  8. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  9. パンデピス博物館

Twitter

PAGE TOP