レポート

フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?

フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?

今は4月ですがすっかり午後は日差しも強く気温も高くなっているので、すでにリヨン旧市街ではアイス屋さんにお客さんが溢れ返っています。

リヨンの旧市街にはアイス屋さんがたくさんあって、どのアイス屋さんがおいしいのか悩むところ。リヨンの中心プレスキルにはあまりアイス屋さんがないので、アイスを食べたいなら旧市街に行くべし。それぞれのアイス屋さんの特徴を紹介します。

フランス語でアイスはGlace グラスといい、アイス屋さんは Glacier グラシエ といいます。Glace グラスは牛乳とフルーツやチョコレートなどと合わせている濃厚なアイスのことを指して、Sorbet ソルベは水と合わせたさわやかなアイスです。

ほとんどが旧市街のメイン通りのサン・ジャン通り沿いにあるアイス屋さんなので、散歩しながら見つけやすいです。地下鉄Vieux-Lyon駅に近いほうから紹介します。サン・ジャン通りをずっと歩いて行くとアイス屋さんが左右にみれますので、夏になるとアイス屋さん通りになります。

お菓子屋さんのアイス A La Marquise

リヨン名物のピンクプラリネのアイス

A La Marquise

旧市街のサンジャンに一番近いパティスリー A la marquise ア・ラ・マルキーズ。パティスリーの入口付近にアイスのスタンドを出しています。

パティスリーなので、フルーツを切るところからの完全に手作りでアイスを作っているので保存料などは含まれていません。赤いプラリネのグラスもあるので、リヨン名物を食べてみたいっていう方におすすめ。

リヨン名物のピンクプラリネのアイス

赤いプラリネのアイス

ちなみに、わたしが研修していたパティスリーです。

A La Marquise

住所:37 Rue Saint-Jean, 69005 Lyon

一番新しいアイス屋 La fabrique GIVRÉE

上記の A La Marquise の斜め前にある店舗で、リヨン旧市街で一番新しいアイス屋さんです。

フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?

ヴァローナのミルクチョコレート

アイスやソルベはちょっと種類が少なくって、スタンダードなチョコレートやバニラなどのスタンダードなものとレモンパイやアップルパイなどのケーキをイメージしたものがあります。ブリオッシュの間にアイスを挟んだバーガーアイスもあります。ちょっと冒険したいときにおすすめ。

店内や奥にはテーブル席があり、奥には古い建物の庭になっています。座るなら奥の庭がおすすめです。

フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?

裏庭

La fabrique GIVRÉE

住所:66 Rue Saint-Jean, 69005 Lyon

 

有名なチェーン店 Amorino

イタリアン・ジェラートのチェーン店 Amorino アモリーノで、人口香料や着色料を使わず、放し飼いの卵や高級全乳を使っているアイスなんだそうです。花びらのようにアイスを盛ってくれて、見た目にも美しいアイスです。

一度に何種類か選べるのでちょっとずついろんな種類を食べたいときにおすすめ。ただ、開いていない日が多いのがデメリット。4月現在はまだ閉店中。

Amorino Glacier Salon de Thé

住所:48 Rue Saint-Jean, 69005 Lyon

 

量り売りヨーグルトジェラート Yagolicious

ギリシアヨーグルトを使ったジェラートのチェーン店です。カロリーがふつうのアイスよりも半分っていうところが売り。カップに好きなだけ自分でジェラートを絞って、量り売りで販売してくれます。フルーツやチョコレートなどの好きなトッピングをかけてもらうこともできます。

さわやかだけど濃厚なヨーグルトなので、食べ応えがあります。

フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?

Yagolicious

Yogolicious

住所:28 Rue Saint-Jean, 69005 Lyon

 

一番人気!行列のできるアイス屋 Terre adélice

リヨン旧市街のちょうど真ん中くらいに位置するアイス屋さんで、週末には長い行列ができるほどの人気店です。

人気の秘密は、なんといっても種類の多さ!店頭の看板にも種類が載っているんですが、グラスとソルベ合わせて40種類以上はありそうです。何度行っても選ぶのが難しい。

きょうのおやつ ショコラノワールのアイス glace au chocolat noir

メニュー表 BIOのメニューもたくさん

そして、添加物を使っていないし、BIO(有機)の果物を使っていることも特徴です。

選ぶときの注意点ですが、添加物などを使っていないため、香りや味の弱い果物(アプリコットやりんごなど)はアイスにすると味がぼやけてしまうため、味が強めの果物(レモンやマンゴーなど)を選ぶことをおすすめします。

きょうのおやつ ショコラノワールのアイス glace au chocolat noir

Glace au chocolat noir ブラックチョコレート

チーズ系のアイスもあるのですが、ほんとにそのままチーズの味がするので、あんまりおすすめしません。アイスに合うようにうまく整えているわけではないみたい(笑)ブルーチーズ味のアイスはなかなかの味でした。初めての場合あんまり冒険せずに無難に選びましょう。

Glacier Terre adélice LYON

住所:1 Place de la Baleine, 69005 Lyon

 

ソーヌ河沿いにある人気アイス屋 René Nardone

上記の adélice ができる前まではここがダントツの人気店でした。でも、今でも行列ができるほどの人気は続いていて、テラス席は人気で週末はいつも満席です。夏には店頭のテラスと店の右側にある店舗もあけてかなりたくさんの席ができるんですが、それでも満席なほどの人気です。

フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?

ミントとライチだったかな…

店舗の上には壁絵が描かれていて、ソーヌ河沿いに面しているため一番雰囲気がいいのはこのアイス屋さんです。ゆっくりしたいときにはこのアイス屋さんがおすすめ。種類も多くて、どれを選んでもおいしいです。

René Nardone

住所:26 Quai de Bondy, 69005 Lyon

わたしがおいしいと思うのは4番目の adélice と5番目の René Nardone。でも、そのときの気分や状況で選べるくらいたくさんのアイス屋さんがリヨン旧市街にあるのがいいところ。暑くなったら旧市街に行くべし。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. パティスリー紹介 フランスのパティスリーで一緒に働いてるメンバー
  2. フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017 リヨンのサロン・デュ・ショコラは実力派が揃い踏み!に行ってみた
  3. リヨンのパティスリー SEVE セーヴ フランスはきっかけをつかむと早い!*フランスお菓子研修日記
  4. 研修中のメレンゲ 粉まみれ、砂糖まみれパティシエールの仕事*フランスお菓子研修日記…
  5. 第4のチョコ?ブロンド・チョコレートを試してみた! 第4のチョコ!ブロンド・チョコレートを試してみた
  6. リヨン有名パティシエにインタビュー すべて材料から手作り!こだわりのリヨン有名パティシエにインタビュ…
  7. フランスでBIOのフランボワーズを摘む フランスの小さな村ノエド|BIOなフランボワーズ摘み
  8. フランスのパン 15歳でパティシエになる決断をする国*フランスお菓子研修日記

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  2. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  3. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  4. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  5. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  6. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  7. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  8. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  9. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  10. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランス・アルザス地方のクグロフ
  2. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  3. プラリネってなに? Praline

作りかた

  1. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  2. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou
  3. シュケットの作りかた Chouquette

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  1. ディジョンのパンデピス Mulot et Petitjean
  2. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  3. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  4. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  5. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  6. ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest
  7. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅
  8. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  9. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー

Twitter

PAGE TOP