作りかた

朝食用レーズンスコーンの作りかた|牛乳使用でざくざくした食感の素朴な味にしました

朝食用レーズンスコーンの作りかた

先週末の買物の際、朝食に食べてるビスコットを買うのを忘れてしまいました〜。

フランスの朝食って、ビスコットとかシリアル、甘いパンをちょろっと食べるだけなので、そのものがなかったらなにも朝食で食べれないんですよね。ハムや卵、ヨーグルトは朝に食べないし、晩ご飯の残りとかも食べないんですよね。

なので、朝食に食べるものがないので、スコーンを作ってみました。ミックスレーズンを加えてスコーンに練り込みました。

通常は生クリームを加えて濃厚さを出すのですが、今回は牛乳で作ってみました。甘さも控えめにしています。

家にあるもので作れてしまいますので、朝食を買い忘れた〜!っていう方は、ぜひお試しください。

レーズンスコーンの材料

ほとんど常備してある材料でできます。

小麦粉280gfarine
ベーキングパウダー11gleuvre chimique
バター60gbeurre
砂糖50gsucre
ひとつまみsel
牛乳60glait
1個oeuf
レーズン好きなだけraisins
  • 砂糖はカソナード(赤砂糖)を使用しています。どんな砂糖でもかまいません。
  • 牛乳の代わりに生クリームを使うと濃厚な味わいになります。

牛乳は生クリームに比べて乳脂肪分が低いため、濃厚な味わいが少なくなりますがざくざくとした食感になります。おなかが重くならないので朝食用のスコーンとしておすすめです。

レーズンはいろんな種類のレーズンが一緒になったミックスレーズンがおすすめです。赤ぶどうや白ぶどうや黒ぶどうと色が楽しめます。

オーガニック レーズンミックス 450g

作る前の準備

  • 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて粉をふるっておく
  • バターは1cm角くらいの大きさに切り、冷蔵庫で冷やしておく
  • オーブンを加熱し始める(170度)

レーズンスコーンの作りかた

1. ボウルに粉類(薄力粉+ベーキングパウダー)、砂糖、塩、バターを入れる。

朝食用レーズンスコーンの作りかた

茶色なのはカソナード砂糖です

手で粉類とバターをすりあわせるようにしなじませる。バターが溶けないように、手早く行いましょう。

バターが小さなかたまりになり、粉が黄色くなってて、なんとなく混ざってたらOKです。家庭のお菓子なので適当で作っても美味しくできますよ。

朝食用レーズンスコーンの作りかた

バターと粉が混ざった状態

2. 卵と牛乳を加え、手で生地を合わせる。

生地がまとまったら、レーズンを混ぜ合わせ、生地をひとまとめにします。

3cm程度の厚さに伸ばして、ラップをして冷蔵庫に2時間くらい冷やします。

朝食用レーズンスコーンの作りかた

くっつかないように生地の下に粉をふるう

3. スコーン生地を4等分に切り、残りは丸めます。

朝食用レーズンスコーンの作りかた

切りかたは好きな形でOK

朝食用レーズンスコーンの作りかた

スコーンの下にはオーブンシートを敷きます

4. オーブン板に並べ、170度で25分焼く。

朝食用レーズンスコーンの作りかた

焼き上がったよ〜

砂糖は少なめで、油分も少なめなのでザクザクとした食感です。素朴な味で朝食に合います。

朝食用レーズンスコーンの作りかた

ミルクティーと一緒にどうぞ

ぜひ、朝食にスコーンを作ってみてはいかがでしょうか。おやつで食べてもおいしいですけどね。お試しください。

参考記事:絶品スコーン|カカオ70%チョコレートと手作りオレンジコンフィ

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. ババロアの作りかた La crème bavaroise フランス菓子の基本|クレーム・アングレーズの作りかた Crème…
  2. シャルロットレシピ フランボワーズのシャルロットのレシピ Charlotte au…
  3. ベーキングパウダー不使用!ふわふわになるキャトルカールの作りかた パウンドケーキのレシピ|ベーキングパウダーなしでしっとりきめ細か…
  4. ブランデーのフルーツケーキの作りかた ブランデーのドライフルーツ漬けパウンドケーキのレシピ|漬込み期間…
  5. シュケットの作りかた Chouquette パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquett…
  6. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline a…
  7. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト メレンゲがのったレモンタルトのレシピ
  8. ホットケーキの作りかた|甘さ控えめ・焼き色しっかり・弾力あるけど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  2. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  3. リヨンのアイス ショコラオランジュ

作りかた

  1. さわやかオレンジのパウンドケーキのレシピ*Cake à l’orange fraîche
  2. シナモンのクリスマスサブレの作りかた
  3. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. マドレーヌの名前の由来
きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  1. フランスLUのビスケット
  2. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  3. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  4. パンデピスのレシピ pain d'epice
  5. リヨンの中心にあるMOFのいるパン屋さん|Boulangerie Pozzoli
  6. フランス LU ビスケット
  7. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  8. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  9. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ

Twitter

PAGE TOP