パティスリー

リヨン郷土菓子ビューニュ有名パティスリーの実力はいかに?|デリス・デ・サンス

パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子

2月に入ったらリヨンのパティスリーやブーランジュリーにビューニュ Bugne が並び始めました。パティスリーはお菓子屋さん、ブーランジュリーはパン屋さんのことです。

先日、わたしがおやつにビューニュを買ってきたら、今度は彼が職場の近くのパティスリーで買ってきてくれました。

今回は、リヨンの有名なパティスリーであるデリス・デ・サンス Délices des sens のビューニュを紹介します。有名パティスリーの作るリヨン郷土菓子、楽しみです。

そして、ビューニュの選びかたもあわせて紹介します。

ビューニュとはどんなお菓子?

ビューニュ Bugne とは2~3月にあるマルディ・グラというキリスト教の行事の時期に食べるフランスのリヨン地方の郷土菓子です。マルディ・グラの当日だけでなく、今では2月から3月くらいまで、パティスリーやブーランジュリーの店頭に並んでいる揚げ菓子です。

ビューニュのとても詳しい説明は「マルディ・グラに食べるフランス・リヨンの地方菓子」をみてね。

パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子

【左】ふわふわタイプ/【右」パリパリタイプ

ビューニュには、

  • 薄く伸ばしたパリパリタイプ(Craquantes クラッカント):小麦粉や卵などで作った生地を薄く伸ばし、長方形に切って、油で揚げて、熱いうちに粉砂糖をたっぷりとかけたもの
  • 膨らませてふわふわタイプ(Moelleuses モエルーズ):ドーナツみたいな揚げ菓子

の2種類があります。

どちらもお菓子屋さんに隣同士に並べられています。今回は2種類とも食べてみました。

パティスリーのビューニュ

購入したパティスリー

デリス・デ・サンスとはリヨンの実力のあるパティシエのいるパティスリーです。

詳しくは「デリス・デ・サンス DELICES DES SENS|リヨンの有名パティスリーを紹介」を見てね。

パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子

包装はフタのない箱に入れて、紙で包装してくれてます。デリス・デ・サンスの包装紙は耐油紙ではないみたいで、油がしみ出してます。

薄いタイプのビューニュ(Craquantes)

ひし形で真ん中に切り込みが入っていて、表面にはたっぷりと粉砂糖がかかっています。厚さは2〜3ミリくらいはあり、ほかの店舗と比べると厚めです。食感はザクっとしててクッキーみたいです。アルコール分はないのですが、ラム酒の風味がします。

パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子

  • 形:ひし形で真ん中に切り込みあり
  • 大きさ:長さ10cm程度
  • 厚さ:2〜3ミリ
  • フレーバー:ラム酒
  • 値段:4,60€/100g(100gで7枚ほど)

パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子

ちょっと厚めの生地です。

ビューニュの感想

生地がすごくリッチで濃厚な感じです。揚げたクッキーを食べてるみたいです。正直わたしは味と油が濃すぎてわたしはあんまり好きじゃない。こういう伝統的な揚げ菓子はシンプルなレシピだからこそおいしいと思うんですけど、有名店がゆえに普通のレシピではお菓子を作れないのかなと。いろいろと複雑になっている味のするビューニュです。
ビューニュとは本来の意味では断食前にいっぱいおいしいものをたくさん食べるっていうものですが、ここのビューニュは胸焼けがしてたくさん食べれません(笑)

ふわふわタイプのビューニュ(Moelleuses)

ひし形の生地の間に切り込みを入れてくるっとまわす手綱こんにゃくのような形で、表面には粉砂糖がふってあります。オレンジ水(オレンジのエッセンス)が加えられてて、口に入れるとオレンジの爽やかな風味がします。

パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子

  • 形: ひし形でねじってある
  • 大きさ:長さ6〜7cm程度
  • フレーバー:オレンジの香りと風味
  • 値段:4,60€/100g(100gで6個ほど)
ビューニュの感想

こちらは素朴な感じになっています。わたしは好きです。それはそれで、有名店が普通の味だと?って思うんで、やっぱり有名店は手の込んだレシピのほうがいいのかも。

ビューニュの買いかた

いつ?どこで買える?

リヨンの郷土菓子なので、リヨン市内近郊のパティスリーやブーランジュリーならどこでも置いてあります。スーパーにもパック入りで売られています。

2月中に売られている限定のお菓子なので、それ以外の季節には売っていません。短い期間にしか売られてないので、見つけたら早めに試してみましょう。

ビューニュの値段の目安

ほとんどが100g単位の量り売りで売られていますが、たまに枚数で売ってくれるところもあります。1個1,50€です。季節のお菓子なので思っているよりちょっと割高な感じです。

お店にもよりますが、100gで薄いタイプは7枚前後、ふわふわタイプは6個程度です。100gで2人分くらいです。

薄いビューニュは翌日になると湿気でパリパリしませんので、当日に食べれる分だけを購入するのがおすすめです。

リヨンのビューニュの価格目安
  • 有名店やリヨンの中心にある店舗:4,30€〜4,90€
  • リヨン市内のパン屋さん:3,60€〜3,90€
  • リヨン郊外のパン屋さん:2,90€くらい

シンプルな郷土菓子なので、お店ごとの特徴が出しづらいと思ったら大間違い!

わたしはシンプルな味のブーランジュリーの素朴なビューニュが好きですが、今回紹介したリッチな厚めの生地のザクザクとした食感のビューニュを好む人も多いです。

風味や食感などお店によって少しずつ違っているので、自分の好みのビューニュを探すのもおもしろいですよ。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. いちばん好きなリヨンの有名お菓子屋さん|デリス・デ・サンス DE…
  2. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー わたしが研修したパティスリーSÈVE セーヴ|リヨンにあるルレデ…
  3. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス リヨンでボンボンショコラ|パティスリーDélice des se…
  4. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス リヨンのクグロフ|パティスリーDélice des sens デ…
  5. タイで見つけたスイーツとお菓子を紹介! タイの伝統菓子から定番と流行のスイーツたち|バンコクを旅して見つ…
  6. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  7. パリで一番かわいいお菓子屋さん*Chezbogato シェボガト パリのかわいすぎるお菓子屋さんには絶対行くべき!|シェボガト C…
  8. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス 酔っぱらいのお菓子ババオラムを食べてみたよ|リヨンのパティスリー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  2. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  3. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  4. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  5. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  6. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  7. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  8. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  9. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  10. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランス LU ビスケット
  2. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne
  3. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン

作りかた

  1. タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée
  2. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  3. チョコレートスコーンの作りかた

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  1. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne
  2. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子
  3. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy
  4. チョコレートスコーンの作りかた
  5. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  6. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  7. フランスのガレット・デ・ロワ
  8. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト
  9. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた

Twitter

PAGE TOP