パリ

クリスマスシーズンのパリ旅|到着編

クリスマスパリ

仕事を兼ねて、クリスマスシーズンのフランスに行きました。

旅行計画

  • 12月21日 成田空港21:55発(AF)
  • 12月22日 CDG空港04:15着
  • 12月23日 パリ
  • 12月24日 パリ
  • 12月25日 パリ
  • 12月26日 アルザス地方(gertwiller、コルマール)
  • 12月27日 アルザス地方(ストラスブール)
  • 12月28日 パリ
  • 12月29日 パリ、CDG空港23:20発(AF)
  • 12月30日 成田空港19:20着

クリスマスパリ

21日に出発するために、12月になってからはもう仕事を終わらせるためにバタバタな毎日。

地方に住んでいるから、成田空港に行くところから旅のスタートです。経由はめんどうだけど飛行機好きだからいいの。
会社をこっそり早引きして午後のJAL便で羽田空港へ向かい、その後リムジンバスで成田空港に行きます。

まだ、この段階では残してきた仕事が心残りで気が気じゃなかった。電話がかかって来ないかどきどき。
案の定、電話がかかってきたところで、搭乗時間。いってきます!

エールフランス機内食

1回目の機内食。

日本時間で夜中の12時くらいに夜ごはんが出てきた。
おなかもあんまりすいてなかったので、サラダとパンだけ食べてごちそうさま~。

前乗った時には出てこなかった味噌汁(スープのみ)、エールフランス恒例のシャンパンも出てきました。

食事が出た後は、歯磨きして寝ました。
上司おすすめの100均で買ったエア枕がかなり使える!これで首も痛くならず爆睡。

到着前に朝ごはん。
寝起きにすぐは食べれないので、ここでもほとんど手をつけれず。

アナウンスによると、エールフランスの夜便は成田空港の最終使用時間ギリギリで空港を出発して、CDG空港の開港に合わせて着陸するそうです。

わたしのスマホの時計が正しければ、4時ちょうど(秒針も)に着陸(タイヤが地面に着いた)してた。感動!伝わりにくいけど(笑

4:15頃に入国して、空港内をぶらぶらしてたらロワシーバスの始発時間になってました。
6:00発の予定が10分ほど遅れて来て、ようやく市内にGO!
オペラ座まで7:00ちょっとすぎには到着しました。

ホテルまでの地図はすべてiPhoneで調べようと思ってたんだけど、wifi回線につながらず、というか、フランスでは基本ネットつながらないっていうことに今更気付く…。

オペラ座からは近いはずなんだけど、まったく地図が把握できてないので、行き方が分からず。
以前知ってたタクシー乗り場までスーツケースをひっぱって行くもタクシーは案の定おらず。はぁ〜どうしよう…と近くにあるスタバまでwifi回線を使いに行こうかと思った矢先に、タクシーが来ました~~~!!!
かなり近くだったのに、文句も言わず運んでくれたタクシーの運転手さんありがとう!日頃の行いがいいからかなぁ。

パリオペラ座

パリオペラ座。少しだけ明るくなりました。

ようやく8時前にホテルに到着。
まだチェックインの時間ではないので、荷物だけ置かせてもらって街歩きに出ようと思っていたら、なんと部屋に入れてもらえました!
朝着の便で来ることが多いけど、今まですべて部屋に入らせてもらってるの〜、どのホテルでも。コツはフランス語を話すことだと思ってる。

すごく疲れていたのでうれしい!ラッキー。
暖かい部屋だったので助かった。

さっそく出発!
オペラ座からサントノレ通り方面に向かって、Le Pain Quotidien ルパンコティディアンに。
朝早かったので数組のお客さんのみ。だけど、日本人が2~3組いたのにびっくり。日本人に人気なんですね。東京にもあるし。

パンコティディアン

朝ごはんセットにゆで卵をつけて、カシスのジュースとカフェオレで。クロワッサンにたっぷりのバターとジャムの朝食。ぜいたく〜。朝ごはんがおいしいとしあわせ。

朝食後は、まだお店が空いている時間じゃないのでさんぽ。
天気悪いね〜。どんよりしてる。

パリの観覧車

コンコルドにある観覧車が見えてきた。

思ってたよりかは寒くなかったけど、ヒートテックの長袖とタイツを着て、カイロを背中に貼って、ダウンコートを着てるかなかな。

次は、行きたかったお菓子屋さんへ。
ノエルとか年末で閉まってしまう可能性があるので、行きたいお菓子屋さんには早めに来く予定。

コンコルド駅からメトロに乗ろうとするけど、カードがなぜか使えず、仕方なく隣のチュイルリー駅まで歩くことに。

チュイルリー駅はかわいらしい♥

パリメトロ

Tuilleries チュイルリー駅構内

1軒目のお菓子屋さんです。
14区にある Chez Bogato シェボガト です。

去年来た時は、広さがこの半分だったのに隣の店舗を借りて、倍の広さになっていました。

広くなった半分は雑貨屋さんになっていました。
残りはアントルメと焼き菓子、アイシングクッキー、キャンディなどのコンフィズリーが並んでました。全体的にカラフルでかわいい雰囲気。

雑貨は日本っぽいかわいらしさのもの、日本からの商品かな?が並んでました。アイシングクッキーやケーキはフランスのかわいらしさ全開!このお店はディスプレイもとてもかわいかった!このセンス見習いたい。

クリスマスシーズンだからなのか、次から次にオーダーケーキの注文客が来店してたました。

次は、サンジェルマンデプレ、シャンゼリゼでぶらぶら。

16:00くらい。もう眠さと体力の限界を迎えてます。
なので、一足早めに夜ごはんです。

オペラ座近くの Chez LEON シェレオン で夜ごはん。まだ早い時間なので、お客さんも少なめ。

ひとりだったので、サービススタッフの方も気を使ってくれてとても親切でした。フランス語を話せてたっていうのもあると思う。

前菜は温かいヤギチーズのサラダ。臭みのあるこのチーズ、大好きです。

パリムール貝

鍋いっぱいのムール貝

メインはムール貝の白ワイン蒸し。付け合わせに山盛りのポテト。すごくおいしい。これは完食。
一緒にパンも付いてくるけど、手もつけれず。

おなかいっぱいで、ごちそうさま~!!

18時前にレストランを出ると、そとはもう真っ暗でした。
オペラ座からホテルまでの通りは、結構楽しくて、パサージュ Passage Jouffroy もあるの。このパサージュ、Musee Crevin(ガイド本になかったけど、魔術美術館みたいなかんじでした)に長蛇の列が並んでたり、人気のパサージュみたい。

パリのパサージュ

Pain d’épice パンデピス ミニチュアのお店

パサージュに入ると、行きたかったミニチュアのお店 Pain d’epice パンデピス。偶然見つけたっ!
人形やら食べ物やら家具やらいろんなものが小さいミニチュアになっていて、見ているだけで楽しい。でも、なんに使うんだろう…って女子力の低いわたしはおもっちゃう。

ここでもぶらぶらしているうちに、ホテルに着いたのは結局20時近く。シャワーを浴びて、即就寝しました。

長かった1日目ようやく終了です。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランス冬のスキーバカンスの過ごしかた フランス冬のスキーバカンスの過ごしかた
  2. ベトナム・ホーチミンで料理教室 世界の料理教室*ベトナム・ホーチミン編(バインセオ)
  3. アユタヤ ゾウに乗る アユタヤでゾウに乗って車道逆走する!
  4. バンコクのタイ料理教室でチャーハンを作る タイの料理教室で本場チャーハンを作ったよ!箸休めにネギをかじる
  5. シャンゼリゼのマルシェ・ド・ノエル パリのシャンゼリゼのマルシェ・ド・ノエル
  6. ホーチミンのバインフラン ホーチミンのお菓子めぐり|フランスの影響うけまくりなスイーツ
  7. 昔のパン焼き釜 ノエド Nohèdes 200年前のパン焼き窯*60人の村ノエド Nohèdes
  8. 音楽*南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain 町中ダンスパーティ_南仏の小さな温泉の町を旅する*Lamalou…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「フランスのレシピが読み書きできるレッスン」に参加しませんか? お菓子レシピのフランス語レッスン
  2. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  3. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  4. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  5. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  6. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  7. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  8. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  9. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  10. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校

フランス菓子

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. フランス LU ビスケット

作りかた

  1. クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  2. フォンダン・オ・ショコラのレシピ
  3. マドレーヌのレシピ

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  1. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い
  2. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  3. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子
  4. ミルカ|一番おいしいスーパーで買える濃厚ミルクチョコレート
  5. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  6. リヨンの伝統菓子クッション
  7. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  8. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
PAGE TOP