リヨン

日本食材を買うならビオBIOがおすすめ!|リヨンのビオショップ

日本食材を買うならビオBIOがおすすめ!|リヨンのビオショップ

このまえ、小豆を日本食材の売っている店で買ったんですが、やっぱり輸入品は高いですね。日本の3倍くらいの値段はします。

もう少し手軽に日本食材を手に入れたい時、フランスのビオ BIO のお店に行きましょう♪ビオのお店にも日本食材が売っています。

今回は、ビオに売っている日本食材とリヨンにあるビオショップを紹介します。

ビオBIOとは?

フランスのビオ BIO とは Biologiqueの略で、日本ではオーガニック、有機加工品や有機栽培などといっています。

ビオの商品には、フランス政府が認定する有機農産物認定「AB」ラベルが付いています。

フランスのビオBIOマーク

ビオマーク

ビオの基本的な考え方は「人工的に手を加えずに、自然のままにすること」で、遺伝子組み換えや農薬の使用していない野菜や果物、合成着色料や香料、化学調味料を使用せずに加工した食材のことを指します。

今ではビオの専門店もありますが、スーパーの一部にビオ商品を置いているくらいフランスでは定着しています。わたしも生で使うレモンなどの野菜やフルーツを選ぶことがあります。加工食品とかでも知らず知らずのうちに買っていることも多いです。

ビオだと安心感はあるんですけど、野菜や果物、加工品って美味しくないこともよくあります。野菜はしんなりとして弱ってることが多いので、わたし的にはあんまり好きじゃないんですよね。今の時代でこれをいうと非難されそうですけど…(笑)農薬を散布しないと野菜って大きくならないし,新鮮さも長続きしないんだなぁというのはすごく感じます。

フランスのビオって「自然なままにすること」を徹底しているみたいで、ほんとうになにも手をかけてないだけなんですよね。日本のオーガニックのように新鮮な野菜だといいんですけど。

ビオBIOの店に売っている日本食材

日本食材は世界の食材(Cuisine du monde)やアジア食材(Cuisine asiatique)の棚に置いてあります。

値段は日本食材店の輸入品よりかは安いです。小豆は輸入品と比べてかなり安かったです。2,65€/500gです。醤油以外はふつうのスーパーに置いていないものなので、ビオの店って使えます。

  • Azuki:小豆(乾豆・水煮)
  • Algues:わかめ、海苔
  • Edamame:枝豆
  • Pâtes Soba:そばの乾麺
  • Pâtes Somen:そうめんの乾麺
  • Pâtes Udon:うどんの乾麺
  • Purée d’umébosis:うめぼし
  • Riz pour sushis:寿司用の米
  • Shiitakes déshydratés:干しいたけ
  • Shoyu:醤油
  • Tamari:たまり醤油
  • Teriyaki:照り焼き用のソース
  • Vinaigre de riz:米酢
  • Miso:味噌
  • Soupe Miso:味噌汁のレトルト

ビオ商品なので、ムダな添加物が使われていないので安心ですし、なんちゃって和食でなく、ほんとうの和食が作れる日本食材が揃っています。

リヨンのビオ店

リヨンの中心地にあるビオの店を5つリストアップしました。

Bio c’ Bon Lyon République

オペラ座からの大通り沿いにある店舗

  • 住所:17 Rue de la République, 69002 Lyon
  • 営業:10時〜20時(日曜休み)

Naturalia Grolée

コードリエにあるモノプリの裏手にある店舗

  • 住所:4-6 Rue Grolée, 69002 Lyon
  • 営業:9時〜20時(日曜休み)

La Vie claire magasin bio

オペラ座付近にある店舗

  • 住所:12 Rue Gentil, 69002 Lyon
  • 営業:10時〜20時、日曜9時〜13時

La Vie Claire magasin bio

フォッシュ(FOCH)のエリアにある店舗

  • 住所:125 Rue Vendôme, 69006 Lyon
  • 営業:9時〜20時、日曜9時〜13時

L’Eau Vive

ペーラッシュ駅近くの店舗

  • 住所:65 Rue Victor Hugo, 69002 Lyon
  • 営業:9時〜19時30分(日曜休み)

ビオショップに日本食材が置いてあるのは、日本食ブームの影響ですね。ありがたい。

ぜひ、ビオショップへ日本食材を手に入れにいきましょう。参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事



 

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. リヨンでバスケットボール観戦!*ASVEL Lyon-Villeurbanne チアのTバックがちらりっ!*リヨンでバスケットボール観戦!
  2. フランス・リヨンの公園で丸1日楽しむ3つのこと|テットドール公園 リヨン・テットドール公園で丸1日楽しめる3つのこと
  3. 穴場カフェ!ガダーニュ美術館の屋上テラス|リヨン旧市街 穴場!ガダーニュ美術館の屋上テラスカフェ|リヨン旧市街 Musé…
  4. リヨンでおいしい魚料理を食べるなら|6区のレストラン LA RÉGATE RESTAURANT リヨンでおいしい魚料理を食べるなら|6区のレストラン LA RÉ…
  5. リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain des Jacobins リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain…
  6. 唯一、奇跡的にチーズケーキだけがおいしい人気のカフェ|Slake Coffee House チーズケーキがおいしい人気のカフェ|Slake Coffee H…
  7. がっつり肉を食べるならリヨン郊外のグリル料理レストラン|Le grill de solaize がっつり肉を食べるならリヨン郊外のグリル料理レストラン|Le g…
  8. リヨンのおすすめブション(レストラン) リヨンで一番おいしい自家製クネルのあるブション|アベル Café…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子
  2. パリ・ベルティヨンのアイス
  3. リヨンのアイス ショコラオランジュ

作りかた

  1. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  2. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  3. フランスでぜんざいの作りかた

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. タルトタタン誕生の物語
リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  1. ストラスブールのクグロフ
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  4. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  5. パンデピスのレシピ pain d'epice
  6. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト
  7. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  8. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  9. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン

Twitter

PAGE TOP