手続き

フランス滞在許可証の1回目の更新|ローヌアルプ地方の場合

フランス滞在許可証の1回目の更新|ローヌアルプ地方の場合

昨年の4月にビジタービザを取ってフランス滞在を始めたので、もうすぐフランスに住んで1年が経ちます。

ということは、滞在許可証の更新の時期がやってきました。ついに。

また、書類をそろえないといけないし、気の重いイベントですよ…。

わたしはなんとか2回目の予約で滞在許可書のレセピセをもらってきました。申請する前に思ってた気の重さとは裏腹なかんじで、するっと終わってしまいました。

フランスの滞在許可書の申請について説明します。ちなみに、ローヌアルプ地方で申請した場合です。

まずは予約から

滞在許可証の更新手続きはリヨン市内にある県庁で行われます。滞在許可証の更新は予約制で、更新日の3ヶ月前からローヌアルプのホームページから予約をすることができます。

ローヌアルプ地方の予約の入れかた:イライラ!分かりにくい滞在許可書更新の予約のしかた|リヨン・ローヌアルプ地方

予約時間は午前中の8時30分〜10時30分、10時30分〜12時30分の2部制なので、その指定された時間内に行きます。例えば、予約時間が8時30分〜10時30分だったら、その時間内に受付に行きます。

時間内でいいので8時30分、10時30分までに行かないといけない訳ではないです。その時間より30分程度遅く行ったら列に並ぶこともなくスムーズに受付できます。

受付してもらって番号札をもらったら、待合室(Salle d’attente)で座って待ちます。番号がコール(画面に表示)されたら、指示している番号の受付に行きます。

1回目の滞在許可証更新の予約日

1月上旬にローヌ・アルプの県庁のサイトから滞在許可更新日の予約を入れました。予約日は3月の上旬で、予約を入れてか約2ヶ月後。

必要な書類は同じく県庁のサイトに取得してきたビザ別にリストが載っているのでそれを参考にしました。

そして、予約日当日。

ホームページに記載されていた必要書類をくまなくチェックして、1ヶ月前にはきっちりとそろえていったんだけど…、

同居している彼の書類のフランス語が未来形(単純未来)になっているためNG!現在形で書き直すように言われる。

え〜、それどうでも良くない???

そんなに重要ところじゃなかろうに…、未来形でも現在形でも言ってること同じじゃない?

そして、もうひとつ、書類がひとつ足りなかった。

実は、わたしたちが見ていた必要書類のリスト(県庁のサイトにあったやつ)と担当者の持っていたリストが違うっ!!!っていう…。

そりゃ、問題が違ってたら、答えは合わないよね…。

 

もう一度、県庁のサイトから同じように予約を入れるようにとのこと。

もうすでに3月上旬で、わたしのビザは4月1日に切れる。それまでに予約が入れれなかったらどうするの〜???って詰め寄ったら、その旨の予約日が4月以降になっても大丈夫的な書類を書いてくれました。言わないと書いてくれないのかっ?

ということで、その正しい問題(必要書類リスト)をもらって滞在時間5分で終了〜!

2回目の滞在許可証更新の予約日

帰って速攻予約を入れました。予約してから5営業日後に予約日を指定したメールが届きます。即時予約ではないの。

予約日はなんと、3月いっぱいの3月24日。1回目の予約のときは2ヶ月後で、今回は2週間後ってなにかしらの配慮をしてくれたのでしょうか。

1回目でダメ出しされた書類をきっちりと準備していきました。

今回は書類をざっと見ただけで、さっさとレセピセをもらうことができました。

滞在時間、たったの5分程度。

前回ダメだった未来形でかかれた書類って本当に現在形じゃないといけなかった?っていう疑惑も…。別に未来系でも言いたいことは同じだからいいんじゃ?ちゃんと見てなかったじゃんか〜〜。

という不満もありつつ無事にレセピセをもらいました。

この後は6月上旬に収入印紙(269€)と証明写真1枚を持って、滞在許可書(Carte de séjour)を受け取りにいきます。

ビジタービザ更新時に必要な書類

こっちが正しい必要な書類のリストです。

  • パスポート(パスポート番号のページとビザのページ):原本とそのコピー
  • 戸籍抄本:フランス語に訳した原本と日本語で書かれた原本、それぞれのコピー
  • 住所証明
  • 証明写真:3枚
  • 収入証明(もしくは銀行の残金証明・扶養証明)

細かいのかおおざっぱなのか分からないフランスのシステム。細かい部分は人によるところが大きいのかなっていう感じ。細かいところでNGにしちゃうと返って自分たちの仕事を増やすことになると思うんだけど。まぁ、無事に終わってよかった。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 南仏でねこ歩き@人口60人の村 住居証明の書類とは?*フランス・ビジタービザ申請編
  2. フランスビジタービザ申請書類 社会的立場を証明する書類&医療保険証券について*フランスビジター…
  3. フランスビジタービザ申請の動機書 ビジタービザの動機書の書き方*フランスビジタービザ申請編 let…
  4. ビザ申請〜許可までにかかるお金はどれくらい?*フランスビジタービザ編 ビザ申請〜許可までにかかるお金はどれくらい?*フランスビジタービ…
  5. フランス滞在許可書が2ヶ月遅れで手に入った|フランスで生きるなら海ほどに広い心を持つべし フランス滞在許可書が2ヶ月遅れで手に入った
  6. 滞在許可書の手続きがおわったよ〜 @リヨン・OFII 移民局 フランス滞在許可書の手続きのしかた |リヨン・OFII 移民局
  7. ビザ申請にフランス大使館へ行く フランス大使館に行く*フランスビジタービザ申請編
  8. イライラ!分かりにくい滞在許可書更新の予約のしかた|リヨン・ロー…

コメント

    • れいこ
    • 2017年 7月 16日

    こんにちは。フランス行きを考えている者です。私も、彼氏と住むためにフランスのVISAが必要で、こちらのサイトに辿り着きました。キコ様のブログはとても分かりやすく、感謝しております。ありがとうございます!
    質問ですが、ビジタービザを取ったあと、フランスに到着してから何日以内に移民局へ行かなければならないのでしょうか?また、滞在許可証を更新する場合、滞在を延ばしたい理由が必要でしょうか?理由がなくても、財産証明と住居証明で更新可能なら、簡単すぎな気がしたので、、、。 
    もしご存知でしたら、教えていただけないでしょうか。

    • れいこさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      フランスに着いてからの移民局に行くのは、まず移民局に書類を送ったら、招集日の連絡があってからです。フランスに着いたらなるべく早めに書類を送ります。
      フランス大使館への申請が降りたら、移民局へ行く旨の書かれた書類をもらいますので、その辺のことが書いてあります。

      滞在許可証の更新時には特に滞在を延ばす理由は聞かれませんでしたよ。理由よりも正確な書類が必要なようです。

      ビザ申請がんばってくださいね!kico

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  2. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  3. フランス語で「香港のデモ」に関するニュースを読んでみる[RFI:Forte mobilisation à Hong Kong] フランス語
  4. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  5. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  6. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  7. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  8. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  9. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  10. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  2. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子
  3. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum

作りかた

  1. マドレーヌのレシピ
  2. 固めが好き!材料3つだけの焼きカラメルプリンの作りかた
  3. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné

お菓子の歴史

  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. タルトタタン誕生の物語
セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー
  1. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ
  2. ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest
  3. フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ
  4. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum
  5. ガレットデロワ galette des rois
  6. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  7. パリのお菓子屋さん
  8. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子

Twitter

PAGE TOP