フランス菓子

フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン

フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン

この前の日曜日、珍しく午前中に食料品の買物に行ったんです。昼ごはんにごちそうを食べる家族も多いため、フランスのスーパーでは日曜日は午前中だけ開いているんです。

あるパン屋さんに入ったところ、お客さんの行列ができてたんです。お客さんの目当ては、昼ごはん用のバゲットが多いんですが、そのほかにデザートを買っていく方も多く、その中でも今回紹介するタルトが一番人気で飛ぶように売れていました。

今回紹介するのは、砂糖とバターだけのシンプルなタルトです。名前はタルト・ブレッサンといいます。

タルト・ブレッサンとは?

リヨンの近くにあるブレス鶏で有名なブレス Bresse という町で生まれたタルトです。ブレスで生まれたタルトだからタルト・ブレッサン Tarte bressane といいます。

フランス地方菓子*タルト・ブレッサン Tarte bressante

ブレス Bresse

ブレス近くの町、ペルージュ(Pérouge)にも同じタルトがあります。こっちのほうがやや有名です。

ブリオッシュ生地を丸く平たく伸ばし、表面にバターと砂糖を載せただけのシンプルなお菓子です。

大きさは直径25cm以上とかなりの大きさです。タルト・ブレッサンを簡単な紙袋にさっと入れてくれるだけなので、大切にもって帰らないといけません。

フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン

タルト・ブレッサン Tarte bressane

タルトともいいますが、丸い形をしているから ガレット・ブレッサン(Galette bressane)と呼んだり、砂糖を使っているからガレット・オ・シュクル(Galette au sucre)と呼ばれています。

タルト・ブレッサンが誕生した由来

1912年、マリー(Marie-Louise Thibaut)は夫婦でブレスへ移り住みました。料理の得意な彼女はレストランを開き、毎週金曜日にだけ、砂糖とバターを使ったお菓子を焼いたそうです。このお菓子が美味しくてすぐに評判になりました。

そのころから地名のブレスをとって、このお菓子のことをタルト・ブレッサンと名付けたそうです。

ほかにも、ある主婦が残ったブリオッシュ生地にバターと砂糖をかけて焼いたら、香ばしい香りのおいしいお菓子ができたという由来もあります。

フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン

タルト・ブレッサン Tarte bressane

バターと砂糖だけのシンプルなお菓子なので、どの地方で最初に作ったかを知るのは難しいですよね。

まとめ

砂糖とバターだけの素朴なタルトですがカスタードクリームのような濃厚さがあり、やさしい味わいです。お腹いっぱいにごはんを食べた後でも食べれるタイプのお菓子です。←食いしん坊発言!

ブレス地方生まれのお菓子ですが、今ではいくつかのバン屋さんで売られているお菓子です。

ぜひ、見かけた際には試してみてください。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子 シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  2. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子 ベニエ Beignet|太る!フランスの2月に食べる穴のないドー…
  3. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  4. フランス LU ビスケット 一番大好き!フランスのスーパーにあるお菓子|LUのビスケット
  5. フランスLUのビスケット フランスのバターサブレ LU sablé beurré nan…
  6. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子 LUチョコレートビスケット|フランスのスーパーにあるお菓子 プチ…
  7. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ フランス菓子フランボワーズのクラフティ Clafoutis à …
  8. トロペジェンヌの包装 一度は食べたい!大きすぎるなタルト・トロッペジェンヌ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  2. フランス LU ビスケット
  3. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子

作りかた

  1. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges
  2. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  3. タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. タルトタタン誕生の物語
  3. マドレーヌの名前の由来
4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  1. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  2. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  3. わざわざ行きたい。かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん
  4. パンデピスのレシピ pain d'epice
  5. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  6. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  7. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  8. フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?
  9. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー

Twitter

PAGE TOP