フランス語

フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校

フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校

やっと先週、リヨンにある語学学校の授業が終わりました。かなりハードすぎるカリキュラムな割には、全然フランス語が使えるようになっている気がしない。授業を聴いて書くばっかりの内容だったので、使えるようにはならないんですよね。あと、通うのに1時間もかかるからもう大変でした。

って、最初から不満ばっかりでスミマセン…。

次は、オンラインで受けれる学校を選ぼうってマジ本気で思ってます。なんだかんだで自分の都合に合わせれるネットの授業って魅力的です。

ということで、オンラインでフランス語の授業を受けれる語学学校を調べましたので紹介します。本気で学校に入るために調べたので、なかなか濃い内容になっています。

実は、わたしも現地の語学学校に通う前にオンラインを使ってフランスを習っていました。初級A2レベルくらいから初めて、フランスの語学学校に入学した際にはB2レベルにまで上がることができました。オンラインを使った語学学校でもちゃんとフランス語のレベルと上げることができるんです。

フランス語を習いたいなぁと思ってはいるけど、近くに学校がなかったり、学校があっても時間が合わなかったりする方はぜひチェックしてみてください。

オンラインのフランス語語学学校のメリット・デメリット

語学学校を紹介する前にオンラインでの授業のメリットとデメリットを上げてみたいと思います。

オンラインの語学学校の良いところ

  • 自分の時間の都合に合わせることができる
  • 通学に比べて安い価格設定になっている
  • 自宅等で受講でき、移動時間の節約ができる

オンラインの語学学校の悪いところ

  • 一緒に授業を受ける仲間ができにくい
  • 強制力が弱まるため、授業を受けなくなる可能性が高い

語学学校をオンラインで受ける場合。自由に時間を選べて、自宅で手軽に授業を受けることができる一方、孤独になりがちでフランス語の勉強を続けていくという明確な強い意志が必要となってきます。

わたしの場合は、家事や食事を作ったりと何かと忙しいため、移動時間がなく自宅で受けれるというのはかなり強いメリットになると思いました。わたしの様にフランスに住んでいて、近くに語学学校がある場合でもオンラインでフランス語を学ぶことに必要性を感じています。

オンラインの語学学校に向いている人はこんな人!

  • 日本国内に住んでいて、近くにフランス語学校がない方
  • フランスに住んでいるが、時間の都合が付けにくい方
  • マイペースに授業を受けることができ、継続力のある方
  • フランス語を学びたいという気持ちが強く、意志が強い方

物理的にリアルなフランス語語学学校に通えない方はもちろんですが、授業を受けるか受けないかは自分の意志のみなので、継続力と強い意志を持っている方でないと続けられない気はします。

わたしも以前オンラインでフランス語を習っていましたが、本当に孤独だし、強制力が全くないので、1ヶ月くらい過ぎたくらいに若干飽きてくるんですよね。続けましたけど。強い意志を持つって結構必要ですよ。

とは言え、継続力と強い意志はリアルの語学学校でも必要なことなので、オンラインの学校だけの話しではないです。絶対にフランス語が上達したいっていう強い気持ちはどんな状況でも必要です!

オンラインで受けれるフランス語語学学校の紹介

今回は、わたしが受けていた学校とともに、わたしが悩んだオンラインで学べるフランス語の語学学校を6校紹介します。特徴と費用を語学学校のサイトを元に記載しています。わたしの感想も入れています。

費用は、それぞれの学校で最も割引率の高い授業料で比較しています。

費用の参考(フランスにある語学学校の料金)

1時間当たりのレッスン値段(1ユーロ=123円で換算)

  • 私立のフランス語語学学校:アリアンスフランセーズ(リヨン)7.1ユーロ(874円)
    3ヶ月で申込みの場合:426ユーロ、60時間/月
  • 公立のフランス大学付属語学学校:リヨン2大学 5.3ユーロ(652円)
    1学期:1,125ユーロ、210時間/12週

フランスの語学学校に通った場合は上記程度の価格となります。パリの場合は多少高くなる場合があります。参考にしてみてください。

ル・フランセ・シック Le Français Chic

翻訳や通訳業などの運営も行っている会社で、スカイプでフランス語の先生とマンツーマンでのレッスンが受けれるオンライン専門のレッスンです。

わたしもこのオンラインレッスンを受けています。レッスンを受けた体験記と活用法を書いたので、ぜひご覧ください。

会話力をつける!オンラインフランス語レッスンの活用法

特徴

  • 講師はフランス人で、キレイな発音や正しい文法が教えることができる
  • 講師の中には日本語が分かる人もおり、初心者でも安心である
  • リーズナブルなレッスン料金

料金

「Super flexibleスタイル」という年間パスが最も1回当たりの料金が安いです。

  • 25分レッスン120回分:129,600円(1回1,080円)
  • 50分レッスン120回分:237,600円(1回1,980円)

月額制のレッスンもあります。

  • 週に1回50分:1回3,000円(月額12,000円)
  • 週に2回50分:1回2,480円(月額19,840円)
  • 週に1回25分:1回1,500円(月額12,000円)

この学校の特徴のとおり、講師がネイティヴのフランス人でマンツーマンのレッスンが受けれてこの料金はリーズナブルです。

ル・フランセ・シック Le Français Chic の公式サイトはこちら

アンスティチュ・フランセ INSTITUT FRANÇAIS(オンライン・通信)

フランス政府公式機関であり、日本の主要都市にあるフランス語の語学学校です。

学校に通えない人のためにネットで学べる講座は、オンラインコース、オンラインプライベートレッスンの2コース用意されています。

オンラインコース

アンスティチュ・フランセの教師が、インターネットを使ったフランス語オンライン学習システムを開発し、豊富な音声ファイルを使った学習内容になっており、ヨーロッパ共通参照枠に準じたカリキュラム内容で、通学コースに通うのと同じフランス語のスキルを習得できるとのこと。

オンラインで動画レッスンを見れるというもので、生の講師から直接レッスンを受けれものではなさそうです。

オンラインコースの特徴
  • フランス語のレベルは超入門からB1レベルまでの基本レベルまで
  • オンラインで視聴できる動画でレッスン

生徒は動画を見てレッスンを受ける形式で、生の講師から直接受ける訳ではないです。初級レベルでは会話をするというよりも基本文法をしっかりとおさえておく必要があるので、こういう受け身のレッスンでも良いと思います。

オンラインコースの料金
  • 超入門〜A2レベル:全10段階。38,500円×10回=385,000円
  • B1レベルで:文法・ディクテ、フランスの地方発見、作文、仏検対策と選択。1講座22,000円〜。

オンラインプライベートレッスン

学習テーマを自由に選べて、ご自宅や移動先でスカイプや電話を使って受講が可能なプライベートレッスン。講師と1対1で習いたい、会話を強化したい、発音を強化したいという方に合っています。

プライベートレッスンの特徴
  • 1対1のマンツーマンレッスン
  • スカイプを使ってレッスンを受ける
プライベートレッスンの費用
  • 1回で25分のレッスンで、10回で29,500円という価格設定。
  • 1時間当たりのレッスン値段:7,023円

そのほかにも教材が紙ベースで送られてきて添削等してくれる通信コースやFranstatique(内容詳細なし)というコースがあります。

わたしの感想

初級(B1)を突破するまでのためにどのくらいお金かければいいの?と率直に感じました。情報がなかったのですが、それぞれのテキストはどのくらいのボリュームがあり、どのくらいの期間で終わらせるのかが知りたいなと。

アンスティチュ・フランセ INSTITUT FRANÇAIS のホームページはこちら

アンサンブル・アン・フランセ Ensemble en français

次は、2010年に開校したスカイプを使ったマンツーマンレッスンが受けれるフランス語学校です。

特徴

  • 365日24時間レッスンが受けれる
  • ゼロからの初心者も学べる基本文法コース
  • 6時間前までレッスン予約可能

費用

  • 入会金:10,800円
  • 1レッスン50分、月8回、19,600円
  • 1時間当たりのレッスン価格:2,925円

わたしの感想

初級文法が終わったくらいにフランス語を話して見たいって言うときに良いレッスンだと思います。このレッスンでゼロから文法を習うと恐ろしく長い時間がかかりそうです。

ホームページに体験者のコメントがあるのですが、生徒が週1〜2時間くらいしか勉強していないって言ってて、少ないなぁーって印象。社会人だとこのくらいが妥当なのか、上達しているのか不安になるところがあります。

アンサンブル・アン・フランセのホームページはこちら

フロンティア

オンラインのマンツーマンで講師から学べるフランス語学校です。価格や安いので魅力的な学校だと思います。

特徴

  • 格安な料金
  • マンツーマンレッスンが可能
  • オリジナルテキスト使用

レッスン価格が安い理由は講師がモロッコやチュニジア在住なため。

費用

  • 1レッスン25分
  • 毎月学習プラン:32,400円(84回×25分=35時間)1レッスン357円
  • 1時間当たりのレッスン価格:925円

わたしの感想

レッスン価格が安いので、フランス語で会話をしたいという場合にかなり最適だと思います。わたしもフランスに住んではいますが、日常生活で使う言葉って限られてくるので、こんなときにどう説明すればいいの?みたいな会話を教えてもらいたいなぁって思いました。ここ良いかも。

フロンティアのホームページはこちら

フレンチファスター

こちらの語学学校も同様にスカイプを使ったマンツーマンでレッスンが受けれます。

特徴

  • 講師の顔が見れる「スカイプレッスン」
  • マンツーマンだからたくさん会話ができる
  • フランス語と英語もレベルアップ!
  • 結果重視のレッスン

こちらの語学学校の講師はモーリシャス在住だそうです。モーリシャスでは日常生活はフランス語、学校教育は英語であるため、英語をベースにフランス語レッスンを行うので、自然と英語も上達するとのこと。

費用

  • 1レッスン25分
  • 32回分で29,800円(1レッスン930円)
  • 1時間当たりのレッスン価格:2,240円

わたしの感想

別に英語は上達しなくていいんですけどーっていうのが率直な感想。英語ベースのフランス語レッスンって中途半端なのでは?。価格もさほど安い訳ではない。

フレンチファスターのホームページはこちら

日本フランス語学校(旧:アカデミー・ラングフランセーズ・ジャポン)

講師1人に対して数人の生徒が対面形式の授業を受ける形式。授業を実際に受ける通学コース、Googleハングアウトを使用して自宅等でヴァーチャルで授業を受ける通信コース、授業を録画した動画を見れるビデオコースの3種類がある。

特徴

  • 業界NO.1の価格
  • 資格取得最速の実績
  • 専属のフランス語ネイティブ講師
  • オリジナル教材やテキストは使用しない
  • 定額で授業を受け放題

平日は9時〜22時、土日祝は10時〜15時まで授業が行われ、入門・初級・中級・上級とレベルが分かれており、自分に合ったレベルから始めることができる。どの授業も自由に好きなだけ受けることができる。生徒の平均受講時間は週20時間。平日の朝から授業があり、社会人の方は通えないのですが、夜間や土日祝日コースまである充実ぶり。

フランス語の上達が早い理由は、受講可能な授業数が圧倒的に多く、フランス語に接している時間が多いため上達も早くなる。ゼロから初めても1年後にはB2レベルに達することができるとのこと。

また、オリジナル教材は進みの遅さを隠すためであると昔から言われているそうで、オリジナル教材ではいつまでたっても自分のフランス語の進み具合が分からなくなり、資格や検定に合格しない方が多いとのこと。

通信コースの費用

  • 入会金10,800円、
  • 年間:180,000円(1ヶ月当たり15,000円)
  • 1時間当たりのレッスン価格:50円

※全授業で計算すると50円だが、全レベルを同時期に受けることは無理である。よって、平日4時間の授業を受け、月間で80時間受けたとすると1時間当たり188円となる。

ビデオコースの費用

  • 入会金10,800円、
  • 3ヶ月:18,000円(1ヶ月当たり6,000円)
  • 1時間当たりのレッスン価格:20円

※全授業で計算すると20円だが、全レベルを同時期に受けることは無理である。よって、平日4時間の授業を受け、月間で80時間受けたとすると1時間当たり75円となる。

わたしの感想

対面形式の授業でテキストを元に進めていくし、先生はフランス人だし、ほんとうに語学学校に通っているようです。通い放題で価格設定もかなりの両親的です。学校都合ではなく、徹底的に生徒目線になり、生徒にとってメリットになることを実現させている学校だと思います。

日本フランス語学校のホームページはこちら

ちなみに、わたしはどの学校を選んだのか?

わたしが前回選んだフランス語の語学学校は一番最後に紹介した「日本フランス語学校」でした。その当時は初級文法をマスターしたいと考えていたので、たくさん授業を受けれるこの学校に決めました。

わたしはフランス語が上達するためには、「たくさんフランス語に接する必要がある」と考えています。今までの経験からしてもフランス語の勉強時間と上達は比例しています。なので、週に1〜2時間授業を受けただけではフランス語って絶対に上達しないと思っています。

当時はA2くらいの初級レベルだったのですが、1日に3〜4時間の授業を受けていたら3ヶ月後にはB2のクラスに入れるくらいのレベルに上がっていました。

まとめ

フランス語がオンラインで学べる語学学校って意外に少なく10校以下でした。ある程度の規模で運営しているところは上記の5校です。ほかには英語などの他の語学と併用してフランス語のレッスンを行っている学校や個人運営の学校でした。

まず、自分の目的を決め、その目的が達成できそうな学校を選び、そのときに達成できる期間と料金を考慮すると良いでしょう。例えば、B1くらいの初級レベルを達成したいと思ってて、週1時間程度の授業であればどのくらいの期間がかかって、料金がかかるのかを考えましょう。

長文になりましたが、お役に立てればうれしいです。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランス語のレベルをチェックするサイト フランス語のレベルをチェックできる無料サイト
  2. 下手くそな絵でも大丈夫!?フランス語単語の覚えかた イラストにすると覚えやすい!フランス語単語の覚えかた
  3. フランス語の勉強ノート フランス語のノートを上手にまとめることができる4つの法則
  4. フランス留学する方必見!公立大学付属語学学校の経験談と対策 フランス留学する方必見!公立大学付属語学学校の経験談と対策
  5. フランス語100回音読を2ヶ月やってみた効果と感想 フランス語100回音読を2ヶ月やってみた効果と感想
  6. フランス語の発音をきれいに正しく発音するために フランス語の発音|きれいに正しく発音するために実践したこと3つ
  7. フランス語のディクテにおすすめテキスト フランス語のディクテにおすすめテキスト
  8. フランス語を100回音読した効果 フランス語100回音読を1ヶ月やってみた効果と感想

コメント

  1. 私のオススメは:恵比寿にあるア・ラ・フランセーズフランス語教室です。
    https://www.a-la-francaise.com/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  2. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy
  3. トロペジェンヌの包装

作りかた

  1. クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  2. 濃厚なガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage
  3. ベーキングパウダー不使用!ふわふわになるキャトルカールの作りかた

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  1. トロペジェンヌの包装
  2. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  3. チョコレートスコーンの作りかた
  4. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  5. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  6. パンデピス博物館
  7. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  8. いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!

Twitter

PAGE TOP