パティスリー

赤いプラリネパンの行列ができるパティスリー|プラリュ Pralus

赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus
本ページはプロモーションが含まれています。

リヨンのパン屋さんやお菓子屋さんにはたいてい真っ赤な色したブリオッシュが売られています。

こんな感じで真っ赤な色で、ブリオッシュ・オ・プラリヌ・ルージュ Brioche aux pralines rouges といいます。

プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子

どこのパン屋さんやお菓子屋さんでもおいしいんですが、特に売れまくっていて人気な赤いブリオッシュを紹介します。

パリにも売っているのでもう有名なんですが、François Pralus フランソワ・プラリュ というお店で、チョコレートと赤いブリオッシュがメイン商品です。ほかにもチョコレートやマカロンも置いてありますが、このブリオッシュだけが売れまくっています。

週末になると、赤いブリオッシュを買い求めるお客さんで店の外まで長い行列ができているほどの人気なパティスリーなんです。

Fransois Pralus フランソワ・プラリュとは?

1920年にロワール地方のマールに生まれたオーギュスト・プラリュ Auguste Pralus はパティシエとなり、1955年に赤いブリオッシュ(Praluline:プラリュリーヌ)を作り出します。バレンシア地方のアーモンド、ピエモンテ地方のバラ色のクラッシュヘーゼルナッツに自家製プラリネをからめたブリオッシュで、60年以上経った今でも人気のある商品です。

プラリュリーヌ Praluline はどんなお菓子?

ほかのパン屋やお菓子屋さんよりもプラリネの色が薄く、ピンク色をしていて、生地がふわふわとしてやわらかいのが特徴です。

赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus

ブリオッシュの外側の縁がプラリネが溶けてカリカリとしていて、中はしっとりとしています。やさしい甘さなので、時々むしょーに食べたくなるお菓子なんですよね。ときどき買って食べています。

包装紙でブリオッシュを巻いてりぼんで結んで、紙袋に入れてくれます。ほかのお店では紙袋にさくっと入れてくれるだけなので、かなり丁寧です。お土産や手みやげにもなりますね。

赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus

プラリュリーヌの包装

大きいプラリュリーヌが12€、小さいプラリュリーヌが7€程度です。ちょっと高めなお値段と思うかもしれませんが、赤いプラリネのブリオッシュはほかのブーランジュリーでもだいたいこのくらいの値段はします。

大きいほうがしっとり感があります。ただ、長くは保存できないので食べきれるサイズで買うのがおすすめ。

店舗情報

リヨン旧市街 Lyon – Saint-Jean

  • 住所:27 rue Saint-Jean 69005 LYON
  • 営業時間;10時〜20時(毎日)※日曜日も開いてる!

クロワルッス Croix Rousse

  • 住所:3 grande rue de la croix-rousse 69004 LYON
  • 時間:月曜:10時〜13時、14時〜19時/火曜〜木曜:9時30分〜12時30分、13時30分〜19時/金曜〜土曜:9時30分〜19時/日曜:9時30分〜13時 ※こっちも日曜日開いてる!

リヨン・プレスキル  Lyon Presqu’île

  • 住所:32, rue de Brest 69002 Lyon
  • 時間:月曜〜金曜:10時〜19時/土曜:10時〜19時30分

パリにも店舗があります。

パリ4区 Boutique PRALUS à Paris

住所:35 rue Rambuteau 75004 Paris

パリ7区 Boutique PRALUS à Paris

住所:44 rue Cler 75007 Paris

※そのほか、ロアンヌ Roanne (リヨンから1時間半程度の町)にある本店など3店舗あります。

HP:François Pralus

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。

関連記事

  1. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー セバスチャン・ブイエ Sébastien BOUILLET|リヨ…
  2. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  3. リヨンのチョコレート ベルナション bernachon ベルナション|リヨンで絶対に行くべきチョコレート専門店
  4. フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice des sens フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice de…
  5. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス リヨンでボンボンショコラ|パティスリーDélice des se…
  6. ディジョンのパンデピス Mulot et Petitjean 本場ディジョンのパンデピスを求めて行ってみた!|ミュロ・エ・プチ…
  7. いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ! いまや定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!|デリス・デ・…
  8. ポールボキューズ市場にあるパン屋さん*Le Boulanger de l'île Barbe イルバルブにある有名なパン屋さん ジョクトー|L’î…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. リヨンのポールボキューズ本店に再来店してきたら最高すぎた
  4. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ
  5. レシピのフランス語講座
  6. お菓子に関するフランス語の本
  7. お菓子のフランス語
  8. 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  9. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest

プロフィール

こんにちは!kico キコです。
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
プロフィールの続きを読む…

フランス語単語

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ

見てほしい♥

パリでピクニック pique-nique au parc de la villette パリの公園でピクニックしてみた!夏の夜におすすめの過ごし方

お菓子

  1. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  2. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子
  3. きょうのおやつ*ムースリーヌ

たび

南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain のんびりな町を一周_南仏の小さな温泉の町を旅する*Lamalou-les-bain

リヨン

  1. がっつり肉を食べるならリヨン郊外のグリル料理レストラン|Le grill de solaize
  2. 唯一、奇跡的にチーズケーキだけがおいしい人気のカフェ|Slake Coffee House
  3. フランス・リヨンで自転車に乗る

レシピ

  1. アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスで作る夜ごはん
  2. フランス冬野菜の定番ポワローで作るキッシュのレシピ
  3. 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう

おすすめ記事

  1. gertwiller お菓子の家
  2. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  3. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges

手続き

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ビザの進捗状況とわたしの取得までの流れ*フランスビジタービザ申請編
フランスビジタービザが届いたよ
  1. パリで一番かわいいお菓子屋さん*Chezbogato シェボガト
  2. 鶏がらスープから作るチキンカレーのレシピ|フランスで作る家庭料理
  3. フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017
  4. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  5. プレゼントに最適!くまの型抜きクッキーの作りかた*Recette de Sablé
  6. フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère
PAGE TOP