パティスリー

赤いプラリネパンの行列ができるパティスリー|プラリュ Pralus

赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus

リヨンのパン屋さんやお菓子屋さんにはたいてい真っ赤な色したブリオッシュが売られています。

こんな感じで真っ赤な色で、ブリオッシュ・オ・プラリヌ・ルージュ Brioche aux pralines rouges といいます。

プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子

どこのパン屋さんやお菓子屋さんでもおいしいんですが、特に売れまくっていて人気な赤いブリオッシュを紹介します。

パリにも売っているのでもう有名なんですが、François Pralus フランソワ・プラリュ というお店で、チョコレートと赤いブリオッシュがメイン商品です。ほかにもチョコレートやマカロンも置いてありますが、このブリオッシュだけが売れまくっています。

週末になると、赤いブリオッシュを買い求めるお客さんで店の外まで長い行列ができているほどの人気なパティスリーなんです。

Fransois Pralus フランソワ・プラリュとは?

1920年にロワール地方のマールに生まれたオーギュスト・プラリュ Auguste Pralus はパティシエとなり、1955年に赤いブリオッシュ(Praluline:プラリュリーヌ)を作り出します。バレンシア地方のアーモンド、ピエモンテ地方のバラ色のクラッシュヘーゼルナッツに自家製プラリネをからめたブリオッシュで、60年以上経った今でも人気のある商品です。

プラリュリーヌ Praluline はどんなお菓子?

ほかのパン屋やお菓子屋さんよりもプラリネの色が薄く、ピンク色をしていて、生地がふわふわとしてやわらかいのが特徴です。

赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus

ブリオッシュの外側の縁がプラリネが溶けてカリカリとしていて、中はしっとりとしています。やさしい甘さなので、時々むしょーに食べたくなるお菓子なんですよね。ときどき買って食べています。

包装紙でブリオッシュを巻いてりぼんで結んで、紙袋に入れてくれます。ほかのお店では紙袋にさくっと入れてくれるだけなので、かなり丁寧です。お土産や手みやげにもなりますね。

赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus

プラリュリーヌの包装

大きいプラリュリーヌが12€、小さいプラリュリーヌが7€程度です。ちょっと高めなお値段と思うかもしれませんが、赤いプラリネのブリオッシュはほかのブーランジュリーでもだいたいこのくらいの値段はします。

大きいほうがしっとり感があります。ただ、長くは保存できないので食べきれるサイズで買うのがおすすめ。

店舗情報

リヨン旧市街 Lyon – Saint-Jean

  • 住所:27 rue Saint-Jean 69005 LYON
  • 営業時間;10時〜20時(毎日)※日曜日も開いてる!

クロワルッス Croix Rousse

  • 住所:3 grande rue de la croix-rousse 69004 LYON
  • 時間:月曜:10時〜13時、14時〜19時/火曜〜木曜:9時30分〜12時30分、13時30分〜19時/金曜〜土曜:9時30分〜19時/日曜:9時30分〜13時 ※こっちも日曜日開いてる!

リヨン・プレスキル  Lyon Presqu’île

  • 住所:32, rue de Brest 69002 Lyon
  • 時間:月曜〜金曜:10時〜19時/土曜:10時〜19時30分

パリにも店舗があります。

パリ4区 Boutique PRALUS à Paris

住所:35 rue Rambuteau 75004 Paris

パリ7区 Boutique PRALUS à Paris

住所:44 rue Cler 75007 Paris

※そのほか、ロアンヌ Roanne (リヨンから1時間半程度の町)にある本店など3店舗あります。

HP:François Pralus

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー セバスチャン・ブイエ Sébastien BOUILLET|リヨ…
  2. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス 酔っぱらいのお菓子ババオラムを食べてみたよ|リヨンのパティスリー…
  3. これがトップパティシエの実力なのね|SÈVE セーヴ リヨンで一番トップパティシエの実力!|SÈVE セーヴ
  4. 酔っぱらいのクマさん?日本人パティシエのいるお菓子屋さん|L'Ourson qui boit 酔っぱらいのクマさん?日本人パティシエのいるお菓子屋さん|リヨン…
  5. わざわざ行きたい。かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん|Aurore Cap…
  6. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる フランスで一番大きなタルト・オ・シトロン!
  7. パリで一番かわいいお菓子屋さん*Chezbogato シェボガト パリのかわいすぎるお菓子屋さんには絶対行くべき!|シェボガト C…
  8. いちばん好きなリヨンの有名お菓子屋さん|デリス・デ・サンス DE…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールのプロの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  3. きょうのおやつ*ムースリーヌ

作りかた

  1. タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée
  2. シュケットの作りかた Chouquette
  3. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. タルトタタン誕生の物語
いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!
  1. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  2. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  3. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  4. ディジョンのパンデピス Mulot et Petitjean
  5. さわやかオレンジのパウンドケーキのレシピ*Cake à l’orange fraîche
  6. 朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  7. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  8. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子

Twitter

PAGE TOP