パティスリー

ベルナション|リヨンで絶対に行くべきチョコレート専門店

リヨンのチョコレート ベルナション bernachon

昨日、バレンタインデーでした。フランスでは、バレンタインデーにカップル同士でプレゼントを贈り合うっていうイベントはあるみたいですが、日本のように恋人だけでなく、職場の男性や家族などなどに渡す義理チョコっていう習慣はないようです。

フランスのニュースで日本では義理チョコを贈らないといけないっていう話題にフランス人の彼は苦笑いしてました。

リヨンのチョコレート ベルナション bernachon

バレンタインのディスプレイ

今回は、リヨンを代表するショコラトリーであるベルナションを紹介します。ショコラトリーとはフランス語でチョコレートショップのことです。

ベルナションとは?

ベルナションの歴史

ベルナションの一代目のショコラティエであるモーリス氏 Maurice Bernachon は1919年生まれで、1975年にガトー・プレジダン Gâteau du Président を生み出した。

その後、二代目ジャン・ジャック氏 Jean Jacque Bernachon が店を継ぎました。1969年6月19日、リヨン近郊にある3つ星レストランのシェフであるポール・ボキューズ氏の娘さんと結婚。最強のタッグですよね。

ちなみに、当時は三ツ星を取って4年目くらいで、今みたいに世界的に有名なころではなかったので、玉の輿婚じゃないよ。

現在では、2010年から三代目フィリップ氏 Philippe Bernachon が引き継いでいます。

カカオ豆からチョコレートを作る

通常のショコラトリー(チョコレートショップ)では、ヴァローナなどのメーカーが作ったクーヴェルチュールチョコレートを仕入れ、どさまざま種類を配合して、チョコレートタブレットやボンボンショコラを作ります。

一方、ベルナションでは厳選したカカオ豆を仕入れ、粉砕、ブレンド、加工してチョコレートを作っています。

有名なショコラトリーが世界にたくさん出てきても、カカオ豆からチョコレートを作っているショコラトリー(チョコレートショップ)は世界でも数少ない存在なので、とても貴重です。

チョコレートはリヨン以外で購入することはできますが、チョコレートケーキはリヨンでしか食べれないと思うので、リヨンに来た際にはぜひ食べてほしいケーキです。

ベルナションのおすすめ

ガトー・プレジダン Gâteau du Présodent

一代目のモーリス氏が1975年、当時のフランス大統領であるジスカール・デスタン Giscard d’Estaing のために作り出したチョコレートのケーキです。

リヨンのチョコレート ベルナション bernachon

 

チョコレートのガナッシュクリームとドレンチェリー(さくらんぼのアルコール漬け)の入ったチョコレートの表面に薄くチョコレートを削って扇形に華やかに飾られたケーキです。

パレ・ドール Palet d’Or

円形のチョコレートで表面に金箔ののったエレガントなチョコレートです。

リヨンのチョコレート ベルナション bernachon

持ち運び可能なので、日本へのお土産に最適です。ほぼリヨン以外では手に入らないので、お土産としてはかなり喜ばれます。

リヨンのベルナションに来たら、サロン・ド・テでプレジダンを食べて、お土産にチョコレートを買うっていうのがおすすめです。

そのほかにも…

そのほかにもたくさんのチョコレート菓子がありますし、隣りのサロン・ド・テではパフェやアイスも食べれますよ。

リヨンのチョコレート ベルナション bernachon

ベルナションのチョコレートパフェ

ベルナション・パッション

ベルナションの店舗の向かって右側にはサロン・ド・テがあります。サロン・ド・テはベルナション・パッション Bernachon Passion と呼ばれています。

チョコレートの店舗とサロンは別なので、別々の入口から入る必要があります。

リヨンのチョコレート ベルナション bernachon

高級な雰囲気のサロンではランチもできるし、ケーキ類が提供されます。

メニュー

メニューはたくさんあるのですが一部を紹介します。

  • ランチ(おすすめ料理):リヨン名物のクネル料理(Quenelles de brochet, sauce Nantua ou sauce tomates fraîches) 18€60
  • コース料理:前菜・メイン・パティスリー(MENU PASSION)29€80
  • エスプレッソ:Café 2€90
  • ショコラショー(チョコレートドリンク):Chocolat. 8,00 €
  • 日本の緑茶:Thé vert du Japon 6,30 €
  • パティスリー類(ケーキ):Pâtisserie Bernachon 7,50 €
  • チョコレートボンボン6個:Petite assiette de 6 chocolats 9,10 €

店舗情報

Bernachon ベルナション

  • 住所:42 Cours Franklin Roosevelt, 69006 Lyon
  • 電話:04 78 24 37 98

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  2. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー セバスチャン・ブイエ Sébastien BOUILLET|リヨ…
  3. いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ! いまや定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!|デリス・デ・…
  4. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス リヨンのクグロフ|パティスリーDélice des sens デ…
  5. 赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus 赤いプラリネパンの行列ができるパティスリー|プラリュ Pralu…
  6. 酔っぱらいのクマさん?日本人パティシエのいるお菓子屋さん|L'Ourson qui boit 酔っぱらいのクマさん?日本人パティシエのいるお菓子屋さん|リヨン…
  7. ガレットデロワ galette des rois 今年の美味しいガレットデロワ|デリス・デ・サンス
  8. いちばん好きなリヨンの有名お菓子屋さん|デリス・デ・サンス DE…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールのプロの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランスのエクレア eclair
  2. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  3. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ

作りかた

  1. フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère
  2. パンデピスのレシピ pain d'epice
  3. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  1. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  2. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  3. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅
  4. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  5. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  6. ストラスブールのクグロフ
  7. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  8. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー

Twitter

PAGE TOP