フランス菓子

定番お菓子フランスのミルフィーユとは?|Mille feuille

フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille

日本でもおなじみのミルフィーユですが、日本のものとフランスのミルフィーユとでは似てるんですが結構違いがあります。今回は、フランスの定番であるミルフィーユを紹介します。

Mille feuille とは?

フランス語でミルフィーユは Mille feuille と書き、「ミルフォイユ」というような発音をします。Mille feuille とは「千枚の葉っぱ」という意味で、パイ生地の層が積まれた葉っぱのように見えることから来ています。

日本語のとおり「ミルフィーユ」とフランスで発音すると「千人の少女(Milles filles)」と聞こえてしまいますので注意しましょう。

フランスのミルフィーユは、パイ生地(パット・フォユテ pâte feuilletée )とカスタードクリーム(クレーム・パティシエール crème pâtissière )を重ねてたお菓子です。通常はふくらむパット・フォユテ生地を焼成中に鉄板をのせてふくらむのを抑えることで生地がカリカリとして香ばしくなります。

作られはじめた頃のミルフィーユは、バニラとラム酒で香り付けしたカスタードクリームを挟んで、上には杏ジャムを塗ってフォンダンを引き、側面にはスライスアーモンドを飾ったものでした。今でもその形はほとんど変わらないまま残っています。

下記の写真のように、ミルフィーユの上部にはフォンダンを塗り、チョコレートで矢羽模様を飾っているのが定番のデザインです。

フランスのミルフィーユ millefeuille

 

また、アレンジして中にフルーツが入ったものなども見られます。

フランスのミルフィーユは日本のものより2〜3倍ほど大きく、生地がカリカリしていてざっくりとした食感があり、甘味が強く、食べ応えのあるどっしりとしたお菓子です。フランス人にとっての定番のお菓子でとても人気です。

家庭での食べかたは、ミルフィーユを横に倒し、ナイフで断面を切り、手でつかんで食べます。生地が堅いのでできる食べかたですね。

ミルフィーユのフランス流の食べかたについては、「フランス人によるミルフィーユの美しい食べ方かた」をご覧ください。

生地

  • パイ生地 Pâte feuilletée パット・フォユテ 

クリーム

  • カスタードクリーム Crème pâtissière クレーム・パティシエール 

材料

  • パット・フォユテ( Pâte feuilletée ):小麦粉、水、塩、バター
  • クレーム・パティシエール( Crème pâtissière ):牛乳、バニラ、卵、砂糖、プードル・ア・クレーム
  • フォンダン( Fondant 
  • チョコレート( Chocolat 

どこで買える?

  • パティスリー Pâtisserie
  • ブーランジュリー Boulangerie

素朴なお菓子ですので、どのお店にも置いているはずです。ミルフィーユの表面は矢羽模様の模様をしているのが定番です。

どうやって誕生したの?

  • パティシエ考案

詳しいフランスのミルフィーユの誕生までの歴史については「ナポレオンも食べてた!?ミルフィーユ誕生の歴史」をご覧ください。

フランスのミルフィーユの記事

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  2. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子 オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ…
  3. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子 ベニエ Beignet|太る!フランスの2月に食べる穴のないドー…
  4. きょうのおやつ*ムースリーヌ フランス菓子ムースリーヌ Mousseline
  5. フランスのエクレア eclair フランスの町のお菓子屋さんのエクレアを並べてみたよ*Éclair…
  6. フランスのガレット・デ・ロワ ガレットデロワ|1月6日に食べるフランスのお菓子
  7. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ ブリオッシュ・オ・ショコラ|フランスのパン屋さんのおやつ
  8. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子 ラ・コック|日本初公開なフランス地方菓子を全力で紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールのプロの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. パリ・ベルティヨンのアイス
  3. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子

作りかた

  1. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  2. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée
  3. さわやかオレンジのパウンドケーキのレシピ*Cake à l’orange fraîche

お菓子の歴史

  1. マドレーヌの名前の由来
  2. タルトタタン誕生の物語
  3. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…?
  1. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた
  2. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  3. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  4. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  5. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  6. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  7. パンデピスのレシピ pain d'epice
  8. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  9. リヨンの伝統菓子クッション

Twitter

PAGE TOP