手続き

フランス大使館に行く*フランスビジタービザ申請編

ビザ申請にフランス大使館へ行く

ビザを申請するために東京のフランス大使館まで行かないといけないっていう地方在住者にはめんどくさい決まり。

前日に飛行機が成田に行っちゃうっていうハプニングがあったりするので、ほんとに遠方から来る人は大変だよ。まったく。

遠方の人は余裕を持って移動しましょうね〜。

その時の記事はこちら
フランス大使館に行きたかっただけなのに…

今後の参考のため、フランス大使館でのビザ申請の様子のレポートです。

 

フランス大使館には予約時間の30分前に到着しました。10時予約だったので9時半頃到着。予約時間通りじゃなくっても中に入れてくれます。

まずは入口の警備員さんのところで受付&荷物チェックがあります。空港のようなX線ゲートもあります。

 

わたしは数年前に学生ビザを取るときに来たことがあるんだけど、あんまり記憶に残ってないの。でも、以前よりも建物が新しくなっているような気がします。

 

結構広い部屋にベンチやソファーがたくさん並べてあって、壁には記入ができるデスクがあり、ボールペンやノリなども準備してあり、証明書の記入例も貼ってある充実ぶり。証明写真マシンもあるし、ウォーターサーバーもあるし、かなり申請者に便利な施設になっていると思います。最悪、その場で申請書の記入もできるし、証明写真だって撮れますよね。

 

9時から11時まで30分おきに予約の時間が設けられているのですが、各予約時間に5人くらいかが割り振られている様子。受付ブースは2つ空いてて2人で受付けてくれます。

3月に申請したのですが、この時期はさほど多い時期ではないので2ブースだったんだと思います。9月入学が多いので夏が繁忙期なのではないでしょうか。ブースはあと1〜2箇所あるようです。

 

予約時間になったら順番に名前が呼ばれるので、そのブースに行きます。

 

早めに着いたので前の申請者の様子を見てたんだけど、結構受付の人はにこやかに親切そうに対応してます。口調も優しいと思います。

ネットでビザ申請の様子が書かれているサイトを見ると、親切でないっていうのが多く目に着くけれども、想像以上に親切でした。以前の申請時も親切だった気がしてます。

ネット時代なんでいろいろ書かれることを懸念しているからなのか、もしかしたらトップが変わって方針が変わったからなのか…理由は分かりませんが普通に親切な対応です。

なので、怖がらなくても大丈夫です。

 

緊張して待っていたけど、ちょっと拍子抜け。

 

 

前の人たちの様子を見ていると、

揃ってないものがあるから郵送で送るようにって言われていたり、

足りない書類があるから、記入台で書いて後ほど再提出するようにって言われていたり

してる人もちらほら。完璧に揃っていって提出しているわけではないのね。

ていうか、揃ってなくっても受付はしてくれるらしい。

書類をきっちりと揃えて行かないなんてわたしには考えられないけどなぁ。遠方から来ているし。わたしは数日前から当日の朝まで生類を何度も何度も確認して、しっかりとそろえてのぞんでいます。もし足らなかったら、もう一度東京まで来ないといけないかと思うと怖くって。

 

ちなみに、盗み聞きしていたわけではなく、受付の人の声はマイクになっているんで待合室に響いてるんですよね。なので、その人がどんな状況なのか筒抜けなのよ。いいんだか。

 

 

 

30分くらい待って、ようやくわたしの順番です。

 

書類は順番に並べて、それぞれをクリップ留めして、番号を書いた付箋を貼る徹底ぶりで提出しました。

担当はフランス人の方で簡単な日本語で対応してくれます。

わたしの場合は、

〇〇さん(名前)ですね、

ビジタービザですね、

○日に出発予定ですね、

っていう「はい」って答えられる質問が少しだけありました。

具体的な質問をされている人や受付に時間がかかっている人もいましたが、わたしは比較的スムーズに終わったと思います。

 

書類の原本とコピーを確認して、原本を返却してくれます。

あとは、証明書の名前と住所を確認してました。特に、彼の証明書の名前と住所をそれぞれの書類と合っているかどうかを確認していました。

書類の中身については確認していなかったような気がします。

とりあえず受付で書類が揃っているかどうか、動機書などと提出書類が合っているのかを確認しているだけで、のちほど最終的な申請可否の判断をするのかな。

 

書類が揃っているかの確認をしたら、申請料金を支払います。申請料は99ユーロなので、その時のレートによって前後するかと思います。おつりも用意されているので、きっちりと用意しておかなくても大丈夫です。

 

その後、デジカメで証明写真をとられます。どこで使われる写真なのかは分かりませんが、化粧と髪の毛はきれいにしていきましょう(笑)

 

※後日談
この時に撮られた写真がビザの証明写真になります。パスポートに貼られるし、フランスに着いてから提示することも多いと思うので、絶対にきれいに身なりを整えていくことを激しくおすすめします。

 

最後に、両指10本の指紋を採られます。もう、悪いことできません。

 

結果は1週間後に送りますって言われて、

これで、申請は完了です。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 羽田空港へ向かう飛行機で 羽田に行くはずが成田に行ってしまった!どうする?フランス大使館の…
  2. 滞在許可書の手続きがおわったよ〜 @リヨン・OFII 移民局 フランス滞在許可書の手続きのしかた |リヨン・OFII 移民局
  3. フランスビジタービザが届いたよ フランスのビジタービザがおりたよ〜!
  4. ビザ申請〜許可までにかかるお金はどれくらい?*フランスビジタービザ編 ビザ申請〜許可までにかかるお金はどれくらい?*フランスビジタービ…
  5. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  6. イライラ!分かりにくい滞在許可書更新の予約のしかた|リヨン・ロー…
  7. 南仏でねこ歩き@人口60人の村 住居証明の書類とは?*フランス・ビジタービザ申請編
  8. フランスビジタービザ申請書類 社会的立場を証明する書類&医療保険証券について*フランスビジター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語で「香港のデモ」に関するニュースを読んでみる[RFI:Forte mobilisation à Hong Kong] フランス語
  2. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  3. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  4. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  5. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  6. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  7. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  8. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  9. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  10. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne

作りかた

  1. クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  2. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  3. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. リヨンの伝統菓子クッション
プレゼントに最適!くまの型抜きクッキーの作りかた*Recette de Sablé
  1. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. わざわざ行きたい。かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん
  4. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  5. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  6. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  7. オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた
  8. これがトップパティシエの実力なのね|SÈVE セーヴ

Twitter

PAGE TOP