レシピ

キッシュが生焼けしない焼きかたのコツ

キッシュがべちゃっとならない簡単な焼きかた

フランスでは市販のタルト生地(pâte brisée)やパイ生地(Pâte feuilletée)が豊富に安く売られているので、生地から作らなくっても簡単に作れるので、よくキッシュを焼いています。

フランスに住み始めて最初のころ、キッシュを焼いて、型から取り出すときにキッシュがべちゃっとなってたり、生地の底が生焼けっぽいときがあったんです。なので、お皿に盛ったキッシュは、具が飛び出したりしてきれいな形ではなかったんです。そういう経験ないですか?

お皿に盛ったときに、切れ目がキレイに切れていて、お店で売っているようなキッシュを完成させたい!って思ってたんです。

なので、うまくキッシュが焼けるように色々研究してみたり、マミーに聞いてみたり、挙げ句の果てには総菜屋さんに直接聞いてみたりして、ようやくナゾが解けました。

しかも、すごく簡単な方法でした。

キッシュが生焼けしない焼きかた

キッシュがべちゃっとならない簡単な焼きかた

切り口がキレイに切れますよ

材料や型、焼き時間はお手持ちのレシピのままで大丈夫です。

  1. 食事時間の少なくとも2時間以上前にキッシュを焼き始める
  2. 焼けたらオーブンを消し、入れたまま食事時間まで放置(もしくは外に出す)
  3. 食事時間の直前にオーブンで温める(温度は100度くらい)

レシピは変えずに、ただ放置して熱を冷ませばいいんです。

生地を焼成する理論にも沿っていて、焼きたての生地はまだ水分がぐつぐつと動いている状態で、まだ固まってないので、当然動かすと壊れてしまいます。一度、生地を冷ますと生地が落ち着いてきます。生地が一度落ち着いたら、その後温めても生地が壊れたりはしません。

日本の感覚だと、食事はできたてで熱いうちに食べるっていう習慣があるので、キッシュやグラタン料理などもできたてを出せるように焼くことが多いと思います。なので、熱いうちに提供していました。フランスでは焼きたての熱々が一番っていうのはあまり感じないような気がしてて、熱々だと、そのまま手を付けずに冷ましてる時があります。

ちょっとしたフランスと日本の感覚の違いだけですね〜。

このほかにもラザニアやオーブンで焼く料理に使えますよ。これできれいなキッシュが焼けるようになりました。ぜひ、お試しください!

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 手抜き料理!トマトだけでも美味しくできるパスタのレシピ 手抜き料理!トマトだけでも美味しくできるパスタのレシピ
  2. ホワイトソースも手作り!簡単にできて満点なラザニアのレシピ 茹でずに作るラザニアのレシピ|手作りするとほんとに美味しくできる…
  3. フランスでの寿司の作り方|海外で喜ばれる具材ってなに? 海外でも巻き寿司を簡単にできる3つのステップ
  4. フランス家庭料理付け合せの定番、にんじんグラッセの作りかた フランス家庭料理付け合せの定番、にんじんグラッセの作りかた
  5. 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう
  6. アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスで作る夜ごはん アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスの家庭料理
  7. フランスの料理レシピ検索サイト フランス生活初心者へおすすめ!料理レシピ検索サイト
  8. 寒い冬に食べたい。フランスのかぼちゃでグラタンのレシピ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. きょうのおやつ*ムースリーヌ

作りかた

  1. カロリー控えめガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage
  2. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  3. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges

お菓子の歴史

  1. マドレーヌの名前の由来
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. タルトタタン誕生の物語
ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ
  1. トロペジェンヌ
  2. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  3. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  4. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  5. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  6. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子
  7. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い
  8. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  9. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

Twitter

PAGE TOP