フランス菓子

シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子

シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子

以前紹介した砂糖の素朴なお菓子、タルト・ブレッサンを紹介したんですが、またまた似たようなお菓子を見つけました。おそらく名前だけが違って、材料は同じかなっていうお菓子、砂糖のタルト Tarte au sucre です。

*タルト・ブレッサンについては「フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子」をみてね。

タルト・ブレッサンと同じようにブリオッシュ生地を平たく伸ばし、砂糖と生クリームでできたクリームを上に流し、焼いたものです。タルト・ブレッサンはバターを加えるので、バターの有無が違うところかな。

でも、まぁ同じっちゃぁ同じ。

日本でも同じで、シンプルな材料だと地方によって名前が違うものがありますよね。例えば、餅とあんこを使ったお菓子は、三重県伊勢の赤福、安倍川もち、大福、もなかなどがあります。同じ材料で形や呼び方だけ変わったりするのが地方菓子のおもしろいところです。

今回は、フランスの地方にあるお菓子、砂糖のタルト Tarte au sucre を紹介します。

砂糖のタルトとはどんなお菓子?

「砂糖のタルト」をフランス語で Tarte au sucre(タルト・オ・シュクル)といい、、Sucre は「砂糖」を意味し、砂糖を使ったタルトのことを指します。砂糖のタルトといいうけど、実はタルト生地を使っているのではなく、ブリオッシュ生地を平たく伸ばして生地にしているお菓子なんです。

どこの地方のお菓子?

砂糖のタルトはヨーロッパではどこにでもあるお菓子なんです。砂糖とブリオッシュ生地を使ったシンプルなお菓子なので、どこで作られててもおかしくはないです。

例えば、

  • ブレス地方(Bresse):タルト・ブレッサン(Tarte bressane)と呼ばれるブレス地方で作られてるタルト
  • ペルージュ(Pérouge):ガレット・ド・ペルージュ(La galette de Pérouges)と呼ばれリヨン近くのペルージュという町で生まれたお菓子
  • フランスの北部地方・ベルギー:この地方特産の赤砂糖を使ったお菓子

など、フランスやベルギーといった地方で作られているお菓子なんです。地方で作られているお菓子を地方菓子といいます。

砂糖を使ったシンプルなお菓子なので、パン屋さんによって見た目や味が少し違っているのもまた地方菓子のいいところです。

材料は?

  • ブリオッシュ生地
  • 砂糖
  • 生クリーム

が主な材料で、ブリオッシュ生地を平たく伸ばして、生クリームを伸ばし、砂糖をふりかけたものというのがベースのようです。バターは入れないみたいですけど、お店によっては入ってそう。

わたしが買ったパン屋さんでは、クリームチーズを加えているそうで、クリーム部分に酸味があって爽やかな風味でした。

砂糖を使ったシンプルなお菓子なので、パン屋さんによって見た目や味が少し違っているのもまた地方菓子のいいところです。リヨンではリヨン名物の赤いプラリネを加えている砂糖のタルトもあります。

形は?

シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子

直径20cmくらいのおおきさ

シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子

クリーム部分は薄いので重くないお菓子

 

どこで買える?

主にパン屋さん(ブーランジュリー Boulangerie)で買うことができます。ブリオッシュ生地を使うので、パティスリー(Patisserie)にはあまり置いていないかも。

シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子

ラッピングは簡単に包装紙一枚

パン屋さんすべてに置いてある定番のお菓子ではないので、パン屋さんに入って、このお菓子の名前を見つけたら、迷わず選んでほしい。

シンプルな味と見た目の砂糖のタルトです。正直、味の想像はできてしまいますが、想像している以上においしいです。食べるとくせになる味で、飽きずに食べれます。やっぱり素朴なお菓子っておいしいですね。大好きです。

豪華で美しいケーキもいいけれど、フランスでしか食べれない素朴なフランスの地方菓子もおすすめです。

ぜひ、フランスに来たら試してね〜。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille 定番お菓子フランスのミルフィーユとは?|Mille feuill…
  2. リヨンのアイス ショコラオランジュ ショコラオランジュのアイス chocolat amer oran…
  3. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre 赤いプラリネのブリオッシュをローヌ・アルプ地方で見つけたよ!
  4. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy スーパーで買える本場コメルシーのレシピで作ったマドレーヌ
  5. フランス・アルザス地方のクグロフ クグロフ|アルザスで見つけたフランスの地方菓子
  6. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ フランス菓子フランボワーズのクラフティ Clafoutis à …
  7. リヨンの伝統菓子クッション リヨンのクッション型のお菓子|クッサン・ド・リヨン Coussi…
  8. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン 繭のお菓子 Cocon de Lyon

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  2. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  3. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  4. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  5. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  6. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  7. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  8. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  9. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  10. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子

作りかた

  1. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  3. ベーキングパウダー不使用!ふわふわになるキャトルカールの作りかた

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. リヨンの伝統菓子クッション
お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト
  1. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne
  2. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  3. リヨンのチョコレート ベルナション bernachon
  4. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  5. トロペジェンヌの包装
  6. リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain des Jacobins
  7. いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!
  8. フランス LU ビスケット

Twitter

PAGE TOP