アルザス地方

パンデピス博物館に行ってみたよ!アルザスにあるリアルお菓子の家

パンデピス博物館

このお菓子の家は1806年に開店し、200年以上前から続いている老舗のお菓子屋さんです。その2階にパンデピス博物館が併設されています。

1階のパティスリーの店員さんから博物館のことを教えてもらったので、さっそく行ってみます。

関連記事:アルザスお菓子の家を訪れる旅

パンデピス博物館

お店を出て、右に回ると2階に上がる階段があります。

入口ではアルザス民族衣装の女の子 HANSI がお出迎え。

アルザス HANSI

アルザスのHANSI アンシちゃん

木でできた階段を上っていき、2階にパンデピス博物館があります。受付の人もだれもいません。

パンデピス博物館

2階に上がる通路。これも展示品。

お菓子型は700個以上が所狭しと並べられています。

アルザスの陶器でできたクグロフ型は400個以上、18〜19世紀のクッキー型などのお菓子型は300個以上。クッキー型はパンデピスを作るのに利用されます。

クグロフ型もクッキー型も今と変わらない形ということにおどろき!

お菓子の形はさまざまありますが、ひとつひとつ意味をもっています。

  • クグロフ Le Kouglof 太陽
  • 子供 Le pompon 子供の頃のキリスト
  • 魚 Le poisson キリスト教
  • ハート le coeur キリストの情熱
  • ユリの花 La fleur de lys 王国のエンブレム
  • ザリガニ L’écrevisse 多産のシンボル

日本でいうとお正月のおせちのそれぞれの料理を意味するものに近いのかも。フランスはキリスト教を基準とした考え方ですね。

開店以来使われてきたお菓子の型や当時のキッチンを再現したものや昔の広告などが、350㎡の広さに10,000のオブジェが並べられているそうです。

室内は空気がキンっと冷えててとても冷たいのですが、太陽の光が差し込み、古い木のにおいがしてとても居心地がいい空間でした。

パンデピス博物館

奥にはお菓子の型がたくさん並んでます。

パンデピス博物館

昔のパンデピス作りを再現。今といっしょ!

金属のパンデピス型はいつの頃から使われているのか知りたかったので、すごく楽しい。

陶器や木型は昔から使われていることは想像できたけど、金属加工ができるようになったのはどの時代だろうって。

パンデピス博物館

ロフト部分に上がるとクグロフ型やクッキー型がぎっしり!

クグロフの陶器型やパンデピスの木型、金属のパンデピス型がたくさん並べられていました。

パンデピス博物館

無数のクグロフの型。昔からこの素材でこの形なんだなぁ。

パンデピス博物館

19世紀、パンデピスを作るために使われた木製の型。

木製の型のへこみにパンデピスの生地を入れこんで、形を付けていきます。今でも売っているし、使っている道具なんです。これもキリスト教に関係するものの形が多いです。

パンデピス博物館

18〜19世紀の金属のパンデピス型。

金属のパンデピス型も当時から使われていました。結構細かい部分のある型も作られていて驚きです。技術的には今とさほど変わらないんですね。

その他にも、昔のパンデピスの広告、18世紀に使われていた家具や食器、おもちゃも展示されています。

1日中いても飽きないくらい気に入りました。お菓子好きにはかなりおすすめの博物館で、わざわざでも来る価値あり。

名残惜しいですが、そろそろパンデピス博物館を後にします。

gertwiller お菓子の家

さよなら。また来るね。

最後にキッチンも見学させてもらいました。この日はパティシエたちはお休みだったようです。

帰りの電車は1時間に1本あるので、この町でランチして戻ろうかと考えていたけど、

今日はクリスマス翌日の12月26日、日本でいうと1月2日みたいなもので、町はひっそりとしていてお店はどこも開いていません。というか近くにはお店は見当たらなかったのだけど。

ということで、予定よりも1本早めの電車でストラスブールに戻ります。

11:57 ゲルトウィラー 出発 Gertwiller

12:41 ストラスブール駅到着 Strasbourg Gare

TER テー・ウー・エル 7.40ユーロ

店舗情報

Musée du pain d’épices et de l’art populaire alsacien パンデピスとアルザス民族アートの博物館

  • 住所:110 Rue Principale 67140 Gertwiller France
  • 営業時間:月曜〜金曜 8h-12h et 13h30-18h、土曜 8h-12h et 14h-18h、日曜 10h-12h et 14h-18h

ちょっと遠いですが、ぜひ訪れる価値あり!

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. シャモニー|エギーユ・デュ・ミディの展望台3842mからのまっ白な絶景を見る旅 エギーユ・デュ・ミディの展望台3842mからのまっ白なモンブラン…
  2. 南仏モンペリエへの旅行 Montpellier 1時間半でめぐるモンペリエ*Montpellier
  3. ホーチミンのバインフラン ホーチミンのお菓子めぐり|フランスの影響うけまくりなスイーツ
  4. フランスの小さな村でピクニック フランス夏の日曜日の過ごし方、ピクニックに行こう!|リヨン近郊の…
  5. 南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain のんびりな町を一周_南仏の小さな温泉の町を旅する*Lamalou…
  6. フランス流チーズフォンデュの正しい食べかた|フォンデュ・サヴォヤード フランス流チーズフォンデュの正しい食べかた|フォンデュ・サヴォヤ…
  7. フランスの中のスペイン領の町リヴィア Llivia フランスの中のスペイン領の町リヴィアに行ってきたよ*Llivia…
  8. トロカデロからのエッフェル塔 パリ1日定番な観光地めぐり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  2. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  3. フランスのエクレア eclair

作りかた

  1. マドレーヌのレシピ
  2. フランスでぜんざいの作りかた
  3. カロリー控えめガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. マドレーヌの名前の由来
星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ
  1. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  2. オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた
  3. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  4. パンデピス博物館
  5. ストラスブールのクグロフ
  6. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  7. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  8. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  9. リヨンの伝統菓子クッション

Twitter

PAGE TOP