コラム

バゲット食べ比べとおいしいバゲットの見分けかた

フランスのバゲット食べ比べ
本ページはプロモーションが含まれています。

わたしが2店、彼が1店のバゲットを買う機会があったので、バゲットの食べ比べをしてみました。

さぁ、どこの店舗がおいしんでしょうか?

 

フランスのバゲット食べ比べ

1店舗目(手前):

家から一番近いブーランジュリー(Boulangerie Fontaine-sur-Saône)

2店舗目(真ん中):

歩いて20分の少し大きめのブーランジュリー(Boulangerie-Pâtisserie Sathonay Camp)

3店舗目(奥):

メゾンカイザー(MAISON KAYSER)

 

 

3店舗にいきなりのビッグネームですが…。

 

 

結果は、

ダントツのおいしさはメゾンカイザーでした!

ほかの2店舗とは明らかに小麦粉の質が違うと思いました。

メゾンカイザーはリヨン市内に3店舗(だったかな)、パリ市内にはたくさん、日本にももちろん進出している大手なんですが、

名前だけでほんとはそこそこなんじゃないのっていう予想を覆してくれるおいしさです。

前にリヨンに滞在した時もメゾンカイザーのバゲットとかを買ってたんですけど、おいしかったんですよね。ほかと比べてみると明らか。

バゲットの材料は小麦粉と水と酵母と塩っていうシンプルなものなので、バゲットをおいしくしようと思ったら、質のいい小麦粉を使うんだと思う。

きっと、カイザー氏がおいしい小麦粉を見つけて使っているんだろうなぁと。さすが、大手。

 

 

メゾンカイザーが近くにあれば、毎日買えるんだけど、そういうわけにはいかないので、わたし的においしいバゲット屋さんの見分けかたを考えました。

 

単純な答えですが、

 

大きいパン屋さん

 

っていうのがわたしの答えです(笑

 

バゲットの材料は、さっきも書いたようにすごくシンプルなものなので、各店舗そんなに大きな差は出ないと思うんです。

大きいパン屋さんはお客さんも当然多いので、回転率が高くって、朝から夕方までバゲットを焼いています。なので、なるべく焼きたてのバゲットを買える確率は高いです。

 

なので、大きなパン屋さんのがおいしいハズなんです。

 

バゲットはやっぱり焼いてあんまり時間の経ってないものが、皮がぱりぱりで中がふんわりしてておいしいと思います。

申し訳ないけれど、小さいパン屋さんは、朝バゲットを焼いてそのまま夕方まで売っていることが多いので、夕方くらいに買うとあんまりおいしくないことが多いんですよね。

 

なので、なるべく大きなパン屋さんでバゲットを買うようにしています。

 

 

ただ…、

食事と一緒に食べるとたいした差はなくなるんですよね。

食べ比べした3種類も食事のときに同時に食べてみたけれど、あんまり差は感じない。やっぱり食事がメインだからかなぁって思います。

どのブーランジュリーのパンも結構おいしいということなのかな。

サンドイッチとかを買うときには、大きいパン屋さんのを選ぶといいんだと思います。

たしかに、おにぎりを食べるときには米のおいしさが気になるけど、食事のときにはあんまり気にしないのと一緒なのかなぁ。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。

関連記事

  1. フランスのパティシエ国家資格とは フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能!
  2. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた フランスのパティスリーのお菓子の包装4パターン|かわいい?雑?
  3. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅 フランス・ナンシーのお菓子をめぐる旅
  4. フランスの2017年マルディ・グラはいつ?|クレープを食べる日
  5. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い キャトルカールとパウンドケーキの違いとレシピ
  6. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille フランス人によるミルフィーユの美しい食べ方かた
  7. パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…? フランスのパン屋ポール PAUL|日本のと違いは…?
  8. ストラスブールのクグロフ フランス・アルザス地方のお菓子をめぐる3泊4日の旅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. リヨンのポールボキューズ本店に再来店してきたら最高すぎた
  4. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ
  5. レシピのフランス語講座
  6. お菓子に関するフランス語の本
  7. お菓子のフランス語
  8. 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  9. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest

プロフィール

こんにちは!kico キコです。
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
プロフィールの続きを読む…

フランス語単語

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ

見てほしい♥

憧れる?過酷なフランスの伝統的な結婚式 フランスの結婚式|憧れる?教会から披露宴までの長い1日

お菓子

  1. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  2. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum
  3. フランスの中にあるスペインの町のお菓子

たび

南フランスでのバカンスの過ごし方 遊ぶのが忙しい南フランスでのバカンスの過ごし方

リヨン

  1. リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain des Jacobins
  2. マルシェ・ド・ノエル marche-de-noel-lyon
  3. カオスの館。リヨンで一番いいね!の多い美術館*La Demeure du Chaos

レシピ

  1. ホワイトソースも手作り!簡単にできて満点なラザニアのレシピ
  2. 手抜き料理!野菜たっぷりでボリューム満点なトマトパスタの作りかた

おすすめ記事

  1. 濃厚なガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage
  2. 一緒に暮らして分かったフランス人のキライな食べ物
  3. ホーチミンのカップケーキ屋さんfly cupcake

手続き

  1. 滞在許可書の手続きがおわったよ〜 @リヨン・OFII 移民局
  2. フランスビジタービザが届いたよ
朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  1. フランスのバターの種類
  2. ステーキが2倍美味しくなる焼きかた
  3. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  4. カロリー控えめガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage
  5. フランスでもおいしく作れる本格的な鯛飯の作りかた
PAGE TOP