おすすめ教材

フランス語の音読の方法と教材の選び方

フランスの音読のしかた&使った教材

この夏に始めて効果が出てきたんじゃないかなって感じている勉強があって、それがフランス語の文章をただ音読するっていうものなんですが、今回はわたしの音読のしかたと使っているおすすめの教材を紹介したいと思います。

音読のしかた

準備するもの

  • フランス語の文章が書かれたテキスト
  • その音声

音読の手順

  1. 2〜4分くらいの長さに文を区切る
  2. 文の意味を理解する
  3. リピーティングする(20回)
  4. 音声なしでテキストを見ながら音読する(20回)
  5. リピーティングする(10回)
  6. シャドーイングする(50回)

リピーティングとは?

音声を一文聞いて、再生をいったん止めて、正確に真似して声に出す方法。

シャドーイングとは?

音声を聞いて、そのまま後を追いかけながら、声に出す方法。再生は止めません。

最初はスラスラと読めないし、音声にも着いていけなかったりするけれども、30回くらいで慣れてききます。音読を続けていたら、早く慣れてくるようになります。慣れてきてスラスラと読めるようになってから、繰り返し100回まで音読を続けることが重要なんだそうです。

参考記事:ヒアリングに効果大!フランス語の音読とは?

使っていた教材

わたしが使っていたのはフランス語の学習用のテキストです。「Le tour de monde en 80 jours 80日間世界一周」ジュール・ヴェルヌの作品です。原書から簡単な文にリライトされています。

学習用のテキストなので、音声も聞きやすいし、ゆっくりだけどリズムもよく聞き取りやすかったです。初見で辞書なしで読めるし簡単なのですが、音読するのはスラスラ読めないレベルのものにしました。

当時はB2レベルくらいだったのですが、使った教材はそれより低いレベルのものにしました。まずは、簡単な分から音読していって、徐々にレベルをあげていったほうがいいです。最初に同じB2レベルくらいの新聞記事で音読してたのですが、全く音声に付いていけませんでした。

↓日仏対訳「Le tour de monde en 80 jours 80日間世界一周」があります。フランス語の学習者用のテキストです。

MP3 CD付 フランス語で読む八十日間世界一周 Le tour du monde en quatre-vingts jours
このテキストのいいところは、物語がとてもおもしろかったところ。音読ってすごく単調で退屈なので少しでもおもしろい作品っていうところは重要です。

テキストの選び方

最初に音読する場合、テキストを選ぶポイントをまとめてみました。

  • 黙読してみて、単語はほぼ理解できる(95%以上)
  • 文法や動詞の時制も理解できる
  • 音読するとスラスラ読めない
  • 自分のレベルよりも1〜2レベル下のもの
  • 読んでいておもしろいと感じるテキスト

ぜひ、音読を試してみてください!

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランス語のレベルをチェックするサイト フランス語のレベルをチェックできる無料サイト
  2. 2017年フランス大統領選挙の仕組み フランス大統領選挙の仕組みを簡単に説明するよ!
  3. フランスの書店fnac フランス語テキストが豊富な本屋さん@リヨン
  4. 語学学校を決める前にチェック!フランスの語学学校の選び方のポイント 語学学校を決める前にチェック!フランスの語学学校の選び方のポイン…
  5. フランス語の勉強ドラマ フランス語の勉強になるドラマ*Extra french
  6. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  7. 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスン…
  8. フランス語のあいさつに関する単語と表現

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「フランスのレシピが読み書きできるレッスン」に参加しませんか? お菓子レシピのフランス語レッスン
  2. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  3. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  4. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  5. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  6. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  7. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  8. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  9. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  10. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校

フランス菓子

  1. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum
  2. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ
  3. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子

作りかた

  1. パンデピスのレシピ pain d'epice
  2. タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée
  3. シャルロットレシピ

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
トロペジェンヌ
  1. フランス LU ビスケット
  2. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  3. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  4. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  5. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー
  6. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  7. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  8. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  9. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
PAGE TOP