コラム

キャトルカールとパウンドケーキの違いとレシピ

知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い

日本でいうところのバターケーキには「パウンドケーキ」や「キャトルカール」と呼ばれています。パティスリーによっても呼び方が違ったりします。今回は、パウンドケーキとキャトルケーキの違いをはっきりさせたいと思います。

おすすめレシピ:ベーキングパウダー不使用でふわふわなキャトルカールの作りかた

パウンドケーキとカトルカールの違い

パウンドケーキ Pound cake はイギリス、キャトルカール Quatre quart はフランス生まれの焼き菓子です。呼び方が違うだけなんです。どちらも、小麦粉・バター・砂糖・卵を同量使って作ったケーキです。

イギリスでは1ポンド(1pound=450g)ずつ材料を合わせたもの、フランスでは材料を4等分したもの(4/4 = quatre quart)で、どちらも名前に由来しています。

イギリスのパウンドケーキ Pound cake

材料を1ポンド(450g)ずつ材料を合わせていたので、pound cakeと呼ばれています。

pound は当時の聖書の重さと同じだったともいわれています。当時、一般家庭には計りがなかったため、聖書の重さを基準として計っていたそうです。ポンドは人間が1日に消費する食糧(大麦)の重さ(=1pound)が由来となっているそうです。

450g の材料を4つ合わせるので 1800g とかなり大量な生地になるので、混ぜるのが大変だっただろうなぁと想像してしまいます。

 イギリスのレシピ

  • バター 450g
  • たまご 450g
  • 砂糖  450g
  • 小麦粉 450g

パウンドケーキの作りかた:ベーキングパウダーなしでしっとりきめ細かい生地になる作りかた

生地の混ぜ方は様々ありますが、イギリスではやわらかくなったバターを使って、砂糖、たまご、小麦粉の順に混ぜていくシュガーバッタ法がよく使われているようです。

さすがに、450g×4つだとすごい量になるので、それぞれの重さを100gにすると作りやすい量になります。その場合は、18cmのパウンドケーキ型1台分で、卵はMサイズ(50g)を2個分です。

フランスのキャトルカール Quatre quart

一方、フランスのキャトルカールは材料を1/4ずつ合わせていきます。最初にたまごの重さを決めて、他の材料をたまごと同じにすると計りやすいです。

 フランスのレシピ

  • たまご 2個(=100g)
  • バター 100g
  • 砂糖  100g
  • 小麦粉 100g

キャトルカールの作りかた:ベーキングパウダーなしでしっとりきめ細かい生地になる作りかた

たまご1個は50g〜60gで、たまごの重さ次第で量を変えることができます。卵はMサイズ=50g、Lサイズ=60gです。

フランスのパティスリーのキャトルカールはちょっとパサパサした生地でざっくりとした食感です。なので、紅茶に合うなぁて思います。

まとめ

パウンドケーキとキャトルカールは、ただ呼び方の違いだけで、材料も作りかたもまったく同じ焼き菓子です。

パウンドケーキも作りやすい量に換算すると、キャトルカールと同じ分量になったりします。結局同じお菓子なんです。

どちらが最初に作ったのか、どちらかに伝わったという記録は見つけられませんでしたが、どちらかが伝えたというよりかはそれぞれで作られたものではないかと思います。ちょうどこのケーキが作られ始めた18世紀には砂糖がヨーロッパに大量に入ってくるようになった時期でもあり、材料は手に入りやすく、それぞれの国で作られたのではないかと思います。

キャトルカールの関連記事

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅 フランス・ナンシーのお菓子をめぐる旅
  2. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ? 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  3. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille フランス人によるミルフィーユの美しい食べ方かた
  4. パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…? フランスのパン屋ポール PAUL|日本のと違いは…?
  5. フランスのバゲット食べ比べ バゲット食べ比べとおいしいバゲットの見分けかた
  6. フランスのパティシエ国家資格とは フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能!
  7. ストラスブールのクグロフ フランス・アルザス地方のお菓子をめぐる3泊4日の旅
  8. フランスの2017年マルディ・グラはいつ?|クレープを食べる日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  2. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum
  3. フランスLUのビスケット

作りかた

  1. ラスクの作りかた*パンが乾燥したら
  2. シュー生地の作りかた Pâte à choux
  3. ブランデーのフルーツケーキの作りかた

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. タルトタタン誕生の物語
  3. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
朝食用レーズンスコーンの作りかた
  1. フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice des sens
  2. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  3. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ
  4. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  5. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子
  6. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  7. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  8. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  9. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子

Twitter

PAGE TOP