作りかた

タルト生地の基本|パット・サブレの作りかた Pâte sablée

タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

パット・サブレ Pâte sablée とはタルト生地のひとつで、ほかのタルト生地と比べるとさくさくとしていて、生地がもろいのが特徴です。

フランスのパティスリーの基本であるタルト生地であるパット・サブレの作りかたを紹介します。本場フランスの作りかたと材料で説明していきます。

道具

タルト生地の基本パット・サブレを作るのに必要な道具|la pâte sablée

  • スケッパー Coupe – pâte / コルヌ Corne

真ん中の白いものがスケッパー(コルヌ)といいます。生地を切るように混ぜる際に使います。

材料

タルト生地の基本パット・サブレの材料|la pâte sablée

★直径22cmのタルト型1台分

薄力粉 250g 250g de farine T55
グラニュー糖 125g 125g de sucre
バター 150g 150g de beurre
50g(Mサイズの卵1個) 50g d’oeuf

サブレ生地の作りかた

  • 作成時間:11分

0. 材料の重さをすべて量り、準備しておきます。バターは1cm程度の大きさに切っておきます。

1. 作業台の上で、薄力粉とグラニュー糖を混ぜ合わせます。下記の写真のように、くぼみを作ります。

タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

くぼみのことを Puits(井戸)といいます。

2. バターをくぼみに入れます。

タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

3. すべての材料を混ぜていきます。手の指で、バターを粉にザラザラとこするように合わせていきます。

タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

この作業のことをフランス語で Sabler(サブレ)といいます。Sable とは「砂」を意味しているので、砂のようにざらざらに混ぜることさします。

このサブレ Sabler という作業を行うことで、焼いたあとの生地がカリカリとしてざらざらとしたサブレのような食感となります。

粉の白い部分がなくなり、ある程度まとまるまで混ぜます。混ぜすぎると弾力がありすぎる生地になってしまうので、やりすぎには気をつけます。

4. 同じ作業台の上に、3で合わせた生地でくぼみを作り、その中に卵を入れます。スケッパー Coupe – pâte を使い、卵と粉類を合わせていきます。

タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

5. スケッパーを使って、生地を集めてひとかたまりにします。

タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

手のひらを使って、生地を台の上をこすらせます。

タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

この作業のことを Fraiser (フレゼ)といい、生地がなめらかで材料が均一になるようにする働きがあります。

フレゼ Fraiser する前の生地に比べると、なめらかになっているのが分かります。

タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

6. ラップに包み、冷蔵庫で15分〜30分ほど冷やしたら、できあがりです。

生地を伸ばして、タルトを作っていきます。タルトの生地として使用し、余ったものは型抜きして焼いて、サブレとして食べれます。

タルトの基本

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 甘くないタルト生地|パット・ブリゼの作りかた Pâte brisée 甘くないタルト生地|パット・ブリゼの作りかた Pâte bris…
  2. 濃厚なガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage 濃厚なベイクドチーズケーキ|砂糖控えめでチーズが濃い作りかた
  3. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  4. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline a…
  5. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた Tarte amandi…
  6. マンゴーヴェリーヌのレシピ Verrine à la mangue 夏のデザート、マンゴーヴェリーヌの作りかた*Verrine à …
  7. フランスでぜんざいの作りかた フランスでの小豆からぜんざいの作りかた|フランス人の反応は…?
  8. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  2. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  3. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  4. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  5. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  6. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  7. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  8. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  9. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  10. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】

フランス菓子

  1. ミルカ|一番おいしいスーパーで買える濃厚ミルクチョコレート
  2. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  3. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman

作りかた

  1. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  2. シャルロットレシピ
  3. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. マドレーヌの名前の由来
SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  1. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  2. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  3. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  4. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  5. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子
  6. わざわざ行きたい。かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん
  7. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne
  8. フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice des sens
  9. パンデピスのレシピ pain d'epice
PAGE TOP