作りかた

絶品スコーン|カカオ70%チョコレートと手作りオレンジコンフィ

チョコレートスコーンの作りかた

前回、手作りしたオレンジコンフィで何かお菓子を作りたいなぁと思って思いついたのがスコーン。

甘いオレンジコンフィにはカカオの強いブラックチョコレートの相性はばつぐんなので、シンプルなスコーンに練り込みました。今回はカカオ70%のブラックチョコレートをつかいました。

ブラックチョコレートはスーパーでよく見るタイプの板チョコだとあまりカカオ感が強くないので、製菓用のブラックチョコレートかいいメーカーのチョコレートを使うことをおすすめします。おいしさがぜんぜん違います。

市販のものはお菓子に練り込んで火を通すとチョコレートのおいしさが落ちます。

そのスコーンのレシピを紹介します。このレシピも何度も試してこれっていうレシピを作り出した自慢のものです。

関連記事:オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた

スコーン生地が上にふくれて、ばこって割れたらおいしいスコーンの目安です。

スコーンの材料

薄力粉280g280g de farine
冷たいバター60g60g de beurre froid
砂糖40g40g de sucre
たまご1個1oeuf
生クリーム60g60g de crème liquide
ベーキングパウダー12g12g de leuvre chimique
ひとつまみ1 grosse pincée de sel
ブラックチョコレート好きなだけchocolat noir
オレンジコンフィ
(オレンジの砂糖漬け)
好きなだけconfit d'orange

チョコレートは好きなメーカーのもので。おすすめは断然リンツ!

わたしはいつもはミルクチョコ派ですが、オレンジと合わせるならブラックが好きです。オレンジの強い甘味とほろ苦いチョコレートがとても合うのでカカオ70%のチョコレートが合います。特にリンツのチョコレートはフランスでもとても人気です。フランスでもちょっとお高めの高級チョコですがおいしさは間違いなしです。

リンツ(Lindt) タブレットチョコレートエクセレンス・70%カカオ

スコーンを作る前の準備

  • 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて粉をふるう
  • バターは1cm角くらいの大きさに切り、冷蔵庫で冷やす
  • チョコレートとオレンジコンフィは大きめに刻む

オレンジコンフィとチョコレートスコーンの作りかた

  1. 薄力粉にバターを入れ、手で粉とバターをすりあわせるようにし、手早くなじませる
  2. 砂糖と塩を1. に加え混ぜ合わせる
  3. たまごと生クリームを加え、こねていく
  4. 生地がまとまったら、チョコレートとオレンジコンフィを混ぜ合わせる
  5. 3cm程度の厚さに伸ばして、ラップをして冷蔵庫に2時間くらい寝かせる
  6. 丸型の型抜きで抜いて、オーブンで焼く

オーブンの温度目安:170℃、20〜25分

チョコレートスコーン

Bon appétit !! ぜひお試しください。

参考記事:朝食用レーズンスコーンの作りかた*ざくざくした食感の素朴な味にしました

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. タルトタタンの作りかた・レシピ Tarte tatin タルトタタンの作りかた|本格的に生地から作る絶品のレシピ
  2. 生チョコレートタルトの作りかた|フランス流タルト・オ・ショコラ 生チョコタルトの作りかた|フランス流タルト・オ・ショコラ Tar…
  3. さわやかオレンジのパウンドケーキのレシピ*Cake à l’orange fraîche さわやか生オレンジを使ったパウンドケーキの作りかた
  4. ブランデーのフルーツケーキの作りかた ブランデーのドライフルーツ漬けパウンドケーキのレシピ|漬込み期間…
  5. とろけるガトーショコラの作りかた gâteau au chocolat しっとり生のようなガトーショコラの作りかた Gâteau au …
  6. クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基…
  7. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche…
  8. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中 ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬け期間はいつ?実験中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールのプロの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. トロペジェンヌの包装
  2. パリ・ベルティヨンのアイス
  3. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ

作りかた

  1. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges
  2. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  3. 甘くないタルト生地|パット・ブリゼの作りかた Pâte brisée

お菓子の歴史

  1. マドレーヌの名前の由来
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子
  1. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  2. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー
  3. ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest
  4. リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain des Jacobins
  5. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  6. フランスLUのビスケット
  7. トロペジェンヌ
  8. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  9. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum

Twitter

PAGE TOP