パティスリー

今年の美味しいガレットデロワ|デリス・デ・サンス

ガレットデロワ galette des rois
本ページはプロモーションが含まれています。

1月がそろそろ終わりますね。1月はフランスではガレットデロワを食べる習慣があって、本来は1月6日にたべるお菓子なんですが、今では1月いっぱいに食べるお菓子なんです。

ガレットデロワについての詳しい記事は「ガレットデロワ|1月6日に食べるフランスのお菓子」をみてね。

逆に言うと1月にしか店頭に並ばないので、1月中にたくさん食べるんです。わたしが今年食べたガレットデロワを紹介します。

わたしの今年のガレットデロワ

今年のガレットデロワは3枚しか食べれてないです。たったの3枚。

もちろん丸ごと1枚食べた訳じゃなく、ひとカットずつですが。もう少し食べれる予定だったんだけど、彼がダイエットを始めたりとか、レストランに行ったりとかでなかなかガレットデロワを食べる機会がなかったのです。

来年はリヨンのガレットデロワの食べ比べとかやってみたいなぁと。

スーパーマーケットのガレットデロワ

一番最初に食べたのはスーパーマーケット・カジノ Casino のガレットデロワです。12月末に早々に並んでいるのを見かけたので、さっそく買ってみたんです。スーパーのお菓子って結構美味しいんですよね。

6−8人用の直径25cm程度のもので10ユーロ以下くらいのお値段です。

パン屋さんのガレットデロワ

パンを買うタイミングで店頭にガレットデロワが並んでたら、そりゃ買うでしょう。

パイ生地が大きくでこぼこに膨らんだのがパン屋さんのガレットデロワの特徴です。パイ生地部分が多いのでわたしは好きです。

4−6人用の直径20cm程度のもので20ユーロくらいのお値段です。

ガレットデロワ galette des rois

パン屋さんのガレットデロワ

パティスリーのガレットデロワ

最近お気に入りのパティスリーであるデリス・デ・サンス DELICES DES SENS で買ってきました。ちょうど1月6日すぎたくらいの週末に行ったので、ガレットデロワを買い求めるお客さんの行列ができてました。

6-8人用の直径30cm程度の大きさのものでお値段は30ユーロ程度。

まだデリス・デ・サンスは良心的なほうで、高級なパティスリーだともっと小さめサイズで35ユーロくらいします。ガレットデロワって、同じ大きさのほかのタルトなどと比べてもお値段がちょっと高めです。季節商品だからですかね。

ガレットデロワ galette des rois

デリス・デ・サン DELICES DES SENS のガレットデロワ

表面はやっぱりさすがの美しさです。パイ生地がぼこぼこ膨らまず、平らに焼けてる。

ガレットデロワ galette des rois

ガレットデロワ galette des rois

デリス・デ・サンスのガレットデロワは洋梨のコンポートが入ったもので、濃厚なアーモンドクリムに洋梨の爽やかさが加わるので、また違った味わいになります。普通のガレットデロワにフランボワーズや洋梨などのフルーツを加えるのが最近のトレンドなんだそうです。ガレットデロワに飽きてきたら、味を変えるのも良し。

パイ生地部分は薄めで、パン屋さんのように膨らんでいないお上品なタイプのガレットデロワです。もすごく薄いのにサクサクしてやっぱりおいしいです。デリス・デ・サンスはおすすめのパティスリーです。

デリス・デ・サンスの紹介は「デリス・デ・サンス DELICES DES SENS|リヨンの有名パティスリーを紹介」をみてね。

へんてこなフェーブ

左のフェーブってなに?なに?いったいなに?デリス・デ・サンスのオリジナルのフェーブですが、いったいなんなんだか分かんなかった。わけの分からんフェーブっていらない…。

右のはスーパーのもので動物園の動物シリーズでナマケモノです。このくらい分かりやすいものがいいね。

フェーブ

左がデリス・デ・サンス、右がスーパーマーケットのフェーブ

何か分からんフェーブにモヤモヤしているけれど、そろそろガレットデロワの季節も終わりです。

次は、ビューニュの季節で揚げ菓子を食べなければっ。こりゃ冬の間は痩せれないわっ…。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。

関連記事

  1. 赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus 赤いプラリネパンの行列ができるパティスリー|プラリュ Pralu…
  2. タイで見つけたスイーツとお菓子を紹介! タイの伝統菓子から定番と流行のスイーツたち|バンコクを旅して見つ…
  3. これがトップパティシエの実力なのね|SÈVE セーヴ リヨンで一番トップパティシエの実力!|SÈVE セーヴ
  4. フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice des sens フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice de…
  5. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス リヨンのクグロフ|パティスリーDélice des sens デ…
  6. フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケ…
  7. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる フランスで一番大きなタルト・オ・シトロン!
  8. リヨンの中心にあるMOFのいるパン屋さん|Boulangerie Pozzoli リヨンのパン屋さん|MOF取得のブーランジュリー Boulang…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. リヨンのポールボキューズ本店に再来店してきたら最高すぎた
  4. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ
  5. レシピのフランス語講座
  6. お菓子に関するフランス語の本
  7. お菓子のフランス語
  8. 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  9. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest

プロフィール

こんにちは!kico キコです。
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
プロフィールの続きを読む…

フランス語単語

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ

見てほしい♥

フランスのクリスマス フランス人のクリスマスの過ごし方

お菓子

  1. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  2. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  3. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ

たび

昔のパン焼き釜 ノエド Nohèdes 200年前のパン焼き窯*60人の村ノエド Nohèdes

リヨン

  1. リヨン料理を食べるならおすすめしたいレストラン|ビストロ・ド・リヨン
  2. フランス・リヨンのマルシェ
  3. 唯一、奇跡的にチーズケーキだけがおいしい人気のカフェ|Slake Coffee House

レシピ

  1. アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスで作る夜ごはん
  2. フランスで鶏がらからスープを取ってみた!なんでも作るよ|作りかたを紹介
  3. フランスで和食を作る!フランス人にも大好評な白菜みそ炒めの作りかた

おすすめ記事

  1. リヨンでおいしい魚料理を食べるなら|6区のレストラン LA RÉGATE RESTAURANT
  2. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  3. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子

手続き

  1. フランス滞在許可証の1回目の更新|ローヌアルプ地方の場合
  2. ビザ申請〜許可までにかかるお金はどれくらい?*フランスビジタービザ編
  3. 南仏でねこ歩き@人口60人の村
小学生みたいなフランス語計画表作ったよ〜!夏休みの宿題計画*第1弾
  1. リヨンの大人なカフェ|L'institution
  2. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  3. フランスお菓子屋さんで働く Stage スタージュ
  4. タイ・バンコクの夜遊び
  5. ホーチミンの料理教室
PAGE TOP