パティスリー

今年の美味しいガレットデロワ|デリス・デ・サンス

ガレットデロワ galette des rois

1月がそろそろ終わりますね。1月はフランスではガレットデロワを食べる習慣があって、本来は1月6日にたべるお菓子なんですが、今では1月いっぱいに食べるお菓子なんです。

ガレットデロワについての詳しい記事は「ガレットデロワ|1月6日に食べるフランスのお菓子」をみてね。

逆に言うと1月にしか店頭に並ばないので、1月中にたくさん食べるんです。わたしが今年食べたガレットデロワを紹介します。

わたしの今年のガレットデロワ

今年のガレットデロワは3枚しか食べれてないです。たったの3枚。

もちろん丸ごと1枚食べた訳じゃなく、ひとカットずつですが。もう少し食べれる予定だったんだけど、彼がダイエットを始めたりとか、レストランに行ったりとかでなかなかガレットデロワを食べる機会がなかったのです。

来年はリヨンのガレットデロワの食べ比べとかやってみたいなぁと。

スーパーマーケットのガレットデロワ

一番最初に食べたのはスーパーマーケット・カジノ Casino のガレットデロワです。12月末に早々に並んでいるのを見かけたので、さっそく買ってみたんです。スーパーのお菓子って結構美味しいんですよね。

6−8人用の直径25cm程度のもので10ユーロ以下くらいのお値段です。

パン屋さんのガレットデロワ

パンを買うタイミングで店頭にガレットデロワが並んでたら、そりゃ買うでしょう。

パイ生地が大きくでこぼこに膨らんだのがパン屋さんのガレットデロワの特徴です。パイ生地部分が多いのでわたしは好きです。

4−6人用の直径20cm程度のもので20ユーロくらいのお値段です。

ガレットデロワ galette des rois

パン屋さんのガレットデロワ

パティスリーのガレットデロワ

最近お気に入りのパティスリーであるデリス・デ・サンス DELICES DES SENS で買ってきました。ちょうど1月6日すぎたくらいの週末に行ったので、ガレットデロワを買い求めるお客さんの行列ができてました。

6-8人用の直径30cm程度の大きさのものでお値段は30ユーロ程度。

まだデリス・デ・サンスは良心的なほうで、高級なパティスリーだともっと小さめサイズで35ユーロくらいします。ガレットデロワって、同じ大きさのほかのタルトなどと比べてもお値段がちょっと高めです。季節商品だからですかね。

ガレットデロワ galette des rois

デリス・デ・サン DELICES DES SENS のガレットデロワ

表面はやっぱりさすがの美しさです。パイ生地がぼこぼこ膨らまず、平らに焼けてる。

ガレットデロワ galette des rois

ガレットデロワ galette des rois

デリス・デ・サンスのガレットデロワは洋梨のコンポートが入ったもので、濃厚なアーモンドクリムに洋梨の爽やかさが加わるので、また違った味わいになります。普通のガレットデロワにフランボワーズや洋梨などのフルーツを加えるのが最近のトレンドなんだそうです。ガレットデロワに飽きてきたら、味を変えるのも良し。

パイ生地部分は薄めで、パン屋さんのように膨らんでいないお上品なタイプのガレットデロワです。もすごく薄いのにサクサクしてやっぱりおいしいです。デリス・デ・サンスはおすすめのパティスリーです。

デリス・デ・サンスの紹介は「デリス・デ・サンス DELICES DES SENS|リヨンの有名パティスリーを紹介」をみてね。

へんてこなフェーブ

左のフェーブってなに?なに?いったいなに?デリス・デ・サンスのオリジナルのフェーブですが、いったいなんなんだか分かんなかった。わけの分からんフェーブっていらない…。

右のはスーパーのもので動物園の動物シリーズでナマケモノです。このくらい分かりやすいものがいいね。

フェーブ

左がデリス・デ・サンス、右がスーパーマーケットのフェーブ

何か分からんフェーブにモヤモヤしているけれど、そろそろガレットデロワの季節も終わりです。

次は、ビューニュの季節で揚げ菓子を食べなければっ。こりゃ冬の間は痩せれないわっ…。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. リヨンの中心にあるMOFのいるパン屋さん|Boulangerie Pozzoli リヨンのパン屋さん|MOF取得のブーランジュリー Boulang…
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学 ベルナションのチョコレート工場を見学してきた
  3. 赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus 赤いプラリネパンの行列ができるパティスリー|プラリュ Pralu…
  4. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー セバスチャン・ブイエ Sébastien BOUILLET|リヨ…
  5. 世界一おいしいマドレーヌを見つけた!セバスチャンブイエのおやつの…
  6. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  7. 酔っぱらいのクマさん?日本人パティシエのいるお菓子屋さん|L'Ourson qui boit 酔っぱらいのクマさん?日本人パティシエのいるお菓子屋さん|リヨン…
  8. ディジョンのパンデピス Mulot et Petitjean 本場ディジョンのパンデピスを求めて行ってみた!|ミュロ・エ・プチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールのプロの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. トロペジェンヌ
  2. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum
  3. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ

作りかた

  1. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou
  2. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  3. カロリー控えめガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage

お菓子の歴史

  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. リヨンの伝統菓子クッション
ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest
  1. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  2. 赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus
  3. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ
  4. リヨンの伝統菓子クッション
  5. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子
  6. フランス LU ビスケット
  7. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子
  8. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  9. さわやかオレンジのパウンドケーキのレシピ*Cake à l’orange fraîche

Twitter

PAGE TOP