コラム

バゲット食べ比べとおいしいバゲットの見分けかた

フランスのバゲット食べ比べ

わたしが2店、彼が1店のバゲットを買う機会があったので、バゲットの食べ比べをしてみました。

さぁ、どこの店舗がおいしんでしょうか?

 

フランスのバゲット食べ比べ

1店舗目(手前):

家から一番近いブーランジュリー(Boulangerie Fontaine-sur-Saône)

2店舗目(真ん中):

歩いて20分の少し大きめのブーランジュリー(Boulangerie-Pâtisserie Sathonay Camp)

3店舗目(奥):

メゾンカイザー(MAISON KAYSER)

 

 

3店舗にいきなりのビッグネームですが…。

 

 

結果は、

ダントツのおいしさはメゾンカイザーでした!

ほかの2店舗とは明らかに小麦粉の質が違うと思いました。

メゾンカイザーはリヨン市内に3店舗(だったかな)、パリ市内にはたくさん、日本にももちろん進出している大手なんですが、

名前だけでほんとはそこそこなんじゃないのっていう予想を覆してくれるおいしさです。

前にリヨンに滞在した時もメゾンカイザーのバゲットとかを買ってたんですけど、おいしかったんですよね。ほかと比べてみると明らか。

バゲットの材料は小麦粉と水と酵母と塩っていうシンプルなものなので、バゲットをおいしくしようと思ったら、質のいい小麦粉を使うんだと思う。

きっと、カイザー氏がおいしい小麦粉を見つけて使っているんだろうなぁと。さすが、大手。

 

 

メゾンカイザーが近くにあれば、毎日買えるんだけど、そういうわけにはいかないので、わたし的においしいバゲット屋さんの見分けかたを考えました。

 

単純な答えですが、

 

大きいパン屋さん

 

っていうのがわたしの答えです(笑

 

バゲットの材料は、さっきも書いたようにすごくシンプルなものなので、各店舗そんなに大きな差は出ないと思うんです。

大きいパン屋さんはお客さんも当然多いので、回転率が高くって、朝から夕方までバゲットを焼いています。なので、なるべく焼きたてのバゲットを買える確率は高いです。

 

なので、大きなパン屋さんのがおいしいハズなんです。

 

バゲットはやっぱり焼いてあんまり時間の経ってないものが、皮がぱりぱりで中がふんわりしてておいしいと思います。

申し訳ないけれど、小さいパン屋さんは、朝バゲットを焼いてそのまま夕方まで売っていることが多いので、夕方くらいに買うとあんまりおいしくないことが多いんですよね。

 

なので、なるべく大きなパン屋さんでバゲットを買うようにしています。

 

 

ただ…、

食事と一緒に食べるとたいした差はなくなるんですよね。

食べ比べした3種類も食事のときに同時に食べてみたけれど、あんまり差は感じない。やっぱり食事がメインだからかなぁって思います。

どのブーランジュリーのパンも結構おいしいということなのかな。

サンドイッチとかを買うときには、大きいパン屋さんのを選ぶといいんだと思います。

たしかに、おにぎりを食べるときには米のおいしさが気になるけど、食事のときにはあんまり気にしないのと一緒なのかなぁ。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスの2017年マルディ・グラはいつ?|クレープを食べる日
  2. フランスのパティシエ国家資格とは フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能!
  3. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅 フランス・ナンシーのお菓子をめぐる旅
  4. ストラスブールのクグロフ フランス・アルザス地方のお菓子をめぐる3泊4日の旅
  5. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた フランスのパティスリーのお菓子の包装4パターン|かわいい?雑?
  6. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ? 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  7. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille フランス人によるミルフィーユの美しい食べ方かた
  8. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い キャトルカールとパウンドケーキの違いとレシピ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子
  3. フランス LU ビスケット

作りかた

  1. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  2. パンデピスのレシピ pain d'epice
  3. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. マドレーヌの名前の由来
パリのお菓子屋さん
  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ
  3. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  4. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne
  5. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  6. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  7. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  8. ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest

Twitter

PAGE TOP