材料・道具

お菓子とパンにあう!フランスの小麦粉の選びかたのまとめ

フランスの小麦粉の種類

今回は、フランスの小麦粉と粉類について紹介します。

フランスの小麦粉も日本のと表示が違うので選ぶのが難しかったりします。フランスの小麦粉はパンのなかでもヴィノワズリーやバゲット、カンパーニュなど、お菓子を作るのに適した小麦粉があります。それぞれの使い方にあった小麦粉を選びましょう。

フランスの小麦粉の種類

フランス語で小麦粉は Farine blé といい、通常 Farine だけでも小麦粉を指すことができます。でも、本来は Farine は穀物の粉のことを指して、小麦、大麦、とうもろこし、そば、大豆、米などの粉のことです。

フランスの小麦粉は灰分率抽出率によって種類が異なります。

マニアックな話になってしまいますが、灰分率と抽出率について説明します。

お菓子を作る方は小麦粉の灰分率って聞くこともあるかもしれませんが、灰分率とは100gの小麦粉を焼いた(900℃で1時間半!)あとに残る灰の量の割合のことです。つまり、ミネラル分の量のことで、この割合が高いほどミネラルが多いと言えます。逆に、割合が低いとより白く純粋な小麦粉になります。

また、抽出率とは、小麦の粒を挽いた後に得られる小麦粉の量の割合です。挽く前の小麦には殻や皮などがついていますので、それらをどのくらい取り除くかということです。抽出率が高ければ高いほど全粒粉に近くなり、栄養価が高くなりますが、食べた時の舌触りは悪くなります。

通常の質の小麦粉100kgを抽出すると75kgが使える部分となり、その抽出率は75%です。抽出率75%が一般的な割合です。

小麦粉の種類の違いによる使いかたを紹介します。

小麦粉のタイプ(Type de farine)は袋に必ず表記されています。

小麦粉のタイプ 灰分率 抽出率 使用例
T45 0.50%以下 67% クロワッサン・ブリオッシュなどのヴィノワズリー
T55 0.50%~0.60% 75% タルト・パイ生地、バゲット生地
T65 0.60%~0.75% 78% ビスケット生地、パン生地、ピザ生地、フガス
T80 0.75%~0.9% 80%~85% カンパーニュ生地
T110 1%~1.20% 85%~90% パン生地(demi-complet*)
T150 1.40%以上 90%~98% パン生地(complet*)
T45/T55  –  – ヴィノワズリ・クロワッサン生地に使われる上質小麦粉

*complet とはパンのことで、ブラウンブレッドに近いようなパンで、中身は白くなく、茶色といった色です。全粒粉パンに近い感じです。

ざっくりいうと、T45 はバター入りのパン(ヴィノワズリー)T55 はお菓子生地T65以上はパン生地で使用するということです。

タルト生地はT55の小麦粉が最適で、T45だとタルト生地にするには、コシが強すぎて弾力性がありすぎるためです。

とはいえ、今では「お菓子用」「パン用」「ビザ生地用」といったように用途に適した名前がつけられた商品が販売されていたりもしますので、それを利用するといいですね。

そのほかの粉類

フランスの小麦粉の種類

小麦以外の粉類もフランスのスーパーには置かれています。

Farine de sarrasin

ソバ(serraine)粉のことで、クレープやガレット生地に使います。

Farine de seigle

ライ麦(seigle)粉のことで、パンデピスやブリニ(blini)、ゴーフレットに使います。ブリニとは小さくて丸いパンケーキのような形で、サーモンやキャビアをのせて食べるものです。

Farine de maïs

とうもろこし(maïs)の粉。ビスケットやソースなどのとろみを付けるのに使います。でんぷん質です。Maïzena という商品名のものが有名です。

Farine de pomme de terre

じゃがいも(pomme de terre)の粉、つまり片栗粉のことです。でんぷんなので、ビスケットやソースのとろみをつけるのに使います。Fécule de pomme de terre ともいい、fécule はでんぷんのことです。

和食を作る場合に片栗粉を使いたい場合には、じゃがいもの粉を使います。

Farine de riz

米(riz)粉のこと。ソースやクリームのとろみ付け、砂糖細工にも使われます。グルテンフリーだし、BIOの商品として販売されていることが多いです。

フランス産の小麦粉は日本でも買えます。(Amazon)フランスの力強い小麦粉を味わいたい方はぜひお試しください。

フランス産小麦100%使用薄力粉 エクリチュール 1kg

日本産の小麦粉で力強い粉のうまみを味わいたい方は、北海道産の小麦粉クーヘンがおすすめです。

クーヘン (薄力粉) 2.5kg

発酵バターとこのクーヘンで焼き菓子を作ると最高のおいしさです。マジで、これは。

今回はフランスの小麦粉と粉類について紹介しました。フランスで小麦粉と選ぶ際にはぜひ参考にしてくださいね。

おすすめ関連記事♥



 

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスのバターの種類 フランスのバターの基礎知識
  2. カカオ豆はたったの3種類!希少すぎるクリオロ種ってなに? カカオ豆はたったの3種類!希少すぎるクリオロ種ってなに?
  3. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型 パウンドケーキおすすめの型マトファー社ケイクドロワ|実力よりおい…
  4. カカオ豆からチョコレートができるまでの製造行程 カカオ豆からチョコレートができるまでの長ーい製造工程
  5. プロも使ってる!フランスにあるお菓子道具専門店|パリ・リヨン編 プロも使ってる!フランスにあるお菓子道具専門店|パリ・リヨン編
  6. もう迷わない!お菓子作りに使えるフランスのたまごのサイズと選び方 もう迷わない!お菓子作りに使えるフランスのたまごのサイズと選び方…
  7. フランスの砂糖の種類と使い方 フランスの砂糖|甜菜から作るヴェルジョワーズとは?
  8. フランスの牛乳の種類 フランスの牛乳はなんで常温なのか?ギモンを解消!

コメント

    • こまり
    • 2017年 11月 13日

    素晴らしいですねー!読んでいてすごく勉強になります!!粉ってお菓子作りにすごく大事ですよね、でも上質な粉を手軽にパリでどこで買えるのか。色々と試してみたいです。。美味しい粉と アーモンドプードルで ケークを作りたくて!アルザスで食べたpatisserie NAEGEL のフルーツケークがわすれられなくて、きっと粉や材料もすごくこだわってるんだろうなぁと思いました(^ ^)

    • kico
    • 2017年 11月 14日

    こまりさん、こんにちは。

    そうですよね、粉って大事ですよね。スーパーにはもちろんフランス産の小麦粉は売っているんですけど、可もなく不可もなくなんですよね。美味しいパティスリーがどの小麦粉を使っているのか気になりますねー。kico

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  2. きょうのおやつ*ムースリーヌ
  3. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子

作りかた

  1. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト
  2. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges
  3. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou

お菓子の歴史

  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. マドレーヌの名前の由来
パンデピス博物館
  1. パンデピスのレシピ pain d'epice
  2. いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!
  3. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  4. リヨンの伝統菓子クッション
  5. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー
  6. オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた
  7. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  8. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  9. ディジョンのパンデピス Mulot et Petitjean

Twitter

PAGE TOP