チョコレート

カカオ豆はたったの3種類!希少すぎるクリオロ種ってなに?

カカオ豆はたったの3種類!希少すぎるクリオロ種ってなに?

普段食べているチョコレートはカカオからできていますが、そのカカオ豆はいくつかの品種に分かれていることをご存知でしょうか。

カカオの風味や香りは、カカオの樹の種類や栽培地域、発酵方法によって異なります。基本的には、クリオロ種・フォラステロ種・トリニタリオ種という3種類に分けられます。

カカオ豆が育つ条件と産地の違いによるチョコレートの特徴については、「カカオ豆の産地とその違いによるチョコレートの特徴」をご覧ください。

今回は、その3種類のカカオ豆の特徴とその違いを説明していきます。




クリオロ種(Criollo)

カカオ豆はたったの3種類!希少すぎるクリオロ種ってなに?

クリオロ Criollo とはスペイン語で「自国のもの」「その土地生まれ」という意味があります。原産地は南米のアマゾン川上流といわれていますが、メキシコ・グアテマラ・ホンジュラス・ベリーズあたりの中米地域で栽培されていたという記録が残っています。

病害に対する抵抗力がとても弱く、栽培するのが困難で現在では絶滅に瀕しており、幻のカカオといわれています。生産量は全体の3%以下と非常に希少なカカオの品種です。

クリオロ種のカカオ豆の形は細長くふっくらとしていて、白・黄紫色をしています。香りは繊細でフルーティーな香りがして、苦みが少なくマイルドな味わいがします。

希少なカカオ豆ですが今では、ベネズエラ・メキシコの中米地域やアジアの一部で生産されています。

↓日本ではAmazonで購入することができます。

【ROYCE’】 ロイズ クリオロチョコレート 3種詰合せ /[ビター][スイート][ミルク]各8枚/計24枚

気になる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。




フォラステロ種(Forastero)

カカオ豆はたったの3種類!希少すぎるクリオロ種ってなに?

フォラステロ  Forastero とは、スペイン語で「よその土地の」「よそ者」という意味があります。原産地は南米のアマゾン川上流地域やベネズエラのオリノコ川流域といわれています。

生長がはやく、病気や害虫への抵抗力が強いので栽培がしやすい品種です。

フォラステロ種のカカオ豆はやや小粒で丸く、濃い褐色をしています。はっきりとした刺激的な香りがして、渋みと苦みが強くコクのある味わいがします。

世界での生産量は85%を占めていて、ベースビーンズとして用いられています。主に、西アフリカ一帯やブラジル、エクアドルで生産されています。

アリバ種 Arriba / ナシオナル種 Nacional

フォラステロの派生種として、アリバ種 Arriba(または、ナシオナル種 Nacional )と呼ばれるものもあります。アリバとは現地の言葉で「川の上流」という意味です。

アリバ種とはフォラステロ種の一種ですが、エクアドルのみに生息する固有種です。ジャスミンのような甘い花のような香りをもち、ナッツのような苦みがあります。

アリバ種は生産地が限られているかなり希少なカカオ豆です。

↓こちらも希少ですが、日本ではAmazonで購入可能です。エクアドル産アリバ種のカカオでつくったクーヴェルチュールチョコレートです。

DOMORI [冷蔵便] ク―ベルチュール アリバ・ナシオナル 75% 500g

トリニタリオ種(Trinitario)

カカオ豆はたったの3種類!希少すぎるクリオロ種ってなに?

トリニタリオ種 Trinitario とは、クリオロ種とフォラステロ種の交配でできた品種のことです。カリブ海のトリニダード島(スペイン語:Trinidad)で生まれたことからトリニタリオと名前がつけられました。

クリオロ種とフォラステロ種の中間的な性質をもっていて、栽培しやすく質が良いのが特徴です。豆の形や色、香りや味わいもさまざまで、繊細でねっとりとしています。

世界での生産量は10〜15%程度で、コートジボワール、ガーナ、ナイジェリア、カメルーン、スリランカなどのアフリカ地域、インドネシア、パプアニューギニアなどのアジア、ブラジルなどで生産されています。

チョコレートソムリエ資格取得講座

カカオ豆は以上の3つの種類あり、さらにそれぞれの産地や発酵方法などで味わいや香りが異なってきます。メーカーやショコラトリーがそれぞれの特徴をふまえた上で、カカオ豆をブレンドすることでチョコレートの味が異なってきます。

今回は、カカオ豆の3つの品種を紹介しました。カカオ豆の種類を知ることでチョコレート選びが楽しくなるかもしれません。ぜひ、参考にしてみてください。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスの小麦粉の種類 お菓子とパンにあう!フランスの小麦粉の選びかたのまとめ
  2. カカオ豆からチョコレートができるまでの製造行程 カカオ豆からチョコレートができるまでの長ーい製造工程
  3. フランスの砂糖の種類と使い方 フランスの砂糖|甜菜から作るヴェルジョワーズとは?
  4. フランスの牛乳の種類 フランスの牛乳はなんで常温なのか?ギモンを解消!
  5. もう迷わない!お菓子作りに使えるフランスのたまごのサイズと選び方 もう迷わない!お菓子作りに使えるフランスのたまごのサイズと選び方…
  6. フランスのクリームの種類 知ってる?今さら聞けないフランスのクリームの種類7つ
  7. カカオ豆の「産地」とその違いによるチョコレートの「特徴」 カカオ豆の「産地」とその違いによるチョコレートの「特徴」
  8. フランスのバターの種類 フランスのバターの基礎知識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  2. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  3. フランス語で「香港のデモ」に関するニュースを読んでみる[RFI:Forte mobilisation à Hong Kong] フランス語
  4. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  5. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  6. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  7. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  8. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  9. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  10. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  2. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  3. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子

作りかた

  1. クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  2. フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère
  3. タルトタタンの作りかた・レシピ Tarte tatin

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子
  1. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  2. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  3. トロペジェンヌ
  4. パリのお菓子屋さん
  5. フランス・アルザス地方のクグロフ
  6. ディジョンのパンデピス Mulot et Petitjean
  7. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  8. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum
  9. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス

Twitter

PAGE TOP