レシピ

パラパラなチャーハンが簡単に作れるコツ2つ

先日、チャーハンを作ったら意外にもフランス人彼にも好評でした。単純な料理ですが、ニンニクや醤油を加えていると味が複雑になっておいしいんだそうです。チャーハンは我が家の定番メニューになりそうです。

今回はパラパラなチャーハンが簡単に作れるコツを紹介します。簡単すぎて紹介するのも恥ずかしいくらいですが…。日本米を使う場合とフランスでよく見る長米を使う場合の2つです。

日本米の場合

日本で食べる米の場合、炊飯器でごはんを炊きますよね。そのとき、水と一緒に米3合に対してサラダ油を大さじ1加えます。あとは普通に炊くだけで、炒めるときに米がパラパラになっていきます。

普通に水だけで炊いた米は粘っていて炒めているときに米をパラパラにするのは難しいのですが、今回のは油を加えているので米同士がくっつきにくくなります。あとはいつもの要領でチャーハンを作るだけです。

これは調理師学校時代に中華担当の先生が教えてくれたものです。中華料理の有名店でもやっている方法なんだそうです。

長米の場合

フランスではお米はゆでるんです。これを最初に知った時はかなりの衝撃でした。

フランスの米

長米 Le BASMATI

パスタのようにたっぷりのお湯で11分ほどゆでます。長米はもともと粘りは少ないのですが、ゆでると米の粘りはなく米同士がくっつかなくなります。

このゆでた米を炒めると全くくっつかなくパラパラなチャーハンができます。チャーハンはいつもの作りかたで大丈夫です。

フランス人の中には米を炊いた粘りでおなかが重くなるのであんまり好きじゃない人もいるようです。長米をゆでる方法でチャーハンを作るとかなり好評でした。

どちらの方法もかなり簡単なので、ぜひチャーハンを作る際には試してみてください。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. トマトファルシのレシピ recette tomates farcies トマトファルシのレシピ*Tomates farcies【フランス…
  2. 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう
  3. フランスの料理レシピ検索サイト フランス生活初心者へおすすめ!料理レシピ検索サイト
  4. 簡単で豪華!サーモンソテーがおいしくなる焼きかたのコツ いつものサーモンソテーがさらにおいしくなる!上手に焼くコツ
  5. フランス流ローストチキンのレシピ|オーブンで焼くだけ簡単! 鶏丸ごと!ローストチキン|オーブンで焼くだけ簡単にできるレシピ
  6. アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスで作る夜ごはん アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスの家庭料理
  7. 手抜き料理!野菜たっぷりでボリューム満点なトマトパスタの作りかた 手抜き料理!野菜たっぷりでボリューム満点なトマトパスタの作りかた…
  8. フランスで和食を作る!フランス人にも大好評な白菜みそ炒めの作りかた フランスで和食を作る!フランス人にも大好評な白菜みそ炒めの作りか…

コメント

    • Manon
    • 2016年 11月 21日

    初めてコメントさせていただきます。
    いつもこちらのブログ楽しみにしています。
    時々参考にさせてもらったいます。
    私もフランス在住です。
    パラパラチャーハンの記事を拝見して、早速お米を買って作りました。
    私は、カレーチャーハンにしてみました。
    全然べかべちゃにならず、パラパラになって美味しかったです。彼にも好評でした。
    この後、カレーチャーハンオムライスも作りました。これも美味しかったです。
    またこれからもブログ楽しみにしています。
    ありがとうございました。

    • Manonさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます!
      またいつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
      カレーチャーハン、おいしそうですね。わたしもやってみたいと思います。
      こちらこそ、これからもよろしくお願いします!kico

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランス・アルザス地方のクグロフ
  2. プラリネってなに? Praline
  3. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy

作りかた

  1. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou
  2. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  3. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. タルトタタン誕生の物語
パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  1. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  2. フランス・アルザス地方のクグロフ
  3. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  4. ガレットデロワ galette des rois
  5. フランスのバゲット食べ比べ
  6. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  7. リヨンのチョコレート ベルナション bernachon
  8. フランス LU ビスケット
  9. いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!

Twitter

PAGE TOP