材料・道具

パウンドケーキおすすめの型マトファー社ケイクドロワ|実力よりおいしく焼けるよ!

パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型

わたしがお菓子の型のマニアで結構たくさんの型を持っています。その中でもパウンドケーキを焼くときに必ず使っている型があって、きれいにこんがりと焼きあがります。

それは、フランスのマトファ Matfer というメーカーが作っているパウンドケーキ型です。

今回は、その型を使うおすすめポイントを紹介したいと思います。

マトファ社のパウンドケーキの型

お菓子を作る方でしたら、ご存知のフランスのメーカー Matfer マトファ社の型がおすすめなんです。このメーカーの型はフランスで最も有名でお菓子屋さんでは必ず使っているといってもいいほど。つまりプロ仕様の型なんです。

パウンドケーキ型だけでなく、マドレーヌ型やタルト型などさまざまなお菓子の型を造っています。

一般的なパウンドケーキ型もあるのですが、わたしがおすすめしたいのはケイクドロワ型です。

おすすめするポイント

わたしがそのケイクドロワ型がなぜおすすめなのかポイントを紹介します。

型の高さがある

普通のパウンドケーキ型よりも高さがあります。普通のパウンド型よりも1cm以上高くなっています。

長さ16cmの型(マトファ)で高さ比較
  • 一般的なパウンドケーキ型:60mm
  • ケイクドロワ型:75mm

ですので、高さのあるこんもりとしたパウンドケーキが焼き上がるんです。

パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型

マトファー社ケイクドロワ型で焼いたパウンドケーキ

一般的なパウンドケーキの断面は横に広がったタイプが多いのですが、ケイクドロワ型だと縦に長い断面になります。縦長だと形がかわいいなぁって思います。

熱伝導がよい

しかも、マトファー社の特徴である直線や角の角度が鋭くて、焼き上がりのお菓子の外側のラインが美しいんです。パウンドケーキの側面にしっかりと角が付いています。

熱伝導が良いため、パウンドケーキの側面もこんがりとした焼き色がつきます。

ちなみに、この写真のパウンドケーキはベーキングパウダーを使っていません。膨張剤を使っていなくても生地が膨らんでいるのは熱伝導のよい型だからこそです。

参考記事:パウンドケーキのレシピ|しっとりきめ細かい生地になる作りかた

知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い

マトファー社ケイクドロワ型で焼いたパウンドケーキ

焼き菓子を上手においしく焼くためには、混ぜ方が重要ですが、実は型も重要なんです。型が良いと普通に作った生地でも、自分の実力以上に上手に焼くことができるんです。

型離れがいい

パウンドケーキを焼く際にはバターを塗ったり、紙を敷く必要があります。バターを塗る場合は、型によっては型離れが悪く型から外れないことがあるのですが、マトファー社の型は軽くバターを塗るだけで簡単に型離れができるんです。

ちなみに、使った型は水で洗わずに軽く布で拭くだけで大丈夫です。型離れがいいため、さほど生地が型に残らないので扱いやすいです。わたしがお菓子屋さんで研修していた時も同様に洗わずに保管していました。

パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型

マトファー社ケイクドロワ型(16cm)で焼いたパウンドケーキ

わたしはこのケークドロワ型を以前フランスで買って、日本に持ち帰って使って、また今回フランスに持ってきてしまいました。一度、この型を使い始めると離せなくなるし、使えば使うほど型に油がなじんで型離れもいいんです。もうずっと手放せない!

ちょっと他の型よりも値段は高めですが、一生使える型ですのでもっていても損はないはずです。

Matferケーキドロワ16cm

  • サイズ:(上部)縦170×横86×高さ75(mm) 、(底部)縦150×横68(mm)
  • 容量:約800ml
  • 原産国名:フランス

パウンドケーキがイマイチきれいに焼けないっていう方やさらにおいしく焼いてみたいという方にはおすすめの型です。ぜひ使ってみてください。

参考記事:ブランデーのドライフルーツ漬けパウンドケーキのレシピ|漬込み期間でおいしさ比較中

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスのバターの種類 フランスのバターの基礎知識
  2. カカオ豆の「産地」とその違いによるチョコレートの「特徴」 カカオ豆の「産地」とその違いによるチョコレートの「特徴」
  3. フランスの牛乳の種類 フランスの牛乳はなんで常温なのか?ギモンを解消!
  4. フランスのクリームの種類 知ってる?今さら聞けないフランスのクリームの種類7つ
  5. カカオ豆からチョコレートができるまでの製造行程 カカオ豆からチョコレートができるまでの長ーい製造工程
  6. もう迷わない!お菓子作りに使えるフランスのたまごのサイズと選び方 もう迷わない!お菓子作りに使えるフランスのたまごのサイズと選び方…
  7. カカオ豆はたったの3種類!希少すぎるクリオロ種ってなに? カカオ豆はたったの3種類!希少すぎるクリオロ種ってなに?
  8. フランスの砂糖の種類と使い方 フランスの砂糖|甜菜から作るヴェルジョワーズとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランス LU ビスケット
  2. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  3. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い

作りかた

  1. ラスクの作りかた*パンが乾燥したら
  2. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges
  3. ベーキングパウダー不使用!ふわふわになるキャトルカールの作りかた

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. タルトタタン誕生の物語
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  1. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy
  2. リヨンの中心にあるMOFのいるパン屋さん|Boulangerie Pozzoli
  3. パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…?
  4. チョコレートスコーンの作りかた
  5. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  6. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ
  7. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ

Twitter

PAGE TOP