フランス

のんびりな町を一周_南仏の小さな温泉の町を旅する*Lamalou-les-bain

南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain

まずは、観光案内所。フランスにはどんな小さな町でも必ずある。パリではあんまり利用しないけど、日本のガイドブックに載っていない町ではかなり活躍してくれる。さすが観光大国!

南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain

office de tourisme 観光案内所

南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain

St-Pierre St-Paul

この教会 St-Pierre Pt-Paul は、今あるのは1933年に建てられた新しいもの。
1893年に建てられた最初の教会は木でできていたけど、1930年の火事で焼失してしまったそうです。その跡地にこの教会を新しく建てたそうです。ネオ・ゴシック様式で、塔は45メートルの高さがあるそうです。この町でいちばんの高さ。

南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain

内部は、トゥーロンのガラス職人によって作られた22枚のステンドグラスで飾られています。

南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain

カジノの隣に立派な市役所。建物には、フランスのスローガンが書かれています。
Liberté; Égarité; Fraternité 自由、平等、友愛

フランス国旗の色は青・白・赤の三色です。通称、トリコロール Tricolore:三色の意 と呼ばれていて、この三色はフランス革命時にスローガンとして掲げられた「自由・平等・博愛」を象徴する色です。

赤と青は1789年7月15日、国民軍司令官ラファイエットのフランス革命軍が帽子に付けた帽章の色に由来しています。国旗の色はそれぞれ青=矢車草(矢車菊)、白=マーガレット、赤=ヒナゲシの花で表現さるそうです。

現在のフランスのスローガンもそのときのままです。200年以上前のフランス革命はフランス人に取って自由を勝ち取った記念すべき日なんでしょうね。

ちなみに、日本はこのスローガン的なものがありません。

南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain

Marie 市役所

フランスにはたくさんの自治体(30,000以上)があって、その自治体によって市役所の建物に個性があっておもしろいですよ。やっぱり町のいちばん立派な建物を市役所にしているみたいです。

こちらは昔の市役所。ちょっと離れたのどかな場所にあります。

南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain

Marie 昔の市役所

この町の名前、Lamalou-les-bain のles bain は「入浴」という意味です。水やお湯が湧く町はこの名前にしていることがあります。
ミネラルウォーターで有名なエヴィアンも Évian-les-Bains もそうだし、Vichy ヴィッシーはles bainはついてないけど温泉保養地だったりします。

ラマローの温泉施設も有名で、大きな温泉保養施設があります。

南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain

Thermes 温泉治療

主に治療をする温泉施設で、茶色で少し熱めの温泉の中で体を動かしたりして治療するんだそうです。3週間のプログラムがしっかり組まれているので、ほとんどの人がレジデンスを借りて滞在しています。南フランスなのでふつうにバカンスで滞在している人も多くて、町中のあちこちにレジデンスがあるんです。夏の間いる人たちはほとんどが観光客か治療で来た人たちばかりです。

南フランスっていう気候のせいか、治療に来ている人たちも明るくて陽気な雰囲気です。治療っていっても温泉だし、1日2時間くらいだそうで、ほぼバカンスみたい(笑

だから小さな町だけど、薬局は2店舗もある。フランスの薬局はたいてい同じデザイン。

南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain

Pharmacie 薬局

この日、午前中で30℃!そのあと34℃まで上がりました。やっぱり南に来ると日差しの強さがハンパなく強い。リヨンの太陽の比じゃないくらい。

ちょっと大きな通りから外れると、自然たっぷり。
南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain

案内板に jardin japonais 日本庭園 って書いてあったので、行ってみると…。

南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain

la maison du soleil

漢字で「太陽の家」って。なんで?その家の前には日本庭園。

南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain

jardin japonais

どのあたりが日本なんだろうか?ギモンな庭。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 南フランスでのバカンスの過ごし方 遊ぶのが忙しい南フランスでのバカンスの過ごし方
  2. フランス流チーズフォンデュの正しい食べかた|フォンデュ・サヴォヤード フランス流チーズフォンデュの正しい食べかた|フォンデュ・サヴォヤ…
  3. フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France 悪魔の橋!フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, L…
  4. ベジエでおいしい料理が食べるなら|レストラン l'Ambassade アンバサッド ベジエでおいしい料理が食べるなら|レストラン l’A…
  5. 南フランスのヌーディストビーチに行ってみた件 清楚系?女子が南フランスのヌーディストビーチに行ってみた
  6. シャンゼリゼのマルシェ・ド・ノエル パリのシャンゼリゼのマルシェ・ド・ノエル
  7. ストラスブールのクグロフ フランス・アルザス地方のお菓子たち
  8. かわいい!ストラスブールの看板たち【食べもの屋さん編】 かわいい!ストラスブールの看板たち【食べもの屋さん編】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  2. リヨン名物のピンクプラリネのアイス
  3. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン

作りかた

  1. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  2. 濃厚なガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage
  3. タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. タルトタタン誕生の物語
トロペジェンヌ
  1. フランスのバゲット食べ比べ
  2. リヨンのチョコレート ベルナション bernachon
  3. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子
  4. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  5. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ
  6. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  7. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  8. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト

Twitter

PAGE TOP