作りかた

クリスマスのシナモンサブレの作りかた|フランス大使館のレシピをアレンジ!

シナモンのクリスマスサブレの作りかた

今回は、クリスマスの定番、シナモンのサブレの作りかたを紹介します。

Twitterで流れてきたフランス大使館のパティシエのレシピをアレンジして作ってみました。

フランス大使館のレシピはこちら↓

シナモンサブレの材料

長さ4cm程度のクッキー型のサブレが100枚くらい作れるレシピです。卵1個に対しての分量だとこれが作りやすいです。クリスマス期間中にたくさん作って用意してはいかがでしょうか。

バター 200g 200g de beurre
赤砂糖 180g 180g de sucre cassonade
ひとつまみ 1 pincée de sel
シナモン 10g 10g de cannelle
牛乳 20g 20g de lait
1個 1 oeuf
小麦粉 400g 400g de farine ( T55 )

元のレシピだとかなり甘めのサブレになるので、砂糖をだいぶ減らしました。大使館のレシピでは260gの砂糖をつかっていますが、これだとかなり甘くなります。

塩も2gも入れるとかなり塩っぱくなりますので、ひとつまみ程度にしておくほうが無難です。

シナモンサブレの作りかた

フランス大使館の作りかたではシュクレ生地の作りかたで作っているのですが、今回はサブレ生地の作りかたで作っていきます。

サブレ生地とシュクレ生地の違いと作りかたについてはこちらをご覧ください。

ボウルに粉類(小麦粉・砂糖・塩・シナモン)を入れます。

シナモンのクリスマスサブレの作りかた

軽く混ぜ合わせます。

シナモンのクリスマスサブレの作りかた

バターを加えます。手の指をつかって、バターを粉にザラザラとこするように合わせていきます。

この作業のことをフランス語で Sabler(サブレ)といいます。Sable とは「砂」を意味しているので、砂のようにざらざらに混ぜることさします。このサブレ Sabler という作業を行うことで、焼いたあとの生地がカリカリとしてざらざらとしたサブレのような食感となります。

今回はキッチンエイドのミキサーをつかって混ぜています。手でもミキサーでもどちらでも作ることができます。

シナモンのクリスマスサブレの作りかた

卵を加え、切るように混ぜ合わせます。ポロポロの生地ができたら完成です。生地をひとまとめにして、ラップに包み、冷蔵庫で15〜30分ほど冷やします。

シナモンのクリスマスサブレの作りかた

オーブンを175℃に予熱しはじめます。

生地を2〜3ミリに伸ばし、好きなクッキー型で型抜きします。

シナモンのクリスマスサブレの作りかた

175℃のオーブン11分〜14分程度焼きます。

シナモンのクリスマスサブレの作りかた

できあがりです。シナモンの香りが焼いているあいだから漂って、かなりおいしそうです。

クリスマス期間中に作ったら、みんなにかなり好評でした。市販のシナモンサブレもおいしいですが、手作りだとさらにおいしくできますよ。

今回は、「フランス大使館のレシピをアレンジ!クリスマスのシナモンサブレの作りかた」を紹介しました。ぜひ、クリスマスだけでなく、冬の間に作ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事



 

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 固めが好き!材料3つだけの焼きカラメルプリンの作りかた 固めが好き!材料3つだけの焼きカラメルプリンの作りかた
  2. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Pari…
  3. フォンダン・オ・ショコラのレシピ フランスのガトーショコラの作りかた|プロの味で30分でできあがり…
  4. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 タルト生地は3種類の「特徴」と「使いわけ」かた
  5. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  6. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée タルト生地の基本|パット・サブレの作りかた Pâte sablé…
  7. プレゼントに最適!くまの型抜きクッキーの作りかた*Recette de Sablé ラガーマン!?だっこくまクッキーの作りかた
  8. ババロアの作りかた La crème bavaroise フランス菓子の基本|クレーム・アングレーズの作りかた Crème…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールのプロの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  3. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン

作りかた

  1. フォンダン・オ・ショコラのレシピ
  2. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  3. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた

お菓子の歴史

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  1. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた
  2. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  3. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト
  4. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  5. フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ
  6. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子
  7. 朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  8. フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?
  9. これがトップパティシエの実力なのね|SÈVE セーヴ

Twitter

PAGE TOP