作りかた

オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた

オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた

オレンジコンフィを手作りで作りました。

オレンジを使ったお菓子作りにハマっていたときに、オレンジコンフィから手作りしてて、そのときのレシピです。

オレンジコンフィとはオレンジの砂糖煮(砂糖漬け)のことです。焼き菓子に入ってたり、オランジェット(オレンジコンフィとチョコレート)などで使われるお菓子の材料です。

これって手作りもできるんですよね。作るのに時間はかかるのですが、ただ煮て冷ますの繰り返しですので、意外に簡単に作れてしまいます。

ただ、手作りで作るとすごくおいしい!お店に売っている物よりも数倍美味しいです。オレンジを3日間かけて煮詰めていくので、味も濃厚になります。

ぜひ、手作りのオレンジコンフィに挑戦してみてはいかがでしょうか。

オレンジコンフィの材料

オレンジ好きなだけ(鍋におさまる程度)
砂糖オレンジの90%の重さ
レモン汁大さじ2

準備するもの

  • 鍋(深さがあり蓋のあるもの)
  • つまようじ
  • ザル
  • ボウル
  • 保存用の瓶(ふた付き)

保存用の瓶は大きめの500mlサイズがあると便利です。

WECK Mold Shape ガラスキャニスター 500ml

オレンジコンフィの作りかた

1. オレンジの表面をよく水で洗う。丸ごとのオレンジの表面に爪楊枝で数十回くらい穴をあける。オレンジの皮にしっかりと砂糖がしみわたるために穴をあけます。

2. オレンジを深鍋に入れ、オレンジが浸るほどの水を加え、火にかける。沸騰したらお湯を捨てる。

3. 水を再び加え、15分ほど煮る。

4. 15分煮たら、オレンジを取り出し、冷水に浸ける。そのまま1日以上浸したままにする。夏場は冷蔵庫に入れてください。

5. 1日以上浸したら、オレンジを取り出し、輪切りに切る。

6. 深鍋に切ったオレンジと砂糖(砂糖の90%の量)を加え、弱火にかける。

オレンジコンフィ

7. オレンジと砂糖を鍋にいれたまま沸騰させます。沸騰したら火を止め、そのまま鍋ごと冷まします。

8. 鍋が冷めたら、オレンジだけ取り出しザルに入れておく、煮汁のみを煮詰めます。10分ほど煮汁を煮詰める。

9. すぐにオレンジを鍋に戻し、弱火で10分ほど煮る。火を止め、鍋ごと完全に冷ます。

10. 上記の手順⑦⑧⑨を4回繰り返す

はじめは煮汁の色が透明に近い色ですが、煮詰めるのを来る返すと徐々に色が濃くなっていきます。

オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた

オレンジを煮詰める最初の頃の煮汁の色

 

オレンジコンフィ

徐々に褐色と色づいてきます。

煮汁も次第に少なくなってきて、とろみがついてきます。

オレンジコンフィ

このくらい濃い褐色になるまで煮詰めます

煮汁がどろっとしていなかいと感じたら、煮詰める回数を増やしてもかまいません。

11. 最後にレモン汁を加え、5分ほど煮たらできあがりです。

オレンジコンフィ

このくらいの濃い褐色になればOKです。どろっととろみがあって重みがあります。

オレンジに光沢がでて、煮汁がどろっと煮詰まればできあがりです。

オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた

オレンジにつやが出ています

オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた

完成です!

保存方法

オレンジコンフィは砂糖を大量に使っているため、長期間保存できます。

  • 鍋に水を入れ、沸騰させる。
  • 沸騰させたお湯の中に、瓶と蓋を入れ10分煮る。
  • 瓶と蓋を取り出し、水分を切ります。
  • オレンジコンフィと煮汁を加え、蓋をする。
オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた

瓶詰め

まとめ

熱して冷ますということを繰り返して、オレンジに徐々に砂糖液を浸透させていきます。オレンジの重さとほぼ同じ量の砂糖(90%)も使うので、少しずつ煮詰めていかないとオレンジにしみ込まないんです。

市販のオレンジコンフィは固かったりするんですが、手作りのものは皮も柔らかく食べれます。しかも、手間はかかるんですが、安くできるのもいいですよね。

パウンドケーキやスコーンに練り込んで作るとほんとにおいしいですのでおすすめです。

ぜひ、時間のあるときに試してみてください!

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中 ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬け期間はいつ?実験中…
  2. シュケットの作りかた Chouquette パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquett…
  3. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée タルト生地の基本|パット・サブレの作りかた Pâte sablé…
  4. ブランデーのフルーツケーキの作りかた ブランデーのドライフルーツ漬けパウンドケーキのレシピ|漬込み期間…
  5. 生チョコレートタルトの作りかた|フランス流タルト・オ・ショコラ 生チョコタルトの作りかた|フランス流タルト・オ・ショコラ Tar…
  6. 栗の渋皮煮のレシピ|秋に作りたい!手間をかけておいしい作りかた
  7. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキの作りかた2パ…
  8. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた Tarte amandi…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールのプロの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  2. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ
  3. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット

作りかた

  1. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  2. ラスクの作りかた*パンが乾燥したら
  3. クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本

お菓子の歴史

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. タルトタタン誕生の物語
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ
  1. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー
  2. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  3. パンデピス博物館
  4. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  5. フランスのバゲット食べ比べ
  6. パリのお菓子屋さん
  7. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  8. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ

Twitter

PAGE TOP