パティスリー

世界一おいしいマドレーヌを見つけた!セバスチャンブイエのおやつの店|Goûter BOUILLET

街歩きが楽しい季節になってきました。ひさびさにクロワ・ルッス地区を散歩してたら、初めてのお菓子屋さんを見つけました。

新しいお店かなと思ったら、セバスチャン・ブイエというリヨンで有名なパティスリーの支店でした。しかも、お店はすぐ隣り。今までぜんぜん知らなかった…。となりのパティスリーにはよく行ってたのに。冬の間はあんまり周りを見てないのかなぁ…と。

クロワ・ルッスのセバスチャン・ブイエ本店のすぐ隣りにあるおやつ専門店 グテ Goûter を紹介します。今回のはむちゃくちゃおすすめです!

前回セバスチャン・ブイエのアントルメはちょっとイマイチだったので、焼き菓子はどうかなぁって思ったんですが思いっきり裏切ってくれました。

参考記事:セバスチャン・ブイエ Sébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリーのひとつ

世界一おいしいマドレーヌを見つけた!セバスチャンブイエのおやつの店|Goûter BOUILLET

おやつ専門店 Goûter BOUILLET

小さなお店でお菓子のディスプレイもすごくかわいくて好みなんですが、それよりもなによりも焼き菓子がおいしいんです。

おやつ専門店 グテ Goûter

グテ Goûter とはフランス語で「おやつ」を意味し、こどものためのおやつ、大人も子供時代に戻れるようなおやつがコンセプト。2年前にできた新しいお店なんだそうです。

マドレーヌやケイクなどの焼き菓子やフルーツや赤いプラリネのタルトが小さな店舗の中にところ狭しと並んでいます。フランスでは珍しくシフォンケーキも置いてあります。

世界一おいしいマドレーヌを見つけた!セバスチャンブイエのおやつの店|Goûter BOUILLET

フラン Flan とシフォンケーキ Cake Chiffon

ケイクは長ーい型で焼いてて、好きなだけ量り売りで買うことができます。「このくらい?」って聞かれるので「もう少し大きく」とかって言えます。昔ながらの方法で今では量り売りをしているところはあまり見ないので珍しいです。

世界一おいしいマドレーヌを見つけた!セバスチャンブイエのおやつの店|Goûter BOUILLET

ケイク Cake

隣りのパティスリーのほうではアントルメケーキが1個5€くらいなのですが、こちらのおやつのお店はお値段もかなり良心的でした。こどもがおこずかいを持って買いにくるのをイメージしたのかも。

世界一おいしいマドレーヌを見つけた!セバスチャンブイエのおやつの店|Goûter BOUILLET

タルト類

世界一おいしいマドレーヌ?

マドレーヌやケイクといった焼き菓子類はフランスでもブーランジュリーやパティスリーで見かけるんですが、自分の好みの味の焼き菓子ってなかなか見つからないんです。

世界一おいしいマドレーヌを見つけた!セバスチャンブイエのおやつの店|Goûter BOUILLET

マドレーヌ Madeleine

わたしはマドレーヌやケイクのような素朴な焼き菓子がいちばん好きなので、自分でも作ってて、お店で見つからないから、好みの味で作れる手作りが一番おいしいって思っています。

でも、ここのお店のマドレーヌはむちゃくちゃ好みの味で、すごくおいしかった〜〜〜!!!

わたし史上、世界でいちばんおいしいマドレーヌはここのマドレーヌ!!!

理想のマドレーヌは、外側がしっかりと焼かれてて、中がふわふわの軽いマドレーヌなのですが、まさにそれ。持ってみるとすごく軽く、表面がしっかりと焼けてて油がしみ出してくることもありません。

ほかのブーランジュリーのマドレーヌは外側がしっかり焼き目が付いていなかったり、油分がしみ出してべとべとになったりとしてるのでイマイチだったんです。

マドレーヌってただ混ぜるだけの超単純な作り方なんですが、混ぜ方だったり材料の温度、オーブンの温度等といった細かい部分を気をつけてないと、おいしくできないんですよね。油分がしみ出してくるのは生地が分離してるから。簡単だとはいえ手を抜くとこうなります。

グテ Goûter のマドレーヌは超完璧で、かなりおいしかった!一緒に食べた彼もすごくおいしいって言ってたので間違いなし(食いしん坊だから)。

マドレーヌ1個で1€もしなかったんじゃないかな。値段が出てなかったし、レシートくれないから分からなかったですが、1個0,8€くらい。セバスチャン・ブイエの価格とは思えない(笑)

ここのマドレーヌはリピート決定!!!また近いうちにクロワ・ルッスの丘まで登っていこうと思う。

ちなみに、フルーツコンフィのケイクも外側がしっかりと焼けてておいしかったよ。(けど、これはわたしの勝ちかな…)

参考記事:ブランデーのドライフルーツ漬けパウンドケーキのレシピ|漬込み期間でおいしさ比較中

店舗情報

Goûter Sébastien Bouillet グテ・セバスチャン・ブイエ

15 Place de la Croix-Rousse, 69004 Lyon

おすすめ関連記事



 

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  2. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス リヨンでボンボンショコラ|パティスリーDélice des se…
  3. パリで一番かわいいお菓子屋さん*Chezbogato シェボガト パリのかわいすぎるお菓子屋さんには絶対行くべき!|シェボガト C…
  4. ベルナションのチョコレート工場を見学 ベルナションのチョコレート工場を見学してきた
  5. フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケ…
  6. フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice des sens フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice de…
  7. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス 酔っぱらいのお菓子ババオラムを食べてみたよ|リヨンのパティスリー…
  8. ポールボキューズ市場にあるパン屋さん*Le Boulanger de l'île Barbe イルバルブにある有名なパン屋さん ジョクトー|L’î…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. フランス・アルザス地方のクグロフ
  3. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子

作りかた

  1. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  3. とろけるガトーショコラの作りかた gâteau au chocolat

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. タルトタタン誕生の物語
  3. マドレーヌの名前の由来
リヨンの伝統菓子クッション
  1. トロペジェンヌ
  2. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  3. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  4. フランス LU ビスケット
  5. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた
  6. フランスのバゲット食べ比べ
  7. フランスでぜんざいの作りかた
  8. フランスLUのビスケット

Twitter

PAGE TOP