作りかた

パンデピスの作りかた|日本人の口に合うようにスパイス控えめなレシピで

パンデピスのレシピ pain d'epice

パンデピス Pain d’épicesとはフランス語で「スパイスのパン」という焼き菓子です。フランスではこのスパイスの利いたお菓子がとても人気です。クリスマス時期に多く出回るお菓子です。

わたしはフランスのスパイスの利いた、食べると脳天に突き抜けそうな刺激のあるパンデピスは正直苦手です。たぶん経験上スパイスの利きすぎたものって食べ慣れてないので抵抗があるんだと思います。なので、わたしでも食べれるパンデピスを作ってみました。

これは以前フランス菓子教室でパンデピスを教えた時のレシピです。スパイスのお菓子にあまりなじみのない日本人の口に合うような分量で作っています。何度も試してできたルセットなのでおすすめです。

パンデピスの材料

18cm×7cm パウンド型1台分

たまご1個
三温糖40g
はちみつ50g
牛乳80ml
薄力粉90g
重曹4g
オレンジコンフィ70g
シナモン小さじ1
ジンジャー小さじ1/4
ナツメグ小さじ1/5
クローブ小さじ1/5
アニス小さじ1/5
  • 重曹の代わりにベーキングパウダーを使う場合は、8g加えてください。
  • スパイスの量はだいたいで大丈夫です。グラムだと1g以下になるので小さじで表記しています。

スパイスの中でもなじみのあるシナモンが多めのレシピにしました。

パンデピスのスパイスはパンデピス用に配合されたものも販売されています。スパイスを全部そろえるのが面倒な方はこちらをどうぞ。

デルスール フランス産パンデピスミックス

重曹(じゅうそう)とは?

重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、生地を膨らます作用があります。

重曹の特徴は
  • 小麦粉を使った生地を黄色に色付けること
  • 独特の苦みがあること
  • 生地を寝かせたあとでも膨らむこと
重曹を使用するとき
  • 濃い色のお菓子を作る時や焼き上がりの色を濃くしたいとき
  • はちみつやチョコレートなどの食材を使用している生地に使うと相性がいい
  • 焼成時間が短い生地(蒸しパン)
  • まんじゅうやどら焼きなどの和菓子に使う
ベーキングパウダーとの違い

ベーキングパウダーは炭酸水素ナトリウムに重曹のデメリットを改良する助剤というものを加えています。

  • 生地の色は濃くならず、苦みありません
  • 生地にベーキングパウダーを加えて、すぐに熱を加えないと膨らみにくくなります

今回は、生地を濃くしたいことと、はちみつを加えているため重曹を使っています。ベーキングパウダーを使う場合は重曹の2倍程度の8gを加えてください。

パンデピスを作るために使う道具

今回はボウルに材料を加えて混ぜるだけなので,さほど神経質に道具をそろえなくても大丈夫です。

  • 粉ふるい
  • ボール(21cm以上)
  • 泡だて器
  • ゴムベラ
  • パウンドケーキ型
  • 型紙

*パンデピスは油分のかなり少ない生地のため、型にバターや油を塗っただけでは型から生地が外れにくいため、型紙を使うことをおすすめします。

パンデピスを作る前の準備

薄力粉、重層(またはベーキングパウダー)、スパイス全部を合わせ、ふるう

パンデピスのレシピ pain d'epice

  • オレンジコンフィは細かく刻む
  • パウンドケーキ型の内側に型紙を敷いておく
  • オーブンを160℃に温めはじめる

作りかた

作りかたはカンタン!ボールに材料を順番に入れ、混ぜていくだけです。

  1. ボールに卵と砂糖を入れ、混ぜる。

パンデピスのレシピ pain d'epice

2. 牛乳とはちみつを加え、さらに混ぜ合わせる。

パンデピスのレシピ pain d'epice

3. 準備しておいた粉類(小麦粉・重曹・スパイス)とオレンジコンフィを加え、混ぜ合わせる。

パンデピスのレシピ pain d'epice

4. 型に流し、オーブンに入れ160℃で50~60分焼く。

パンデピスのレシピ pain d'epice

5. 焼きあがったら、型から出し粗熱を取る。

パンデピスのレシピ pain d'epice

パンデピスのレシピ pain d'epice

できあがりです♪

スパイスが苦手だから〜って極限までスパイスを減らすと、こんな感じのうっすいパンデピスができあがります。それはそれでおいしいんだけど、やっぱり焦げ茶色でないとパンデピスって感じがしないものです。

パンデピスのレシピ pain d'epice

ぜひお試しください!

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée タルト生地の基本|パット・サブレの作りかた Pâte sablé…
  2. ホットケーキの作りかた|甘さ控えめ・焼き色しっかり・弾力あるけど…
  3. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト メレンゲがのったレモンタルトのレシピ
  4. シナモンのクリスマスサブレの作りかた クリスマスのシナモンサブレの作りかた|フランス大使館のレシピをア…
  5. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges フランス菓子の基本|ババロアの作りかた La crème bav…
  6. クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基…
  7. ラスクの作りかた*パンが乾燥したら パンが乾燥したときに、手作りラスクの作りかた
  8. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Pari…

コメント

    • まりんこ
    • 2016年 10月 15日

    もっちりしっとり系で好みの味でした!
    ベーキングパウダーの量が記載無いです。

    • まりんこさん、コメントありがとうございます。
      好みの味で良かったです。

      今回のパンデピスは、ベーキングパウダーの代わりに重曹を使っています。
      理由を記事に追記していますので、ご覧いただければと思います。kico

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  2. プラリネってなに? Praline
  3. トロペジェンヌ

作りかた

  1. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges
  2. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  3. シナモンのクリスマスサブレの作りかた

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  1. リヨンの中心にあるMOFのいるパン屋さん|Boulangerie Pozzoli
  2. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  3. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  4. プレゼントに最適!くまの型抜きクッキーの作りかた*Recette de Sablé
  5. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  6. トロペジェンヌ
  7. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  8. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  9. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

Twitter

PAGE TOP