作りかた

甘くないタルト生地|パット・ブリゼの作りかた Pâte brisée

甘くないタルト生地|パット・ブリゼの作りかた Pâte brisée

パット・ブリゼ Pâte brisée とはタルト生地のひとつで、甘味がなく、食感はさくさくとしていて、しっかりとした生地で固いのが特徴です。タルトの中身が液体のものやキッシュなどの甘くないタルトに使われます。フォンセ生地 Pâte foncée とも呼ばれます。

フランスのパティスリーの基本であるタルト生地であるパット・ブリゼの作りかたを紹介します。本場フランスの作りかたと材料で説明していきます。

道具

タルト生地の基本パット・サブレを作るのに必要な道具|la pâte sablée

  • スケッパー Coupe – pâte / コルヌ Corne

真ん中の白いものがスケッパー(コルヌ)といいます。生地を切るように混ぜる際に使います。

材料

パット・ブリゼ pate-brisee の材料

*直径22cmのタルト型1台分

薄力粉 200g 200g de farine T55
砂糖 5g 5g de sucre
3g 3g de sel
バター 100g 100g de beurre
75g 75g d’eau

作りかた

  • 作製時間:11分

0. 材料の重さをすべて量り、準備しておきます。バターは1cm程度の大きさに切っておきます。

1. 作業台の上で、すべての粉類(薄力粉・砂糖・塩)を混ぜ合わせます。下記の写真のように、くぼみを作ります。

タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

2. バターを加えます。

タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

3. すべての材料を混ぜていきます。手の指で、バターを粉にザラザラとこするように合わせていきます。

タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

この作業のことをフランス語で Sabler(サブレ)といいます。Sable とは「砂」を意味しているので、砂のようにざらざらに混ぜることを Sabler といいます。

このSabler という作業を行うことで、焼いたあとの生地がカリカリとしてざらざらとしたサブレのような食感となります。

粉の白い部分がなくなり、ある程度まとまるまで混ぜます。混ぜすぎると弾力がありすぎる生地になってしまうので、細かくすべての材料がザラザラになる前に作業をやめます。

4. 同じ作業台の上に、③で合わせた生地でくぼみを作ります。

甘くないタルト生地|パット・ブリゼの作りかた Pâte brisée

その中に水を入れます。スケッパーを使い、水と粉類を合わせていきます。水がこぼれないように少しずつ粉と合わせます。

甘くないタルト生地|パット・ブリゼの作りかた Pâte brisée

練らないように、スケッパーを使って切るように混ぜ合わせます。

甘くないタルト生地|パット・ブリゼの作りかた Pâte brisée

5. スケッパーを使って、生地を集めてひとかたまりにします。まだ粉っぽさが残っている状態です。

甘くないタルト生地|パット・ブリゼの作りかた Pâte brisée

手のひらを使って、生地を台の上をこすらせます。この作業のことを Fraiser (フレゼ)といい、生地がなめらかで材料が均一になるようにする働きがあります。

タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

フレゼ Fraiser する前の生地に比べると、なめらかになっているのが分かります。

甘くないタルト生地|パット・ブリゼの作りかた Pâte brisée

6. ラップに包み、冷蔵庫で15分〜30分ほど冷やしたら、できあがりです。生地を伸ばして、タルトを作っていきます。

タルトの基本

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche…
  2. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 タルト生地は3種類の「特徴」と「使いわけ」かた
  3. 生チョコレートタルトの作りかた|フランス流タルト・オ・ショコラ 生チョコタルトの作りかた|フランス流タルト・オ・ショコラ Tar…
  4. クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基…
  5. りんごタルトのレシピ recette tarte aux pommes りんごタルトのレシピ|手軽に作れるフランス家庭のおやつの定番
  6. パンデピスのレシピ pain d'epice パンデピスの作りかた|日本人の口に合うようにスパイス控えめなレシ…
  7. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた 冷蔵庫に残ったりんごとトマトでパウンドケーキを作ってみる
  8. チョコレートスコーンの作りかた 絶品スコーン|カカオ70%チョコレートと手作りオレンジコンフィ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールのプロの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  2. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  3. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子

作りかた

  1. タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée
  2. パンデピスのレシピ pain d'epice
  3. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges

お菓子の歴史

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. マドレーヌの名前の由来
1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  1. チョコレートスコーンの作りかた
  2. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  3. パリのお菓子屋さん
  4. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  5. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  6. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  7. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  8. フランスでぜんざいの作りかた
  9. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い

Twitter

PAGE TOP