フランス生活

フランス人が驚く日本の3つの習慣の違い|慣れないビズの挨拶…

フランス人が驚く日本の3つの習慣の違い|慣れないビズの挨拶…

わたしの彼は日本語は全く話せません。それどころか、わたしと付き合う前まで日本のことを全く知りませんでした。マンガも読まないし、知っていたのは経済くらいです。

フランスのニュースで日本のことを報道することは大きな出来事がない限りないので、日本に興味を持っていない人にとっては日本は遠くてあまり知らない国になるのです。

でも、周りにいる日本人女性のフランス人の彼氏はほとんどが日本のことに詳しかったり、日本に滞在したことあったり、日本語が話せたりしているようです。なんともうらやましい話です。

付き合った当初は、フランス人の彼は日本のことをよく知らなかったのでいろいろ質問されました。フランスと日本とでは文化や習慣の違いがあるのは当たり前ですが、そのなかでも驚かれた日本の習慣を紹介します。

ビズの習慣がない

フランスでは挨拶のときに、ほっぺたに軽くビズ biseというキスをする習慣があります。お互いのほっぺたを合わせて、「チュ」って音を出してビズをするのを2〜3回繰り返します。

家族といる時は家族全員と朝起きてから、夜寝るときにビズをして、友だちとも会ったときと別れるときに必ずビズをしています。とにかく人と人との距離が近く、相手の身体に触れてスキンシップをしています。

わたしがフランスに住むようになって、困ったというか戸惑いがあるのがこのビズという習慣です。今でこそ少し慣れたのかもしれませんが、やっぱり誰かと会ったらビズをするっていうのを自分からできません。

子どもの頃から親や周りの子どもたちともビズで挨拶することで育ったフランス人は、当然ビズをすることが当たり前になります。

フランス人の中には、外国人と知り合うきっかけが少なかったり、外国に滞在したことなかったりすると、他の国でビズが当たり前でないことを知る機会がない人もいます。

なので、仲良くなったフランス人から「日本でもビズってあるんでしょ?フランスのビズと同じ?2回?」って、ふつうに聞かれます。

日本では、ビズで挨拶することはないし、相手の体に触れる挨拶もないって答えるとものすごく驚かれます。

 

ビズをすることは相手と仲良くなった証拠で、日本のように体にも触れずにどうやって仲良くなったかが分かるのかが不思議なんだそうです。

朝食にスープを飲む

フランス人の朝ごはんはとてもシンプル。パンにジャムを塗ったものとコーヒーかココアか紅茶といった飲み物、子どもは牛乳やシリアルといった甘いものが主流です。朝から火を使った料理は一切しません。

それに比べると日本の朝ごはんは豪華で、ごはんやパン、みそ汁やスープ、たまご料理や焼き魚、ウインナーやハム、サラダにフルーツ、ヨーグルト。これら全部食べることはないけれども、理想的な朝ごはんはバランスよく栄養を取ることって言われています。朝、たくさん食べたほうが健康にいいとも。

フランス人にとって、朝から肉やたまごを使った料理やスープを食べることは全く信じられないんだそうです。なので、日本の朝ごはんを聞かれて答えるとたいてい「朝からスープが食べれるなんて信じられない」って返ってきます。

 

通ってた学校のフランス語の先生は、奥さんが日本人なので正月に日本に行った際に、朝からお雑煮が出てきたけど、全く食べれなかったんだそうです。朝ににおいを嗅ぐだけでも胃がムカムカするんだそうです。

バカンスがない

バカンスの話も必ず出てきます。フランスは世界一バカンス日数の多い国なので、もはやわざと聞いてくる確信犯なのかもしれません。

当然、バカンスが何日あるのかっていうのを聞いて、やっぱりフランスのほうが多いねって言うことを話題にしたいんでしょうが、日本にバカンスって言うものがないことに逆に驚かされるみたいです。

フランスのバカンス(有給休暇)は法律で決まっている分だけで、年5週間あります。企業によってはもっとある会社もあるみたいで、わたしの彼の場合は、年8週間!!!

バカンス(有給休暇)はもちろん土日祝日は含まれていないので、相当な日数を休んでいることになります。

日本にはバカンスっていう制度はありませんが、有給休暇があります。

わたしが働いていた会社は、働いた最初の年が11日くらいでそれから毎年1日ずつ増えるってい制度でした。でも、上限日数があったり、消化できない有給は消滅したりするし、わたしがいた会社は有給取りやすかったとは言うものの、やっぱりまとめて取るのは気が引けるので、年末とかGWにくっつけて取るくらいが精一杯でした。

フランス人に言わせれば、週末土日祝の休日や土日に有給くっつけて何日か休んだりするのはバカンスじゃないんだそうです。1週間以上続けて休むのがバカンスなんだそう。

バカンスのために働いているフランス人にとって、バカンスもなく働いている日本人は奇妙なんだそうです。

まとめ

その国では当たり前だと思ってたことが、国が変わると全く常識が違ってくるんだなぁと感じます。

日本とフランスは距離も遠いし、文化は真逆に感じることがよくあります。フランス人にとっては、日本人はたくさん働くために朝からごちそうを食べて、人との距離が遠い国っていう印象でしょうか。

小さいころから自分の生まれた国でしてきた習慣ってなかなか変えれないんですよね。わたしはビズの習慣にいまだに慣れません。

おすすめ関連記事



 

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスの長期滞在に持っていくもの フランスに長期滞在するときに持っていくと便利そうなもの*滞在準備…
  2. 2017年フランス大統領選挙の仕組み フランス大統領選挙の仕組みを簡単に説明するよ!
  3. フランスに長期滞在する前に日本でやってたら生活がより楽しくなること フランスに長期滞在する前に日本でやってたら生活がより楽しくなるこ…
  4. フランスのカップル模様5パターン|結婚、事実婚、何もない… 日本とはまったく違うフランスの恋愛模様5パターン|結婚、事実婚、…
  5. フランスのビール・モナコ Monaco フランス夏のビール モナコ*Monaco
  6. フランスでピラティスを習う フランスでピラティスレッスンやってみたらこんなだった
  7. 夏のバカンス中のフランスの街はどうなっているのか?@リヨン 夏のバカンス中のフランスの街はどうなっているのか?@リヨン
  8. 南フランスのヌーディストビーチに行ってみた件 清楚系?女子が南フランスのヌーディストビーチに行ってみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  2. フランス LU ビスケット
  3. ミルカ|一番おいしいスーパーで買える濃厚ミルクチョコレート

作りかた

  1. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  2. りんごタルトのレシピ recette tarte aux pommes
  3. ベーキングパウダー不使用!ふわふわになるキャトルカールの作りかた

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. マドレーヌの名前の由来
リヨンのチョコレート ベルナション bernachon
  1. トロペジェンヌ
  2. フランスでぜんざいの作りかた
  3. いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!
  4. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy
  5. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  6. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  7. トロペジェンヌの包装

Twitter

PAGE TOP