コラム

フランス・ナンシーのお菓子をめぐる旅

1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅

フランスの北東に位置するロレーヌ地方にあるナンシー Nancy という町に旅してきました。

お菓子の大好きなレクチンスキーという王様が、故郷のポーランドから時代の流れに逆らえず、ロレーヌ地方を治めることになりました。豪華な宴会や祝宴を行うことが大好きな王様で、いろんな料理やお菓子を生み出したといわれています。

ナンシーの町の中心にあるスタニスラス広場にスタニスラス王の銅像が鎮座しています。

1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅

スタニスラス王

街の中心には金ぴかで豪華なスタニスラス公園や宮殿があり、昔の豪華さの残っています。また、少し街の中心から離れるとアールヌーボーの建築や美術館を見ることができます。

1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅

スタニスラス広場

ナンシーのお菓子を紹介していきます!

ババ・オ・ラム Baba au rhum

コルクの様な形をした型で焼いたブリオッシュをラム酒がたっぷりなシロップにつけ込んだお菓子。クリーム・シャンティ(生クリーム)を添えてあります。

1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅

Baba au rhum ババ・オ・ラム

レクチンスキーが生み出したお菓子のひとつで、ロレーヌ地方で産まれましたが、今ではフランス全土のパティスリーやレストランのデザートで見ることができます。

1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅

Baba au rhum ババ・オ・ラム

フランスに住む前はお酒が強くって苦手だったんですが、今では好きなお菓子のひとつです。

メランゲ Meringue

今ではフランスのパティスリーやブーランジュリーで見かけるメランゲですが、実はナンシー生まれのお菓子なんです。このお菓子もレクチンスキー王によって生み出されました。

1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅

meringue メラング

ナンシーのマカロン Les soeurs macarons

ナンシーで最も有名なお菓子は,レ・スール・マカロン Les soeurs macarons と呼ばれるナンシーのマカロンです。

参考記事:紙にくっついている!?ナンシー生まれのマカロン

昔のレシピで作っているのはスタニスラス広場近くの本店で作られたマカロンです。

ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy

Les soeurs macarons レ・スール・マカロン

 

ベルガモットのボンボン Bergamotes de Nancy

1857年に作られたボンボン(bonbon キャンディのこと)でベルガモットというフルーツを使った飴です。これもナンシー名物でお土産屋さんなどでは必ず見かけます。

1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅

Bergamotes de Nancy ベルガモット・ド・ナンシー

材料は、ベルガモットの皮から抽出したエキスにカラメル状にした砂糖を加えただけのシンプルなもの。ベルガモットは14世紀から16世紀に南イタリアから持ってきたレモンの木とオレンジとの配合でできた果物。ベルガモットもスタニスラス王がイタリアから取り寄せたのがはじまりなんだそうです。

1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅

Bergamotes de Nancy ベルガモット・ド・ナンシー

Les soeurs macarons のお店でも作っていて、ベルガモットはプロバンスの生産者から直接送ってくるものを使って、職人が手作りで作っているんだそうです。

 

ナンシーのお菓子

ナンシーをスタニスラス王が統治したおかげで、おいしいお菓子がナンシーでうまれました。ほかにも同じロレーヌ地方のコメルシーで彼のおかげでマドレーヌが誕生したり。ババ・オ・ラムやメラング、マドレーヌはこの土地で生まれてフランス全土に広まりました。

特に、ナンシーのマカロンはナンシーでしか味わえないので、たまに食べたくなります。お菓子を求めて旅するって楽しいです!

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスの2017年マルディ・グラはいつ?|クレープを食べる日
  2. パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…? フランスのパン屋ポール PAUL|日本のと違いは…?
  3. フランスのパティシエ国家資格とは フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能!
  4. ストラスブールのクグロフ フランス・アルザス地方のお菓子をめぐる3泊4日の旅
  5. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille フランス人によるミルフィーユの美しい食べ方かた
  6. フランスのバゲット食べ比べ バゲット食べ比べとおいしいバゲットの見分けかた
  7. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ? 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  8. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた フランスのパティスリーのお菓子の包装4パターン|かわいい?雑?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  2. パリ・ベルティヨンのアイス
  3. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン

作りかた

  1. りんごタルトのレシピ recette tarte aux pommes
  2. 甘くないタルト生地|パット・ブリゼの作りかた Pâte brisée
  3. フォンダン・オ・ショコラのレシピ

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. リヨンの伝統菓子クッション
4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  1. ストラスブールのクグロフ
  2. フランスのガレット・デ・ロワ
  3. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  4. フランス LU ビスケット
  5. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた
  6. いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!
  7. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  8. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  9. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne

Twitter

PAGE TOP