フランス菓子

タルト・トロペジェンヌ|サントロペの女の子という南仏の伝統菓子

トロペジェンヌ

今回は、南フランスで生まれて全国に広まったタルト・トロペジェンヌ Tarte Tropézienne というお菓子です。タルト・トロペジェンヌはどういうお菓子なのか、名前の由来、おいしい食べかた、おすすめのお店を紹介します。

タルト・トロペジェンヌとは?

タルト・トロペジェンヌ|サントロペの女の子という南仏の伝統菓子

ブリオッシュを横半分に切って、その中に泡立てた生クリームやカスタードクリームをはさんだシンプルなお菓子です。クリームだけでなく、いちごやフランボワーズなどの生フルーツをはさんだものもあります。

生地

  • ブリオッシュ生地 la pâte à brioche

クリーム

  • 泡立てた生クリーム la crème Chantilly
  • カスタードクリーム la crème pâtissière

トロペジェンヌの名前の由来

トロペジェンヌの名前の由来

このタルトは、南フランスのSaint Tropé サン・トロペ というリゾート地で生まれ、ある女優によって名付けられ広まっていきました。

1950年頃、アレクサンドル・ミカというポーランド人のパン職人がサン・トロペでパン屋を開店しました。彼は小さい頃、母親が作ってくれた大好きなタルトを作り、看板メニューとしていました。それが後のタルト・トロペジェンヌです。

5年後、1955年、サン・トロペのラマチュエル Ratatuelle の海岸で映画の撮影が始まりました。まだ無名な頃のブリジット・バルドー Briditte Bardot が主役の映画でした。

映画のタイトルは ” Et Dieu… créa la femme ” 、邦題では「素直な悪女」でした。

映画のあらすじは、

南仏サン・トロペーズの町の孤児ジュリエット(ブリジット・バルドー)は、子供のないモラン夫婦に引取られた。まだ十八歳という若さでいて、彼女のあふれるばかりの魅力には、さまざまな男たちが集って来た…

Brigitte_Bardot

28歳の頃のブリジット・バルドー [wikipedia]

 彼女は、差し入れのあったこのタルトを食べ、とてもおいしくって気に入ったので、

「このお菓子の名前はタルト・サントロペがいいんじゃない?」と提案しました。

これがきっかけで、このタルトの名前を「サントロペの女の子」という意味のトロペジェンヌ Tropezienne と名付けました。また、この映画をきっかけにブリジット・バルドーも有名になっていき、それに伴うようにタルト・トロペジェンヌも全国的に広まっていきました。

フランス人のトロペジェンヌの食べかた

トロペジェンヌ

サントロペ近くに住んでいるフランス人の方より教えてもらったタルト・トロペジェンヌの食べ方があります。

このタルト・トロペジェンヌにラム酒をたっぷりかけるというものです。

ブリオッシュ生地は少しぱさついていますので、ラム酒をかけてしっとりとさせて食べます。ラム酒はアルコール度数は高いですが、甘いお菓子と相性のいいリキュールです。

フランスではそのラム酒をどぼどぼとたっぷりかけて、ブリオッシュ生地にたっぷり吸わせています。少しぱさついているブリオッシュ生地がしっとりとなるし、ラム酒とクリームの相性もよく、タルト・トロペジェンヌがさらにおいしくなります。

ブリオッシュ生地にラム酒をかけるというのは、ババ・オ・ラム Baba au Rhum と同じですね。なので、相性はもともと合います。

タルト・トロペジェンヌを食べる際には、南フランス流にラム酒をかけて食べてみてはいかがでしょうか。

今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne

どこで買える?

主に、ブーランジュリー Boulangerie(パン屋)でみつけることができます。ブリオッシュというパン生地だし、素朴なお菓子ですので有名なパティスリーではあまり見れないかもしれません。

タルト・トロペジェンヌのおいしい店

フランスにあるタルト・トロペジェンヌのあるお店を紹介します。

ア・ラ・マルキーズ À LA MARQUISE

高さ10cmもあるボリュームたっぷりの存在感のタルト・トロペジェンヌのあるパティスリーです。詳しくは、「一度は食べたい!大きすぎるなタルト・トロッペジェンヌ」で紹介しています。

  • 住所:37, RUE ST JEAN 69005 LYON

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子 シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  2. パリ・ベルティヨンのアイス ローストパイナップルと生バジルのアイス
  3. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy ナンシー生まれのマカロン|フランスの地方菓子を見つけた!
  4. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  5. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne きょうのおやつ*マドモアゼル・トロッペジェンヌ Mademois…
  6. フランスLUのビスケット フランスのバターサブレ LU sablé beurré nan…
  7. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ フランスでパン*pain cibatta パン・チャバタ
  8. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy スーパーで買える本場コメルシーのレシピで作ったマドレーヌ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールのプロの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  2. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  3. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy

作りかた

  1. 朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  2. マンゴーヴェリーヌのレシピ Verrine à la mangue
  3. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. マドレーヌの名前の由来
ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ
  3. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  4. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  5. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  6. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  7. ガレットデロワ galette des rois
  8. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  9. リヨンのアイス ショコラオランジュ

Twitter

PAGE TOP