レシピ

意外に簡単にできた!フランス家庭料理ブッフブルギニョンの作りかた

フランスの家庭料理ブッフブルギニョンの作りかた

ようやく先週、語学学校の試験が終わりました。マジで疲れ果ててしまったよ。だって、全然できてないから…。もうフランス語さえキライになりそうな勢いです。

まぁ、そんなグチはさておき、試験期間中もしっかりごはんを作っていたわたしはエラいと思いたい。

今回は試験中でも意外に簡単に作れてしまう料理、ブッフブルギニョンの作りかたを紹介します。わたしの得意なただ煮込むだけ系な料理です。

ブッフブルギニョン(Boeuf  bourguignon)とは、直訳するとフランスの「ブルゴーニュ地方の肉」ですが、ブルゴーニュ地方はワインの名産地でその赤ワインで牛肉を煮込んだ料理のことです。

名前は難しそうですが、牛肉と野菜を赤ワインに漬けて放置、その後煮込むという分かりやすい作りかたです。今回のは一緒に煮込む野菜を捨てましたが、普通の家庭では一緒に食べるんだそうです。そりゃそうですよね、もったいない。

一緒に煮込む野菜を捨てると上品でお客さんを招待できる料理になり、野菜を一緒に食べる時は家庭のごはんって感じです。

ブッフブルギニョンの材料

4人分です。

牛肉(肩ロース)bœuf pour bourguignon1kg
赤ワインvin rouge1本
玉ねぎoignons1個
にんじんcarottes2本
セロリcéleri1本分
にんにくail2かけ
トマトペースト(濃縮トマトソース)sauce tomate concentré大さじ2
バターbeurre10g
小麦粉farine大さじ2
塩・胡椒sel et poivre少々
ブーケガルニbouquet garni1セット
マッシュルームchampignons100g
  • ブーケガルニは市販の乾燥ハーブでも代用できます。bouquet garni と書かれたハーブ瓶が売っています。
  • フランスにはブッフブルギニョン用の牛肉が売られています。bœuf pour bourguignon と表示されているので分かりやすいです。

ブッフブルギニョンの付け合わせ

今回のレシピでは一緒に煮込む野菜を取り除いていますが、ブッフブルギニョンはフランスの家庭料理なので、家庭では野菜はそのまま煮込んで食べることが多いようです。野菜を食べる場合は付け合わせは必要ないかもしれませんが、肉とソースだけで食べる場合に合う付け合わせは太麺のパスタ(Tagliatelle)が多いようです。

食べるタイミングで、パスタをゆでて準備しておきましょう。

ブッフブルギニョンの作りかた

  1. 玉ねぎ、にんじん、セロリは乱切りにする。にんにくは半分に切る。野菜は食べないので適当な大きさに切って大丈夫です。

フランスの家庭料理ブッフブルギニョンの作りかた

2. ボウルに赤ワインと①の野菜、ブーケガルニを入れ、ラップをして冷蔵庫に一晩〜1日置く。

フランスの家庭料理ブッフブルギニョンの作りかた

3. 肉の水分を取り、小麦粉をまぶす。煮込み用鍋にバターを入れ熱し、牛肉の表面に焼き色を付ける。火は中火。

フランスの家庭料理ブッフブルギニョンの作りかた

4. 牛肉を取り出し、玉ねぎ、にんじん、セロリを中火で炒める。トマトペーストを加え、さらに炒め、焼き色を付ける。

5. 赤ワインを注ぎ、ブーケガルニと牛肉を加え、弱火で2時間ほど煮込む。

6. 牛肉を取り出し、ソースを漉す。野菜類とブーケガルニを取り除く。

7. ソースと牛肉を鍋に戻し、マッシュルームを丸ごと加え、煮込む。味を見て、塩・胡椒で味を整える。

8. とろみがついたら、できあがり。

フランスの家庭料理ブッフブルギニョンの作りかた

ブーケガルニだけを取り除き、野菜をそのまま煮込んで召し上がっても大丈夫です。今回のはちょっとよそ行きなブッフブルギニョンにしてみました。

時間はかかりますが、ただ煮込むだけなので、意外に簡単にできあがります。

ぜひ試してみてください。

こちらもおすすめ♥ 関連記事

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスで鶏がらからスープを取ってみた!なんでも作るよ|作りかたを紹介 ローストチキンを食べたあとは鶏がらからスープを取るのだ!|作りか…
  2. アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスで作る夜ごはん アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスの家庭料理
  3. フランス男の手料理、骨付きチキンのハーブ焼きの作りかた 骨付き鶏もも肉のオーブン焼きの作りかた|フランス男の手抜き料理だ…
  4. ズッキーニのグラタンのレシピ recette gratin de courgettes ほくほくズッキーニのグラタンのレシピ*Recette Grati…
  5. 手抜き料理!トマトだけでも美味しくできるパスタのレシピ 手抜き料理!トマトだけでも美味しくできるパスタのレシピ
  6. サーモンとほうれん草のキッシュのレシピ recette quiche スモークサーモンとほうれん草のキッシュの作りかた|フランス家庭料…
  7. トマトファルシのレシピ recette tomates farcies トマトファルシのレシピ*Tomates farcies【フランス…
  8. キッシュがべちゃっとならない簡単な焼きかた キッシュが生焼けしない焼きかたのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  2. きょうのおやつ ショコラノワールのアイス glace au chocolat noir
  3. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子

作りかた

  1. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou
  2. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  3. オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー
  1. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  2. リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain des Jacobins
  3. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子
  4. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  5. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  6. フランス LU ビスケット
  7. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  8. フランス LU ビスケット
  9. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

Twitter

PAGE TOP