フランス菓子

ブーランジュリー2月のお菓子ビューニュを試してみたよ|リヨン郷土菓子

リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子

2月に入り、リヨンのお菓子屋さんやパン屋さんにビューニュ Bugne が並び始めました。ビューニュはリヨンの郷土菓子です。店先のディスプレイに買ってねと言わんばかりにどんっと置かれているので、買ってしまいます。

もうすでにいくつかのビューニュを試したので、今回はその中でもおすすめビューニュを紹介します。

以前、ブログに書いたリヨン市内の中心にあるブーランジュリーのビューニュです。ブーランジュリーはパン屋さんのフランス語です。

その前にビューニュってなんじゃらほい?っていう方のために説明を簡単にします。

ビューニュとはどんなお菓子?

ビューニュ Bugne とは2~3月にあるマルディ・グラというキリスト教の行事の時期に食べるフランスのリヨン地方の郷土菓子です。マルディ・グラの当日だけでなく、今では2月から3月くらいまで、パティスリーやブーランジュリーの店頭に並んでいるお菓子です。

ビューニュのとても詳しい説明は「マルディ・グラに食べるフランス・リヨンの地方菓子」をみてね。

ビューニュには、

  • 薄く伸ばしたパリパリタイプ(Craquantes クラッカント)
  • 膨らませてふわふわタイプ(Moelleuses モエルーズ)

の2種類があります。

パリパリタイプは小麦粉や卵などで作った生地を薄く伸ばし、長方形に切って、油で揚げて、熱いうちに粉砂糖をたっぷりとかけたもので、ふわふわタイプはドーナツみたいな揚げ菓子です。

どちらもお菓子屋さんに隣同士に並べられています。

パン屋さんのビューニュを試してみた

どこのブーランジュリー?

リヨンの中心にあるパン屋さんで Boulangerie Pozzeli ブーランジュリー・ポゾリ といって、M.O.F(国家最優秀職人賞)を持っているシェフがいらっしゃいます。

こちらの記事「リヨンの中心にあるMOFのいるパン屋さん|Boulangerie Pozzoli」で詳しく紹介しています。みてね。

パリパリタイプのビューニュ

ビューニュの包装はフタのない箱に入れて、紙で包装してくれるだけです。

リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子

耐油仕様の紙だったので、脂が漏れることはなかったです

今回は、薄いタイプのビューニュ(Craquantes)を食べてみました。リヨンでビューニュといえば薄いほうを指すことが多いんだそうです。

リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子

大きいもので長さが10cmくらい

長方形で表面にはたっぷりと粉砂糖がかかっています。厚さは1ミリくらいで一般的な厚さで、食感はサクサクとしています。アルコール分はないのですが、ラム酒の風味がします。

リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子

厚さは1ミリ程度

値段は 4,60€/100g で、100gで大小あわせて10枚ほど入っています。ビューニュはちょっとお値段高めの設定です。100gで2人分くらいです。

Boulangerie Pozzeli のビューニュのまとめ

  • 形:長方形
  • 大きさ:長さ10cm程度
  • 厚さ:1ミリ
  • フレーバー:ラム酒
  • 値段:4,60€/100g(100gで10枚ほど)

2月にリヨンのブーランジュリーで見かけたら試してみてください。

厚みもちょうどいいし、シンプルな味ですが、ほのかにラム酒の風味がアクセントになっていて食べやすいです。

わたしは好きです。

おすすめ関連記事♥

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. トロペジェンヌ タルト・トロペジェンヌ|サントロペの女の子という南仏の伝統菓子
  2. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子 オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ…
  3. リヨンのアイス ショコラオランジュ きょうのおやつ*ショコラオランジュのアイス chocolat a…
  4. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ フランスでパン*pain cibatta パン・チャバタ
  5. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子 ノルマンディ地方のおいしいものがつまったタルト|タルト・ノルマン…
  6. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum 初めてだけど懐かしい味!餅みたいなアラブ菓子ルクムをフランスで見…
  7. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子 LUチョコレートビスケット|フランスのスーパーにあるお菓子 プチ…
  8. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン 繭のお菓子 Cocon de Lyon

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  2. きょうのおやつ*ムースリーヌ
  3. リヨンの伝統菓子クッション

作りかた

  1. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée
  2. パンデピスのレシピ pain d'epice
  3. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
フランスのガレット・デ・ロワ
  1. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy
  2. フランス LU ビスケット
  3. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  4. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  5. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  6. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅
  7. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い
  8. 赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus

Twitter

PAGE TOP