作りかた

ブランデーのドライフルーツ漬けパウンドケーキのレシピ|漬込み期間でおいしさ比較中

ブランデーのフルーツケーキの作りかた

昨年のクリスマス頃にドライフルーツのブランデー漬けを使ってパウンドケーキを作ってみました。フランス語ではケイク・オ・フリュイ Cake aux fruits といいます。

今回はブランデーで漬けてみたのですが、どのくらいの期間ブランデーに漬込んだら、パウンドケーキのおいしさがどう変わっていくのかを試してみました。

ドライフルーツのブランデーパウンドケーキの作りかたとともに紹介します。

ドライフルーツのパウンドケーキの作りかた

まずは、ドライフルーツのパウンドケーキを作りかたを紹介します。

材料

ケイクドロワ型(18cm)・パウンドケーキ型(16cm)1台分

ドライフルーツのブランデー漬け100g
ドライフルーツを漬けたブランデー小さじ4杯
小麦粉120g
ベーキングパウダー小さじ1/2杯
砂糖(カソナード)90g
バター120g
2個
140g
砂糖60g
ドライフルーツを漬けたブランデー大さじ3杯
  • 砂糖はカソナード(赤砂糖)を使用しています。

道具

  • ボウル
  • 泡立て器
  • ゴムベラ
  • パウンドケーキ型

わたしがつかっているパウンドケーキ型はマトファー社のケークドロワ型です。

ケイクドロワ型とは?:パウンドケーキおすすめの型マトファー社ケイクドロワ|実力よりおいしく焼けるよ!

Matferケーキドロワ16cm

準備

  • 卵は作る3時間ほど前に冷蔵庫から出しておく。
  • バターは作る1時間ほど前に出しておく。
  • 小麦粉とベーキングパウダーは一緒にふるっておく。
  • 型にバターを塗り、粉を振って、冷蔵庫に入れておく。
  • オーブンを170度に温め始める。

作りかた

1.ブランデー漬けのフルーツを瓶から出し、大きめのフルーツは好きな大きさ(1cm程度)に切る。

ブランデーのフルーツケーキの作りかた

イチジクのヘタの切りかた

イチジクは上の部分のヘタを切り除きます。ヘタの部分は固いため食べにくいです。

パウンドケーキを作っていきます。

*パウンドケーキの作りかたの詳細は「パウンドケーキのレシピ|しっとりきめ細かい生地になる作りかた」をご覧ください。詳しく写真付きで書いています。

2.バターをボウルに入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。

3.砂糖を3回に分けて加え、その都度泡立て器で混ぜる。

4.溶いた卵を10回程度に分け少しずつ加え、その都度泡立て器で混ぜる。卵が分離しないように少しずつ加え、生地と卵が合わさるまで混ぜる。

5.粉類を一気に加え、ゴムベラで切るように合わせる。粉っぽさがなくなって、生地に艶が出るまで混ぜる。

6.ドライフルーツとブランデーを加え、ゴムベラで生地を切るように混ぜる。

最初は生地とフルーツとブランデーが合わさりませんが、混ぜると合わさります。

ブランデーのフルーツケーキの作りかた

つやが出てくるまで混ぜます。

ブランデーのフルーツケーキの作りかた

7.型に生地を入れ平らにならす。170度のオーブンに入れ、40分程度焼く。

ブランデーのフルーツケーキの作りかた

マトファー社のケイクドロワ型18cmで焼いています

*参考記事:マトファー社ケイクドロワ型|パウンドケーキが実力よりおいしく焼くのに一番おすすめな型

8.生地にナイフを刺し、なにも付いてこなければ焼き上がりです。

9. 水(140g)と砂糖(60g)を小鍋にいれ火にかけます。砂糖が溶けるまで熱します。シロップができます。

シロップにフルーツに漬けていたブランデー(大さじ3)加えます。ブランデーは加えなくても、好きなだけいれてかまいません。

熱いうちにブランデー液のシロップを塗ります。ラップをして乾燥しないように保存します。

ブランデーのフルーツケーキの作りかた

できあがりです♪

できあがった直後もおいしいですが、翌日以降はさらにおいしくなります。

どのくらいの期間漬込んだらおいしいか比較中

ドライフルーツをどのくらいの期間ブランデーに漬けたら、おいしさがどう変わるのかを実験しているところです。ただいま、1ヶ月目です。

ドライフルーツの漬込み期間については「ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬け期間はいつ?実験中」で試しています。

1ヶ月目

  • 香り:ブランデーの香りが強く残っています。
  • ドライフルーツ:少し固めで、ブランデーの漬込みが浅いです。
  • アルコール:全体的にブランデーの味が残っていて、アルコールの味も強くします。お酒が弱い人なら酔っぱらってしまうくらい強いです。

ブランデーのドライフルーツ漬けパウンドケーキのレシピ(1ヶ月目)

保存するときにはラップにくるんで、ビニール袋等にいれ空気に触れないようにするとしっとりさが続きます。

10ヶ月目

10ヶ月間ブランデーに漬けていたフルーツ漬けで作ったケイク・オ・フリュイです。

  • 香り:ブランデーの香りが残っています
  • ドライフルーツ:しっかりブランデーが染み込んでいます
  • アルコール:アルコール分は残っていますが、さほど強くなく、ドライフルーツの砂糖を合わさり、まろやかになっています。

ブランデーのドライフルーツ漬けパウンドケーキのレシピ(10ヶ月目)

漬込み期間はどのくらいがベストか?

見た目はどちらも同じ感じで、違いはあまり分かりません。

焼きたて〜1日目まではブランデーのアルコールが残っていますが、丸2日目になるとアルコールが抜けて生地にブランデーの風味がうつってしっとりとしてます。1ヶ月目はフルーツケーキというよりかはブランデーケーキを食べている感じです。ブランデーが強く、お酒好きにおすすめしたい食べごろです。

一方、10ヶ月も漬けているとフルーツにブランデーの風味がうつっていて、まろやかになっています。

焼いてすぐを食べるのであれば10ヶ月目、翌日かそれ以降まで待てるのであれば1ヶ月目がおすすめです。

個人的には、ブランデーの香りとアルコール分が強く残っている1ヶ月目が好みです。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. シナモンのクリスマスサブレの作りかた クリスマスのシナモンサブレの作りかた|フランス大使館のレシピをア…
  2. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée タルト生地の基本|パット・サブレの作りかた Pâte sablé…
  3. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou タルト生地の中身による焼き分けかた3種類
  4. オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた
  5. フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit …
  6. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  7. 栗の渋皮煮のレシピ|秋に作りたい!手間をかけておいしい作りかた
  8. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールのプロの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  2. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子
  3. トロペジェンヌの包装

作りかた

  1. シュケットの作りかた Chouquette
  2. タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée
  3. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. タルトタタン誕生の物語
揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  1. トロペジェンヌ
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子
  4. ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest
  5. リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain des Jacobins
  6. プレゼントに最適!くまの型抜きクッキーの作りかた*Recette de Sablé
  7. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  8. さわやかオレンジのパウンドケーキのレシピ*Cake à l’orange fraîche
  9. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

Twitter

PAGE TOP