レシピ

骨付き鶏もも肉のオーブン焼きの作りかた|フランス男の手抜き料理だから超簡単

フランス男の手料理、骨付きチキンのハーブ焼きの作りかた

今まで手抜き料理(ばかり…)を紹介してきましたが、今回の料理が一番の手抜き料理です。

フランス人の彼が一人暮らしのときに、よく作っていた料理です。これを料理というのもおこがましいくらいに簡単ですが、簡単ですができあがりは豪華ですごくおいしいです。鶏の皮がぱりっと焼けてて、中はとてもジューシー。鶏肉が焼ける香りもとても食欲をそそります。

時間はあるけど、今日は料理したくないわ〜っていう日に作りましょう。

では、作っていきましょう。

材料

2人分です。

鶏もも肉(骨付き)Cuisses de poulet4本
オリーブオイルHuile d'olive大さじ3
にんにくail2かけ
塩・胡椒sel et poivre少々
ハーブ(生・乾燥)Herbe de Provence少々

フランスのスーパーには乾燥ハーブの瓶詰めがたくさん並んでいます。好みのハーブでしたら何でもOKです。herbe de Provence(エルブ・ド・プロヴァンス)と書かれたものだとプロヴァンス風のハーブ類がミックスされているので、常備しておくとなにかと便利です。

じゃがいもやにんじんやトマトなどの野菜があれば、鶏肉と一緒に焼くと副菜が同時にできます。

骨付きチキンのハーブ焼きの作りかた

下準備5分、オーブンに入れたまま放置でできあがります。

準備

  • 鶏肉は料理を始める1時間ほど前に冷蔵庫から出しておく。
  • 15分前にはオーブンを予熱し始める。

作りかた

  1. 鶏肉の表面に塩・胡椒で味付けする。
  2. 鶏肉にオリーブオイルをかけ、手で少しもんでおく。
  3. ハーブを振りかける。
  4. オーブン皿に鶏肉を皮面を上にして並べ、にんにくは皮付きのまま入れ、オリーブオイルを回しかける。
  5. 190度のオーブンに入れ、50分〜60分程度焼く。
  6. 時々、鶏から出てくる油を鶏肉にかけ、裏表をひっくり返します。

皮がぱりっとなり、肉汁が透明になったら完全に焼けています。鶏もも肉程度の大きさだったら、60分程度オーブンで焼けばちゃんと火が通っています。

付け合わせに、じゃがいもやトマトを一緒にオーブン皿の中に入れて焼くと、付け合わせも一緒にできてしまいます。最強な手抜き料理ですね。

フランス男の手料理、骨付きチキンのハーブ焼きの作りかた

鶏もも肉は買っておいて、冷凍庫に保存しておき、料理作りたくないわ〜っていうときに作っています。

でも、すごくおいしいんですよ。手抜き料理したいときに、ぜひお試しください。

トリ3段活用!レシピ

鶏一羽を使って、3品を作りました。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスのビール・モナコ Monaco フランス夏のビール モナコ*Monaco
  2. フランス家庭料理付け合せの定番、にんじんグラッセの作りかた フランス家庭料理付け合せの定番、にんじんグラッセの作りかた
  3. 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう
  4. フランス家庭料理、じゃがいものガーリックソテーの作りかた じゃがいものガーリックソテーの作りかた|フランス家庭料理
  5. ズッキーニのグラタンのレシピ recette gratin de courgettes ほくほくズッキーニのグラタンのレシピ*Recette Grati…
  6. フランスの家庭料理の定番!ゆで卵とほうれん草のクリームソースのレシピ ゆで卵とほうれん草のクリームソースのレシピ|フランスの家庭料理の…
  7. パラパラなチャーハンが簡単に作れるコツ2つ
  8. フランスで寿司を作る フランス人が好む、すし酢の配合と作りかた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. きょうのおやつ*ムースリーヌ
  3. トロペジェンヌ

作りかた

  1. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ
  2. フランスでぜんざいの作りかた
  3. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. タルトタタン誕生の物語
爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  1. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  2. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy
  3. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子
  4. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  5. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  6. ストラスブールのクグロフ
  7. さわやかオレンジのパウンドケーキのレシピ*Cake à l’orange fraîche
  8. プレゼントに最適!くまの型抜きクッキーの作りかた*Recette de Sablé
  9. ガレットデロワ galette des rois

Twitter

PAGE TOP