フランス生活

フランスに長期滞在する前に日本でやってたら生活がより楽しくなること

フランスに長期滞在する前に日本でやってたら生活がより楽しくなること

わたしのように学生でもなく、働くことが目的でない滞在の場合、

日本であらかじめやっておいたほうがいいなぁっていうことをまとめました。

 

フランス語をなるべく勉強してたほうがいい、とか

お金をなるべく貯めたほうがいいっていう

長期滞在にマストな当たり前のことはここでは書きません。

ちょっと上級というか、別にできなくってもなにも困らないけど、やってたら生活が楽しくなるんじゃないかなって思っています。

お金を生み出すシステムを作っておく

わたしはフランスに着いてすぐに働くわけではないです。なので、お金を生み出すことができません。貯金で生活しています。

貯金だと減るばっかりで買物が楽しくない!

でも、現地で働けない。ビザの関係で。

 

海外に住む場合は、お金はあるにこしたことない。

 

じゃぁ、お金を作るシステムを作りましょう♪ っと。

 

わたしは以前ネットショップを運営していたので、その経験を元にわたしのノウハウを販売しています。形のある物ではないので、配送したり在庫の心配がないので海外に住んでいてもやりやすいです。

ネットで販売ができるし、メールのやり取りは簡単だし、ペイパルはあるし、ネット銀行はあるし、海外にいても十分に仕事はできることはできます。

 

サラリーマンのように毎月安定した収入にはなりませんが、お小遣いや日本への飛行機代にはなっているし、好きなものをがまんせずある程度買えるので助かってます。生活が少しだけより楽しくなりました。

 

あと、このブログも課金化されているみたいですが、その辺はあまり気にしてみてないのでどのくらいあるのかイマイチ把握してないです。これも同様にお小遣い程度にはなっていると思います。

 

どちらも、運営するのにあまり時間をかけなくていいって言うのがポイントです。最初に構築するのには少し時間がかかりますけどね。

現地で働けないっていっても、やることはたくさんあるし、一日中パソコンの前にいるのもイヤですし。せっかく外国にいるんだったら外に出たいんです、わたし。

 

ハードルが少し高めかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。フランス滞在が楽しくなりますよ〜!

ダンスができるようしておく

フランスに住んでたらダンスをする機会がとっても多いんです。

 

わたしの経験でも、

広場で無料でみんなで踊っているダンスパーティがあってたり、

夏のフェットではみんなで踊ってたり、

大晦日の夜はダンスパーティに出るのが恒例のイベントだったり、

仕事の後のフェットで音楽かけて踊ったり、

クリスマスパーティにダンスはマストだったり、

ほんっとにダンスをする機会が多いんですよね。

 

なので、フェットに誘われたら、高い確率でダンスがついてきます。

 

強制じゃないので、踊りたくなければ踊らなくってもぜんぜん大丈夫なんですけど、誰もなにも言わないんですけど…、

 

やっぱり踊ると楽しいです。

 

ダンス体験談:ダンスを思いっきりやってみたら楽しかった話

 

フランスのダンスは、社交ダンス、ジャズ、サルサなどなどで、基本的なステップがあるんだそうです。小学生・中学生の頃、ダンスは体育で習ったけど、盆踊り的なものと創作ダンスだったので、そのステップとは違うんですよね。

 

見よう見まねで踊れる人はチャレンジしてみてもいいですし、

踊れない〜恥ずかしい〜っていう内気な日本人はあらかじめ日本で習ってきたらいいと思います。ステップが分かったら踊るのも恥ずかしくなくなります。

 

わたしは前者だったので、ノリで踊れたんですけど、どうせならちゃんと基本的なステップだけでもこっそり習いたいなぁって思ってます。

 

以上、フランスに長期滞在する前に日本でやってたら生活がより楽しくなること、でした。

 

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランス人が驚く日本の3つの習慣の違い|慣れないビズの挨拶… フランス人が驚く日本の3つの習慣の違い|慣れないビズの挨拶…
  2. フランス大統領選挙2017|第1回目投票までの各候補者の動向をまとめてみました。 フランス大統領選挙2017|第1回目投票までの各候補者の動向をま…
  3. 夏のバカンス中のフランスの街はどうなっているのか?@リヨン 夏のバカンス中のフランスの街はどうなっているのか?@リヨン
  4. 憧れる?過酷なフランスの伝統的な結婚式 フランスの結婚式|憧れる?教会から披露宴までの長い1日
  5. 日本からフランスへAmazonで本を注文してみた|たったの3日で到着!! 日本からフランスへAmazonで本を注文してみた|たったの3日で…
  6. 滞在許可書の手続きがおわったよ〜 @リヨン・OFII 移民局 フランス滞在許可書の手続きのしかた |リヨン・OFII 移民局
  7. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  8. ココだけの話。フランスに住むなら脱毛をしといたほうがいい2つの理由 ココだけの話。フランスに住むなら脱毛をしといたほうがいい2つの理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  2. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  3. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  4. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  5. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  6. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  7. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  8. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  9. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  10. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】

フランス菓子

  1. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  2. フランス LU ビスケット
  3. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー

作りかた

  1. フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. シュー生地の作りかた Pâte à choux

お菓子の歴史

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice des sens
  1. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ
  2. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  3. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  4. リヨンの中心にあるMOFのいるパン屋さん|Boulangerie Pozzoli
  5. フランス・アルザス地方のクグロフ
  6. フランスでぜんざいの作りかた
  7. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  8. パンデピス博物館
  9. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
PAGE TOP